2018年6月 5日 (火)

Dr. Jeff に質問したかったこと

私は現在、シェルターに関わる活動も里親探しに関わる活動もしてないので、ジェフ先生の講演会を聴く価値がある人間なのか疑問におもっていた。聴いても実感が湧かないのではとおもっていた。

しかし聴いていて、「自分がおもっていることと同じだ。でも、日本でそんなこと言うと白い目で見られるんだよな~」と思い、同時に「でも、聴きに来ている人の多くは、ジェフ先生と同様の考え・感じ方なんだろうな。だから来ているんだろうな」と想像して聴いていた。
しかし前の書き込みで書いたように、必ずしもそうではない人がかなりの数いらしたようでした。

だからこそ質問したいことがあったのですが(質問時間は結構ありましたが)先生の考えを受け入れがたいと、私には聞こえる質問が相次ぎ、時間切れになってしまったことが残念でした。

 

改めて論点を書いておきます。

6月2日の話は私には以下のように聞こえました。
ノーキルを目指してしまうと、安楽死の必要があると多くの人言う状態の犬や猫を抱え込むことになり、活動が効率的に行えなくなることがある。その結果、シェルター内が不適切な状態になったり、運営姿勢に問題が出てきたりする。なので、総合的にみて安楽死を選択肢の一つに入れるべきである。選択するかどうかは、団体の状況により判断は変わってくるだろうとのことです。
また獣医師である彼は、個々の動物としっかりと向き合う(一頭一頭をしっかりケアする)ことが基本であり、重要であるとも語っていました。著しい苦痛を抱え回復の可能性もほぼない場合は安楽死を検討すべきだ、とのことです。

そのような姿勢で運営されているシェルターは、活動が安定して長続きし、シェルター内の環境も良いケースが多い。
この考えは、長年、世界中のシェルターを見てまわったり、運営に関わってきた結果。より多くの動物たちを救うには、このような考えを持つことが大切。

だいたいこんなことが主旨だったとおもいます。

それに対して、何人かの方が自分の体験談をしっかりと説明し、そして次のような質問をしていました。
どんなに(経済的、時間的など総合的に)コストがかかっても、目の前の命を救うことに常に前向きになるべきではないのか。

 

(私がしたかった質問)

動物愛護の歴史を振り返ると、まず「目の前の動物に対する気持ち」から始まり、しかしそのような活動は社会全体には受け入れられず、経済的な価値をはじめ社会全体の利益に繋がる、つまり社会貢献でもある活動だと明示することで、幅広い理解、そして支援を得られるようになったきたことをご存知の方も多いとおもいます。

今回の講演会、そしてジャパン・ツアー全体は、そのことの再確認と、気持ちから社会貢献への変革を起こす手法の具体的な提案だと、聴いていておもいました。

 

質問したいことは2つ。

1つめ。気持ちで続けている活動について。
そのような活動は、社会貢献としての活動へと必ずシフトするのが「理想」なのでしょうか。それとも、気持ちの活動と社会貢献の活動、両方が常に存在する社会も、先生のお考えの中では、一つの理想なのでしょうか。

2つめは、具体的は手法についてです。
先生の活動は、身近な動物をレスキューすることは、社会貢献になる活動であることを幅広い人たちに理解していただく必要があることを広め、その実践を手助けすることだと、お話を聞き理解しましたが、気持ちだけの活動ではなく社会貢献活動であると、考えを改めていただかなくてはなりませんが、その具体的な手法について教えてください。

今日のお話の中で一般的には「一つは教育。そして助成金など行政からの補助やアピール。もう一つは寄付などによる活動を通しての啓発」と理解しましたが、日本にいらして山崎さんとお話を重ねているとおもいますので、この日本に有効的だと思われる手法を教えてください。

 

こんなことを聞きたかったです。
私は、身近な動物との共生を願っている人間ですが、動物たちと関わりのない人・興味のない人たちからは、「それは個人的な趣味の話ですよね?」と言われてしまうことがあります。その人には全く関係のないことですから、社会全体としてのテーマにはなり得ないと考えています。そのような人は少なからずいます。
しかし、少子高齢化、地域社会の衰退が進む日本においては、ペット、コンパニオン・アニマルは地域社会の一員にもなり得るし、心から家族と感じている人たちが増えています。今、「私には関係ない」と言い切った人が年を重ねたとき、身近な動物を心の支えるすることもあります。そのような人に会ったこともあります。
このように感じ、経験している人間として、身近な動物たちが粗末に扱われない社会へと進むヒントになると考え、是非お聞きしたかったです。

最後に山崎さんがお話された「日本にもジェフ先生のプロジェクトとしてのシェルター、病院」が出来ることで(その実際を目の当たりにすることで)、考えを変える人が広がってゆくのかな、とも思いました。

そんなこを含めて、是非お聴きしたかったです。

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

Dr. Jeff ジャパン・ツアー 2018 講演会(6月2日)

最近、お約束になっている断り書き。
この書き込みは、誰かに働きかけようという目的はなく備忘録。自分が何を聴き、どう感じたのかを書いておくものです。

ここ数年、「自主的にあちこちに顔を出すことを慎む」ようにしている。自主的には行かず「お誘いを受けたら行く」。今回もお誘いいただいたので行くことにしましたが、「私のような者が行ってもいいものか」と迷ったものでした。

理由は、事前の情報では「殺処分ゼロ」やTNR(外を自由に出歩く(日本に於いては)猫の避妊去勢活動)についての高度な話におもえたので、私のレベルでは付いていけないだろうなと思ったから。

