2017年2月26日 (日)

梅まつりのライトアップ@羽根木公園(梅ヶ丘)

小田急線梅ヶ丘駅から徒歩で3分もかからない所にある羽根木公園で、毎年「梅まつり」が行なわれる。今年は40周年、ライトアップも行われる。こちらのファイルの下の方にありますが、今日で終わり。

20170226_1昨日、行ってきました。
公園全体をライトアップしているのかと思ったら、駅から最寄りの入口から続く階段周辺だけのようでした。ターゲットにした幾つかの木をライトアップしていました。
20170226_2ラジオやテレビなどでも取り上げられているのを見聞きしたという話を他人から聞いていたので、混雑を予想したのですが、そうでもありませんでした。

全ての木が満開ということもなく、少々寂しく感じた木もありましたが、幽玄の美というのでしょうか。非日常的な世界を体験できました。

20170226_320170226_4階段を登りきった広場には光のオブジェがあり、売店も一店営業していました。

女房と「ライトアップはここまでのようだね」と公園入口に引き返したら、案内板があり、東松原側の入口を出た所(うーにーが高齢になったときにのんびり過ごした所)もライトアップしていることが分かる。でも、再び階段を登るのも面倒なので(苦)、見に行きませんでした。

20170226_5
こういう案内板は、もっと目立つように設置するのがいいのでは?、と思ったのですが、「もしかして、ネットの分かり易いところに載っているのかな?、スマホを持っていればすぐに見ることが出来るのかな」と思ったりもしました。

 

公園を出て、ちょっと遅い晩御飯を食べるために梅ヶ丘駅前をうろうろ。
駅近くの、油めん屋さんが気になっていたのですがが、今日は軽くにしようということで、後日の楽しみに。その店は地下にあるのですが、同じ地下にあるロクネコの看板に書かれた勇ましい猫の絵に惹かれる。この時は、お酒よりご飯の気分だったので、こちらもパス。

結局、いつもの羽根木餃子。お取り寄せがメインの店で、店舗というかイートインが開いている時間は限られている。でも、梅まつり期間は、開いている時間が長い。ラスト・オーダーは、二十時半。時計を見たら、その5分前。混んでいたら入れないと思ったのですが、店内を覗いたら、イケメン&綺麗な女性のカップルだけ。
入店し、トマトと肉ダブル、ご飯にスープを注文。ここの店に入ると梅ヶ丘周辺の食べ物屋さん情報の話になることが多い。お隣の麗しきカップルはそっとしておいて、周辺のお店の話を始めたら、カップルさんたちもこの辺りの食べ物屋さん散策をよくしているらしく、話が盛り上がった。やはり気になる店は同じようです。我が家が気になりながらも手が伸びなかった店の人気商品を教えていただいたり、ちょっと入りにくい二階にあるお店の店内内装のことを聞くことが出来たり、収穫大の時間でした。

 

梅まつりのライトアップは、今日(2017年2月26日)が最終日とのこと。
このブログを書くにあたって、詳しいことがまとめられたページはあるかなと探したのですが見つかりませんでした。
限られた日だけのイベントなのに、勿体ないです。

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

期間限定問題 解説(その4)

(その3)で終わりの予定だったのですが、その後があります。
救援本部の方にお話を伺った後、東京都の職員さん、世田谷区の職員さんにお話を伺う機会がありました。どちらも回答が似ていたので、まとめて(勝手に編集して)書きます。

毎度のことながら、私の記憶違い、話の食い違いにより誤解等もあると思います。また、編集していますので、職員さんの言葉そのままではありません。気になったことは、必ず各自ご確認願います。

 

(弓削、以下、「私」)
発災直後からもっときめ細かい情報収集は出来ないものか。職員さんは人員が限られていることは理解しおりますので、それをボランティアにお願いすることは出来ないでしょうか。それが出来れば、その情報を公開していただき、手を差し伸べられる人が行動を起こせるのですが。

(職員さん、以下、「職」)
まず、被災した地域の安全確認・確保が第一になります。安全確認が出来ていない場所に、「現地に行ってください」とは言えません。つまり二次災害を考えると、発災直後に現地で活動をお願いすることは出来ないのです。
また現実として、「人間の」安全確認・救助・救援が先になります。大規模災害になれば、動物関係の職員である私たちであっても、人間の方の手伝いに駆り出される可能性はゼロではありません。
「地域の安全確認」「人間ベースの被害状況の確認とそれに基づく初動」が優先されますので、(優先される人間でさえ)「72時間は自助。自分で準備しておいた、持ち出し袋などの水や食料でしのいでいただく」ことになっています。なので、(ボランティアさんに動いていただくにしても、そのお願いなど)行政としての動物関連の動きは、やはり「発災直後から」動くことは困難なのです。

(私)
先に改正された動愛法には、災害時対応に動物愛護推進員が動くようなことが書かれましたが、そのような動きはあるのでしょうか。

(職)
その方向に向けた準備はしておりますが、実働できるまでの段階ではありません。
東京都では推進員さんにかけられる予算が限られています。そのようなこともあり、危険が残る可能性がある地域で活動をお願いできないということもあります。

(私)
職員の方々は、決められた予算・人員で動かねばならないことは理解しておりますし、それが理由で諸問題の解決が遅れていることは感じています。その改善は都民である私たちが何らかの形で声をあげ、獲得しなければならないと常々感じているところです。
予算・人員が少ないということは、世の中で優先順位が低いと見られているからですが、そこから変えていかなければならないのだな、と考えております。
では、現状、何も出来ないのでしょうか?

(職)
いえ、そんなことはありません。
避難所運営マニュアルなどに書いてありますが、ペットと暮らしている人たちの中から、リーダーを決めて欲しいのです。その人には、平時から地元のペット情報を収集しておいていただき、災害発生時には、その情報も活用させていただき、災害状況をいち早く収集出来れば、私たちもそれを活用できることになります。

(私)
たしかに、そうですね。
高齢者など人間だけでも災害時に