 

内容について。

 

冒頭にロビーに展示されたアート作品の説明がありました。
ロビーで鉛筆で作られた犬を見たときは「こりゃ、凄い!」と思ったのですが、鉄兜で作られた亀には首を捻りました。何故戦争の道具で?、と。そして(なんの動物だったか忘れたけど)鉛筆の金属のキャップで作られたものもありました。金額も結構な金額で「何がいいたのかな?」と思ったものでしたが、それらの説明がありました。
暴力反対の活動をしているアーチストでありプロジェクトだそうで、鉛筆のキャップと思ったものは薬莢でした。
ちなみに鉄兜の亀は100万円だったとおもいます。今回の収益の多くがジェフ先生の活動に寄付されるそうです。

 

そして(ジェフ先生ではなく)フィリピンで活動されている女性の先生からお話(活動報告)。
狂犬病もあり、経済的にも苦しい人たちが少なくない国での活動はなかなか大変そうに見えました。お話の途中、活動でのご苦労を思い出し、涙ぐむ場面もありました。しかし、協力者の輪が少しずつ広がり、今では安定して活動が出来ているようにも見えた。理解していただき、協力者の輪を広げる。そのことにより、さらに活動が理解されるようになる。
当たり前のことかもしれませんが、なかなか出来ることではありません。活動の継続、理解者を増やす。基本中の基本だとおもいますが、ここが疎かになっているのではと感じる団体が、この日本には少なからずあるように思えました。
未だ(本格的に活動になってからかもしれませんが)二年目ということにも驚きました。

 

こちらの先生のお話は(全体からすると)手短に終わり、その後のほとんどの時間は、ジェフ先生がお話されました。
今回のテーマになっていることは、「殺処分ゼロを守ろうとすると活動が立ち行かなくなることもあるし、犬や猫の生活の質を考えた場合、安楽死という選択肢を持っていた方が良い」というような内容。

そのようなことは、幾らでも見聞きしている。しかしジェフ先生が話すと、今までの誰の話よりも説得力を感じる。
何故なら世界中の幾つもの国や地域のシェルターを見たり、施策を確認したりしてきているので、欧米以外の地域の話も聴けたし、活動期間も長いので「昔のアメリカでは」など時間軸での違いも聴くことができた。
そして話が論理的。数字が色々出てくる。数字に関しても「相関しているからと云って直接的な関連があるとは限らない」と慎重に理解する態度を貫き、多くの事象を視てきた結果の内容なので、とても納得できる話ばかりだった。

このことをこんな例で説明をしていた。
「アイスクリームが売れると犯罪が増える」という報告があるそうですが、それは、気温が高くなるとアイスクリームもよく売れるし、イライラする人が増えて犯罪も増える。アイスクリームを売らなければ犯罪が減るということはない。

とても大事な心構えだと常々感じています。物事を視るときに、より掘り下げて何がどう関連しているのか、何をどう定義すれば判断できるようになるのか、など論理的な理解をしないと、自分も理解出来ないし、理解を広めることも出来ないだろう。

質疑応答は、私個人としては、残念に感じた。
内容が(適当な表現が見つからないので幼稚な表現になってしまいますが)「シェルターなどで殺処分も視野に入れるべきとおっしゃいますが、感情的に出来ることならしたくない。しない方がいいのではないか」と聞こえるものが複数ありました。
私は「それについてこの講演でず~っと説明してきたじゃない?」と思ったし、答える先生も(またまた幼稚な表現で申し訳ないが)「繰り返しなりますが」と付けて何度も同じ内容を説明していました。ただし、この先生の凄いところは、別の事例や数字で説明する。次から次へと話が出てくる。

質疑応答の最後に、「今回日本で幾つかの場所で施設、現場を見させてもらった。日本の猫たち(外で自由に活動をする猫を含む)の状態は良いと感じた。日本のこれからは期待できるとおもう」との感想を述べていた。

印象に残ったこととして、神奈川県の建てかえたばかりの施設(今回、先生は視察した)についての質問に答える形で「総工費と行っている活動を比べて、もっと効率的(より多くの動物たちのためになり、その理解を広げる結果に繋がる)お金のかけ方があるのではないか」というようことを述べていました。
先生は、自分のクリニックも持っていますが、世界に幾つものクリニックを建て、運営し、安定したら次へ、という形の活動をしています。このような活動をするときに、お金の話は重要です。彼がお金を用意し、運営を始め、そして投資した資金を回収し、回収した資金で次の施設を建てることをしているそうです。
先もにも書きましたが世界中のシェルターも見学しています。今回の講演会で説明してくださった(シェルターの)例でもお金がどうなっているのかについて、しっかり説明していました。
そんな先生から見て、前述のように見える施設だったということです。折角の施設ですから、より効率的に運営されることを祈っています。

 

最後に「これは素晴らしい情報だ!」とおもったことがありました。

この講演会は、アニマルレスキューシステム基金の主催です。こちらの団体は(私が知る限り)避妊去勢手術が広まることを願い、神戸や福島で活動してきました。その他にも不幸な犬や猫たちの対策をしているようです。
しかし広く理解されないのか、活動が足踏み状態に感じているところでした。そして今回のツアー。「先生にツアーしていただくだけで、次のステップに進めるのだろうか?」と疑問をもっていた。

しかし最後に素敵な情報がありました。
オリンピックが終わった 2011年を目処に、ジェフ先生の活動の一つとして日本にシェルターを作るという。そこではもちろん避妊去勢手術も行う。それは継続可能な、かつ効率的なシェルターの実例になることでしょう。
何故、2011年かというと、現在他のプロジェクトが動いているとのことで(またまた幼稚な言葉になりますが)順番待ちの状態だそうです。

神奈川県のセンターがもっと効率を上げる余地があるだろう、と先生が感じたところで、日本にはそれを理解し、現実的なプランを提供できる人がいないのだろう。もし提案したとしても、「そんなの絵空事だ!」と言われてしまうことでしょう。また、避妊去勢手術を日常的に行う獣医師の必要性も述べていました。施設を作っても、日常的に数多くの手術をする獣医師が必要です。その育成の実際についても、2011年の施設が大きな力になることとおもいます。

 

動物の保護及び管理に関する法律は、昭和48年に出来ました。成立に漕ぎ着けるまでには多くの活動家、議員の方々の尽力がありました。奇しくも、前の東京オリンピックの開催の年(昭和39年)の前後にも法律を作ろう!という機運がありました。
次の法改正は、オリンピックの前年 2009年になりそうです。そしてオリンピックの次の年にはジェフ先生の施設が日本で動き出すことになれば、幅広い立場の人たちが身近な動物に対して今まで以上に配慮できる社会になる機会になることと信じています。

| | コメント (0)

2018年4月 6日 (金)

(映画の感想文)僕のワンダフル・ライフ

映画と言ってもレンタルDVD。公式サイトはこちら

公式サイトに流れる予告でも分かるように、何度も生まれ変わった末に忘れられない飼い主に会いにゆく。そんな感じのストーリー。

アメリカの映画。舞台もアメリカ。
虐待や安楽死に対する考え、警察犬の在り方など、日本との違いが分かる。人と犬との関係も。日本はまだまだ「人と犬と違う」との感覚が強いと個人的に感じている。

また、日本人の多くの人の無意識の中には、哀れみや慈悲・施してあげる対象として犬を見ているのではと思うことがある。
欧米では、対等にみようとするし、そのような存在であることを(日本よりも多くの人が)否定しない。

私は「飼う」という言葉が好きになれない。
今の作家の何人かが、「昔、野良犬に食べ物をあげて名前をつけたら、飼っていることになった」と書いているが、飼うということは「食べ物を司る」つまり、与えてあげる、施す、という感覚なんだろうと理解している。こちらからは与えるだけ。犬からはそれ以上のものなんて絶対に得られるはずがない、と(感覚的に)感じているのだろうな、と。
結果として、犬から贈られるものを受け取ることを拒否することになる。なので得られない。そして、「なんでこの犬は言うことを聞かないんだろう」と言う。「言うことを聞かないはあなたでしょ?」、と私は心の中で呟く。

何か特定の対象を見て心がときめくか否か。それは知識とか訓練の問題ではなく、感覚の違い。犬をどのような存在とおもうか・感じるか、もそれと同じなのだとおもいます。

なので、飼う、すなわち餌をあげるのが飼い主で、それが犬との関係の基本であり、ほとんど、と思っている人を否定しないし、考えを改めてほしいともおもわない。

私が言えることは、そのような人が犬と暮らすことは、時間的・経済的・精神的なコストがかかり、得られるものは非常に(非情に?)限られている。つまり、犬を迎えるメリットはほとんどない。それでも犬を迎えますか?、と言うことは出来るだろう。

 

話が逸れましたが、この映画を見ていて、ミスター・チルドレンの「花の匂い」という歌を思い出した。歌詞はこちら。ライブバージョンですが一曲聴けるのがこちら

きっとまた会いに来てくれる

そう想うことができる、望むことができる自分は、ある意味、幸せ者だとおもいます。

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

避難所運営 ~二つのシンポジュウムを拝聴して~

ここ何年も、セミナーとかシンポジュウムは自分の興味で行かないようにしている。誰かに誘われないと行かない。
自分が興味のあるものばかり行っていた頃、ふと気がつくととても視野が狭くなっていることに気がつくことが何度か。そのような経験から、誘われたら&都合がついたら行く、こんな感じで行くように心がけている。
そんな感じなので、足を運ぶ回数も少ない。最近(書いているのは、2018年3月)この一ヶ月では二つのシンポジウムに行きました。どちらも大規模災害時にペットをどうするか、特に避難所ではどうなるのか、に多くの時間が割かれた内容でした。
先に書きましたが、誘われたから行っただけですが、偶然同じテーマの内容となりました。
 

一つ目は、2月25日に環境省主催の"シンポジウム「人とペットの災害対策」"
https://www.env.go.jp/press/105042.html

行ってみたら、行政や施設運営者向けの内容でした。
施設運営者というのは、区市町村や都道府県の体育館などの運営を委託されている業者。それらと行政、つまり避難所を管理・運営することになるだろう立場の方々。
「自分には関係ないのでは?」と思いながら聴いていると、「知って良かった」と感じたことが多々ありました。

そのような方々が気にすることは、インフラがどれだけ使えるか・避難所となる施設が安全か、など。
そして物資。備蓄はすぐになくなったり不足のものが出るだろうから、支援をしてもらうことを考える。支援を受けること、これを「受援」という。このシンポジウムでは、この言葉がキーワードの一つになっていました。

支援と聞くと、支援物資(モノ)を想像しますが、専門家やノウハウの支援も必要になる。
避難所一般の問題として、小児科の先生がなかなか来てくれない(確保できない)ということがあるそうですが、それに似て、獣医さんがなかなか来てくれないという経験談もありました。

専門家というのかどうか分かりませんが、動物関係のボランティアが駆けつけて「こんなことさせてください!」と申し出てくれるのは嬉しいのですが、過去の経験から、その団体のことを何も知らずに「では、お願いします」とは言うことは出来ない、との話や、避難されている人たちに必要なことであっても、何かしらの危険が発生する可能性があれば、とても慎重に判断しなければならず、そのような団体からも被災者の方たちからも理解されないこともある、とか。
そのようなことを減らすためには、ボランティア団体と、事前(平時)から連携が必要だとの話の中に出てきました。
行政同士も具体的な支援・受援の取り決めが必要だという話もありました。そのためにも災害想定や災害時の情報伝達手段の検討(何を支援してほしいかを挙げてもらう)などが重要だとか。小さなことのように思えますが、避難所に入ってきた人の名簿を統一できているだけでも随分と違うとか。

他のキーワードとして「ファースト・ミッション・ボックス」。セカンド、サードまであるらしい。
以下、どんなものか説明を書きますが、私は実物を見たことないので、誤解があるかもしれませんのでそのつもりで読んでください。同様の理由で詳しいことも書きませんので、ご興味あるかたは、よく調べてみたください。

ファーストは避難所立ち上げまで何をやればいいのかが書いているそうですが、そこに来た人が、どんな人でもあっても、分かるように書いてあるそうです。「そんなこと出来るのか?」と私も思っていますが、実際にそのようなものを見た人から聞いた話だと、図入り、写真入りでとても懇切丁寧に説明されているもののようです。
「ファイル」ではなく「ボックス」なのは、詳細に書かれているが故、嵩張るのかなと勝手に想像しましたが、どうも違うようです。以下のような記事がありました。
https://www.mlab.ne.jp/columns/columns_20180319/

私が今まで聞いた話の中では、この記事のものよりも、もっと詳しく分かり易いものが用意されている避難所もあるようです。

これは動物関係なしの避難所一般の話です。まず調べて考えて作り、それを基に訓練し、誰でもその中にあるものを見れば役割が担えるように、ブラッシュ・アップさせてゆくようです。

避難所にこのようなものがあり、その中に、ペットを連れて来た人の対応もしっかり記載されていることが珍しくない世の中になってほしいなと願うばかりです。

その他、細かい(具体的な)話がいっぱい出てきました。避難している人たちは「なんでやってくれないんだ!」と思うようなことも「そういうとこも考えないとならないのか」と気付かされることが多々ありました。
また、避難所に身を寄せている人たちが落ち着いている、いい人ばかりなら判断もし易いとおもいますが、異常事態でもありますし、怪我している人もいるでしょうし、精神的にも不安定になる人も少なからずいることでしょう。そして知らない人たち集まりであることが多いです。そのような場所ですから、何事にも慎重にならざるを得ないということでした。過去の大災害時に、そのような記事を読んだ記憶があるので、「なるほど」と思ったものでした。

 

もう一つは、3月17日に、行政書士ADR東京センター主催で行われた、 『ペットトラブルシンポジウム』 〜 ペットの同行避難トラブルをADRで解決!〜  です。

こちらは飼い主一般向け。避難所に身を寄せる立場の人向け。

話が前後しますが、環境省主催のシンポジウムが行われた経緯として、以前よりある「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」の見直しがなされ、平成30年2月下旬に「人とペットの災害対策ガイドライン」が発表されることを受けのことでした。ガイドラインが見直されることになった背景は、新しいガイドラインの1ページ目をご覧ください。

こちらのシンポジウムでも、その話が少しありました。大規模災害時でも、「とにかく避難所に行くべき!」など一括りの考えではなく、多くの選択肢と自分のおかれた状況から判断してください、ということでした。

また「同行避難」という言葉についても説明がありました。ネットなどで「同行避難は、避難所に一緒に行くけど、同じスペースで暮らすことが出来ないパターンで、同伴避難は同じスペースで暮らすことが出来るパターン」と書かれていることがあるそうですが、そうではないと定義していました。同行避難は公の文書によく出てくるので、こちらの説明をしっかりしていました。
同行避難とは「ペットと共に移動を 伴う避難行動」(新しいガイドライン5ページ。同伴避難ついても書かれています)であり、その行動のことを指し、避難所でどのような状態になるかを指しているものではない、とのこと。

話の多くは、自分の立場(普通の飼い主)の人間が対象なので、「うんうん、分かっている」という内容が多く、特に書くこともありませんが、環境省のシンポジウムを聴いてから日も経っていなかったので、「受け入れる避難所や物資を提供する人たちも大変なんだよな~。だから平時からちゃんと考えておかないといけないんだよな」と、頷きながら聴いていました。

少々目新しかった内容として、(特に東日本大震災のときのことや、大島や三宅島の全島避難で)ペットを置いてきてしまったため、後から多くの費用や労力を必要とすることになったことが何度か話にでてきました。
同行避難を促進しないと結果として社会として大きなコストがかかる、ということがまだ知られていないんだろうなと思いながら聴いていました。

このシンポジウムの本題的な部分は、ペットの同行避難におけるトラブルをテーマにした「模擬調停」、ですが、川の氾濫によって数日間避難所で暮らさなければならなくなった飼い主同士のトラブルでした。
避難所に身を寄せると聞くと、数ヶ月から数年の避難生活を送るようなものを(私は)想像してしまいますが、数日間のケースもあるんだな、と改めて思ったものでした。
人もペットも不安になっているときです。イライラしたり、いつもと違う行動をしてしまうこともあるでしょう。そんな状況・状態でのトラブル。経験もないし話もあまり聞いたことがなかったので、「こんな感じなのかなぁ」と参考になりました。

ペットのトラブルは「裁判にするほどでもないけど...」の程度のものが多いとおもいますので、ADRとは相性がいいかも。

 

二つのシンポジウムを聴いて思ったこと・感じたこと。

昔は、行き当たりばったりの感じがあった避難所運営も、過去の記録も集まってきて、科学的な方法論が確立されてきたようです。
今までは、「避難所運営なんて何が起こるか分からないものだから大変そう」と思っていましたが、「(実物を見たことないので想像も出来ないけど)誰でも運営できる方法を(危機管理の専門家たちが)考えて、それを実践している(準備をはじめている)避難所があるんだな」ということは分かりました。
「よく分からないから大変そう」から「やり方を勉強すれば、みんな出来るかも」と考えが変わってきました。

二つのシンポジウム双方で課題とされていたことが、動物が苦手・嫌いな人、そうではないけど全く興味がない人などに、避難所におけるペットの扱いや、(避難所に限らず)ペットに関する支援をどのように情報発信してゆくか、が課題とのことです。
そのような方々への情報発信は、災害時のことに限らず、今まで以上に必要になってくるのではと感じているところです。

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

動物虐待事件におもうこと(4.判決)

この連続ものは、3.で終わりの予定だったのですが、今日、世田谷動物フェスティバルというイベントの手伝いをして、ちょっとおもうことがあったので追記します。

私は、愛玩動物飼養管理士という資格を取得してしまったので、その関係で日本愛玩動物協会に所属しています。そこの東京支所の活動として、東京都内で行われる行政や獣医師会の活動のお手伝いをすることもある。
今日は、その一つである(地元の)「世田谷動物フェスティバル」でのお手伝いをしてきた。

お手伝いの内容は、お子さんを中心に犬や猫他身近な動物との暮らし方などをテーマにした簡単なクイズをしていただく。

それはそれで、お子さんとその親御さんが、どのように考えているのかが分かるし、子供がいない私には「今時の子供」と話をする貴重な機会でもある。
例えば、「猫は完全室内外が出来るし、現在推奨されている」ということをご存知ない方が(私が想像していた以上に)いらっしゃる。
ペットの数(推計ですが)はとても増えたと言われていますが、全く関わっていない人も少なくないので、このようなことになるのかな、と思ったりする。

ここで忘れてはならないのは、今時のペットとの付き合い方をご存知ない方が、ペットショップやそれと同等としか思えない自称ブリーダーから、犬や猫を簡単に手に入れることができる現実。

そのような自称ブリーダーから入手し苦労することになった人の話を幾つか聞いています。その中には、私の話を多少は聞いてくれていたにも関わらず、「こんなことになるとは」とため息をつく人もいます。
自分が思い込んできた「犬とは」「猫とは」の考え・感覚を、他人からの言葉で変えることは簡単ではないようです。

動物との暮らしに対する「考え」「感覚」は、生まれたときから少しずつ染みついてくるもので、それを(実体験なしに)変えられないのかもしれない。ほとんどの人は、今の世の中で暮らし易い付き合い方行政がどのような付き合い方を推奨しているか、などは、絶対に自分の「考え」「感覚」の範疇に入っているものだ、と思い込んでいるとしかおもえない人が多いと思わざるを得ない話を見聞きする。残念。

 

以上は、余談(失礼)

動物虐待におもうこと、の前回までで、二つの意見書が出されれば、今後、警察の動きも変わるはずだし、量刑も(現在の量刑に比べれば)重いものになると考えている、と書きました。

何故このようなことを書いたかというと、ネット上で「動物の愛護及び保護に関する法律(以降、動愛法)」で裁判が開かれることは初めてだ!、と書いてあったのを読んだ記憶があったから。しかし、信じ切れなかったので、1~3には、そのようには書いていないとおもう。

やっと、世田谷動物フェスティバルと本題が繋がるのですが、お手伝いの休憩時間に、うろうろしていたら、久しぶりに会った方がいらしたので、世間話をしていた。その中で、「最近、こんなブログ書いたんだけど~」と話して、「なんか動愛法で裁判が行われるのって初めてなんだって?」と聞いたら、「えっ、そんなことないですよ、大田区の虐待、毒餌の事件でも裁判が開かれたはずですよ」と。

 

帰宅して、ネットで調べてみた。結果に驚いた!

まず、大田区の事件の記事はいっぱい出てくる。まず逮捕された時のニュース記事、それに対する個人のブログなど多々出てくる。次に、初公判のニュースとそれに対するブログは少ないながら幾つかの記事が出てきました。

では、判決がどうであったか。

なんと、、、、見つけられませんでした

 

犯人逮捕時に色々と書いていた人たち。当時厳罰を望んで色々と書いていた人たち。皆さん、忘れるようです

自分も(この一連の書込みもそうですが)事件が起きた時など初期段階では興味をもちますが、時間が経ち次の事件が注目され、そしてまた次の事件の報道があれば忘れてしまうこともあるのでしょう。
私もこの事件の判決がいつでるかなんて気にしてないというか、気にしていられないというのが本音。たぶんニュースでみれば、思い出して何かしらこちらに書き込むかも。

不思議におもったこともあった。
この事件に限らず(動愛法の判決は)、どのような判決になったのか見つけられない事件が多い。以前の書込みに書いたように、病気と判断されて公表されないのだろうか。
判決が出たというニュースも見つけられないのです。マスコミとしても報道する価値がないと考えているのだろうか。(皆さんが騒がないのでニーズがないと判断するのも正しいとおもうのですが。)

 

最後は不可解なところに辿り着いてしまいました。

私は、ダークな事柄は苦手なので、虐待事件は深く調べたことがありませんでした。今回ちょっとだけネットで調べてみましたが、判決やそれに対するブログなども見つけられませんでした。それに対し、犯人逮捕時は記事は多々出てきます。

上手く説明できませんが、このままでは動愛法での量刑には期待できないし、世の中から動物愛護の必要性を認められないような気がします。

やはり、二つの意見書が提出されることを祈るばかりです
それくらいのものがないと、人それぞれの身近な動物への「考え」「感覚」を変えることは出来ないのだと思います

 

<< 前へ   次へ >>

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

この人、すごいな(動物愛護活動って、こういうことだとおもう)

先日、ボランティア仲間の集まりがあった。色々な情報が飛び交った。その後も情報交換がちらほらあり、「へ~」と思ったこと幾つか。

 
まず、東京都の災害関係の訓練について。こんなことやっていました(2つ)
平成29年度東京都・青梅市合同風水害対策訓練実施結果
平成29年度東京都・調布市合同総合防災訓練

東京都が行う訓練は、大掛かりで頼もしいし、車やヘリも登場で乗り物好きな人にはたまらないかも。参加者が体験できるものもあり楽しそう。

こんなに色々準備があるなら安心できそうだと思ってしまいますが、実際の大規模災害のイメージが出来ない私は、「これらが上手く機能してくれればいいけど」と心配したりしてしまいました。

 

災害時のことではなく動物愛護のことですが、理想や理屈はよく耳にしますが、実際のところどうなんだろう、と感じることが幾つかあります。

その一つが、動物虐待。
動物虐待は(ビデオで撮ってネットにあげる人間もいますが多くは)密室の中で行われ、明るみに出ないことが多いと思われます。
また、検挙されても不起訴や罰金刑で済まされることがほとんどだそうです。そのような人たちは、再犯することが多いとか。
そんな話は聞きますが、実際のところはどうなんだろうと思っていたら、「こんなブログが書かれています」と教えてもらった。

NPO法人 犬猫みなしご救援隊のブログ、2017年09月23日10:05
タイトル:広島本部:9月23日
http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/archives/50795066.html

長いですが一読していただきたい。

動物虐待をした人間は、再び行いたい衝動に駆られ、再犯のおそれがあり、穏やかな言い方をすれば「見守る」しかない。キツイ言い方すれば「監視」。
今の日本では、それが(制度として)出来ませんが、仲間が協力すれば、そのようなことが出来るものなのだなと感心しました。

虐待の事実が分かったら、まず、虐待されている動物を助けなければなりません。そして、そのようなことをする人たちに、二度と虐待をしないように改めてもらわないとなりませんが、なかなか出来るものではありません。完全に改心してもらうまでは、見守り続けなければならないでしょう。見守りも改心も、とても大変なことだと思います。

動物虐待は心の問題が占める部分も大きいので、このブログのように、長い付き合いをし改心してもらわないと、再犯の可能性は高いと言われています。

最後の方で出てくる写真には、思わず笑ってしまいました。

顔出しすることに対して、虐待をしていた本人は、「ボクは構いません」といいますが、ブログの主は『私はお前に/社会に入ってもらいたいんじゃ/ ここで顔を出して/それを/フイにさすわけにはいかんのじゃ』と。そしてあの写真になる。

 
動物愛護は、人間の心の問題です。
人が穏やかに生きることが出来なければ、虐待が起こるかもしれません。(動物虐待だけでなく、人間に対しても。)

人の日々の生活を考える。それが動物愛護の根本だと考えています。

 

(参考:「罰金を現金で払わず~(中略)~労役をしました。」について)

未決勾留
「労役場留置」とは何ですか?

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

2017 動物感謝デー & 招き猫電車

ここのところ、腰の調子がイマイチ。そんなこともあり、先日、駒沢公園まで散歩に行ってみた。
すると、動物感謝デーののぼりが立っていた。何年か前に、「来年から会場が九州の方になる」と聞いていたし、昨年は北九州市での開催だったと思う。とにかく、今年は駒沢公園で行うようだ。

このイベントのサイトはこちら。当日のタイムスケジュールや会場案内はこちら

会場案内には、企業や団体の名前が並んでお堅い感じですが、ホース・アトラクション・コーナーなどは、お子さんと楽しめそうなプログラムもあるし、デモンストレーション・コーナーは大人でも楽しめるのではないでしょうか。

「駒沢公園に戻ってきたのなら、ちょっと行ってみるか!」と思ったら、世田谷線つまみぐいウォーキング2017 の日でした。世田谷線沿線に住んでいる者として外せないイベントです。

終わって元気が余っていたら、そして腰の調子がよかったら、駒沢公園まで行ってみようとおもいます。

ちなみに、世田谷線ではこんなイベントが行われています。9月25日(月)からなので、私もまだ遭遇していません。2017年10月20日までは、福を招くねこ募集キャンペーン(リンク先ページの下の方見てね)も行われています。

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

平成29年度動物愛護管理功労者表彰について

FaceBook の記事を Twitter から引用しようと思ったのですが、上手くできなかったのでこちらから。ついでに、私がおもうことを書いちゃいます。

上記タイトルは、以下のページのタイトルです。
http://www.env.go.jp/press/104449.html

表彰された人の中、「うんうん、こういう人、表彰しなくちゃ」という人が入っていたので、書こうかと思いました。

29年の受賞者はこちら。(今年のメインテーマは「ペットも守ろう!防災対策」)

 

大規模災害が起こり自宅が危険な状態になった場合、犬や猫を連れて避難所に行っても入れてもらえないだろうと考えて、各自の判断で行動をし、後々問題になることは、阪神淡路大震災のときから知られ、中越地震のときには、エコノミー症候群という言葉が毎日のように流れ、飼い主は命の危険にさらされることも伝えられた。

当時から、国は「犬や猫も避難所に入れるようにしましょうね」と言っていますが、避難所では準備が進まず、避難所に入れないこともあるようです(※報道はあまりされませんが、入れてもらえていた避難所は少なくないようです。但し、人が暮らす場所と犬や猫のスペースは全く別スペースになるのが一般的だそうです。)

入れてもらえるにしても、動物を入れることで避難所運営担当者は仕事が増えます。「入れるな!」と声をあげる人もいるでしょうし。
避難所の雰囲気が、「そこをなんとか!」となればいいのですが、運営されている方々含め、個人的にも混乱していますから、平時なら滞りなく進むことも簡単には進まなくなることも多々あります。犬や猫を入れることは、平時でも滞る事柄でしょうから、話をつけることが難しいことは想像できるとおもいます。

実際の災害時の、そんな避難所で滞る問題を解決し、避難所に犬や猫を入れるお手伝い(というのかな?)をしてきた、アナイスの平井さんという女性がいます。
今では、「犬も猫も一緒に避難」と行政が情報をある程度の力を入れて流しているし、飼い主さん達にもそれが届きつつあります。しかし、先の東日本大震災のときは、まだまだでした。なので、犬や猫を避難所に入れてもらうには、そこに居る人たちに充分な理解を得なければなりません。そんな避難所をまわって、三月の東北の寒空の下、多くの犬や猫を避難所に入れる問題解決をしてきた人です。

実際に大規模災害が起きた避難所は、どこでも混乱はあったそうです。避難所では多くの作業を多くの人がすることになりますので、それらの人たちに納得してもらって動いてもらわねばなりません。
そういう現場を積み重ねてきているかたでしょうか。私のようなぺーぺーの平ボランティアにも声をかけてくれるし、私が未体験の大規模災害現場でのアレコレについて、無知な素朴な疑問にも丁寧に答えてくださいました。一緒に荷物運びをしてこともありました。
(こんな立派な賞をとったら、周囲の人が荷物運びはしてくれるようになるだろうと思うと、それはそれでちょっと寂しい。そんな作業を一緒にやる時でないと無知な質問なんて出来ませんから。)

そんな平井さんが受賞されたことを嬉しくおもいます。

 

今年含め、近年の受賞者(末尾)を調べてみました。
全く知らない方もいらっしゃいますが、私のような普通の飼い主が知っているような、地道な活動をしてきた方々も受賞されています。

犬や猫、その他、ペットのことは、とても個人的なことを含みますので、各飼い主が直接関係するような地道な活動をされている方が受賞することはとても嬉しいです。環境省が、私たちの視線を考えてくれているんだな、と感じます。

 

過去の受賞者(右は動物愛護週間のメイン・テーマ)

28年 譲渡でつなごう! 命のバトン ~新しい飼い主さんを探しています~

27年 飼う前も、飼ってからも考えよう

26年 宣誓!無責任飼い主0(ゼロ)宣言!!

25年 捨てず、増やさず、飼うなら一生

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

どうぶつ愛護フェスティバル2017(上野恩賜公園)

昨日、タイトルのイベントに行ってきた。愛玩動物協会東京支所が出しているテントでちょっとだけお手伝いをしてきた。

日本中で、同じような名称のイベントがありますが、これは、法律で「動物愛護週間」が定められているから。この週間は、9月20日から26日と決められた(固定された)日にちになっているのも面白い。
国民の休日が、秋分・春分を除いて日にちが決まっていた時代に、「国民の休日くらい定着させよう!」と考えてのことなのかも。今となっては9月の何週目とした方が定着し易いと思ったりしています。

今年の(国をあげての)動物愛護週間のテーマは「ペットも一緒に防災訓練」。
1995年の阪神淡路大震災の以降、国は災害時のペットのことを真剣に考え始めました。しかしなかなか皆さんが注目してくれません。動いてくれません。どうしようと思っていたら、中越地震が起こってしまい、ペットのために車で避難生活を送る人が多々いらして、エコノミー症候群でお亡くなりになる方もいらっしゃいました。
これは大変だ!、とまた力を入れるも今一つ。その後も大きな災害がありましたが、そして、2011年、東日本が起きてしまい、今までなかった原発災害という悲劇が起こってしまいました。
国は、2004年の時点でしっかりと同行避難を打ち出しています。同行避難というのは、ペット一緒に避難所まで同行し、避難所内では(基本的に)人間とペットは別の場所で暮らす、というものです。とにかく避難所という、目の届く範囲にペットを連れてゆくことが出来る方法です。
しかし、これが国民に伝わっていない。避難所運営の基礎は(国民でもある)地元住民です。避難所の準備は、なかなか完璧には進みません。優先順位の高いものから準備を進めていきます。ペットの優先順位が低いことが多く、準備が実現されていない避難所がほとんどです。

しかし、東京やその周辺ではペットと暮らす人が増えました。もし大規模災害が起きて、皆が避難所にお世話になる状況が起こったら、避難所に多くの人がペットを連れてくることになるでしょう。

「決まりはある」 でも 「準備はされていない」

この矛盾を解決すべく、今回のテーマなのだとおもいます。

 

昨日の私は、おばまの関係があったので、ほんのちょっとの時間だけのお手伝いしか出来ませんでしたが、それでも吸収できるものがありました。

限られた時間で行ったことは、○×クイズの答え合わせ係。このクイズ、今回のイベントに向けて作ったものです。
災害時に飼い主がどのように行動するのがいいとされているのか、を皆さんに知っていただくためのものです。なので、「同行避難という決まり」に関わる内容が幾つかありました。
先にも書いたように、国は同行避難をしましょう!、と言っていますが、現場である各避難所では準備が進んでいません。クイズの答え合わせの時、その辺りのことを質問してくださる方もいて、同行避難がどのようなきまりごとなのか、ご存知ない方がまだまだ多いこと、そして同行避難を望む人が多いこと、を感じました。

遅く行って早く帰った私ですが、帰り際、ペットの災害時対応で尽力されている方に会い、現状を伺うことができました。
国は随分と前から考えて、地方自治体も関係団体との連携(協定など)を(書類上?)結んできました。しかし、大規模災害が起こっても想定していたようには機能しない。枠組みは出来ているのだから、それを上手く機能させればいいはず。そう言いながら阪神淡路から20年以上。東日本の時でも15年の時間がありました。それでもあれだけの混乱がありました。
新しい枠組みを作るか、今ある枠組みをより実用的にしてゆくか。現実味があるのは、基本は今ある枠組みをより実用的にし、それには、新しい補助的な力を取り入れる必要もあるだろう。そのような組み合わせが難しいのだろうな、と感じました。

でも、私たち普通の飼い主は、まず自分のこと、は何だろう。

自分が身を寄せる避難所が何処であるか確認する
そして、その避難所では同行避難の準備がどれだけされているのか確認する
満足な準備でなければ、されるように要望することが必要なのではと思います。

要望もしなければ、このままかもしれませんから。

 

共に暮らすペットが社会一般に認められる日がくることを、心から願っています。

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

「多頭飼育」対策

「多頭飼育」対策で指針=飼い主ケアで連携-環境省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091500167

上記の記事を読んだ。
私と動物愛護系の付き合いが長い人は、同じようなことを、ず~っと言っていたことをご存じだとおもう。私が思いついた訳ではなく、海外でそのような取り組みを行っている行政があり、これでないと確実に止めることは出来ないと思っているから。

なので、この記事に書かれていることはいいことだと思いますが、今までの法律や基準などが(私が想像していた様には)守られない現状からして、また絵に描いた餅にならないかが心配です。

まず、福祉部局との連携は必須だと考えていますが、それでも解決されない(再び同じ状況になる)ケースは無視できないだけ出てくるはずです。
そのようになったときに、多頭飼育崩壊と言える状況になった時点で所有権を放棄させるように法律が改正されればいいと思いますが、まず線引きが難しいと思うし、そもそも所有権を強制的に放棄させることは日本の法律では難しいことだとおもいます。
法律(動物愛護管理法)の中に、44条の2程度の飼育(飼養)が出来ないのであれば、飼育を諦めなさい(所有権の放棄とは言わない)とするくらいでしょうか。

実質的に出来るとすれば、法律でこんなことを書けばいいのかも。
===========
飼育活動が出来ない状況(長期の入院や収監等、また、在宅していても疾病などで飼育活動が出来ない場合を含む)が続いた場合(その状況が予想できる場合はその時点で)、飼い主は確実に飼育をしてくれる人(もちろん法に書かれている虐待をしない人、法に書かれていることから考えられる通常の飼育が出来る人)を指名し、その人が責任を持って飼育を行うこととする。指名できない場合は国が指名する。この期間の費用は飼い主が全額負担する。
この費用が担保できないのであれば、国が動物たちを買い上げる。その金額は動物たちの取得費用とする。
===========
というような感じで「あんたには無理でしょ?」と諦めさせるしかないのかな、と思っています。
「えっ?、国じゃないでしょ?、都道府県でしょ?」と言いたい人もいると思います。法で都道府県に任せる理由は、地域によって動物による付き合い方が違うからということのはずです。この件は、法律の44の2に書かれていることを基準にするので、国が判断するべきことです。都道府県で判断がまちまちであってはならないことではないでしょうか。

海外では飼育禁止命令を出すことがありますが、私の知る限り、日本でそれをやっても無視というか再び同じ状況になることでしょう(海外でもそのようだし)。
飼育禁止命令を出すという形式はいいと思うので、その後のケアと言えばいいのか監視がしっかり出来ればいいのではないかと思います。その意味ではこの記事の方向性はいいとおもいます。
先ほどの飼育を任された人だって信用できない人がいるでしょうから、やはりケアというか監視が必要になるはずです。

では、この飼育代理人(勝手に命名)や飼育状況監視人(これも勝手に命名、代理人の飼育も監視)を誰がやるかです。いい加減な人にやってほしくありませんが、日本の社会の慣習からして、これらの人がビジネスになるならば認められる可能性は大きいと考えます。
生体販売が厳しくなってきたペットショップの店主や店員の転職先、シェルターや一時預かりさんの活動資金の獲得先として、考えることができれば現実的になってくるのではないでしょうか。
つまり、動物取扱業者であり、特別な資格(←代理人や監視人という資格か免許を作る)を持った人。優良な飼育知識をもっているというお墨付きにもなる。個人的には、今までシェルターワークで頑張ってきた人(里親の見定め、アフターフォローもしてきた人)たちになってほしい。

言いたいことはいっぱいありますが、時間がないのでここまでにします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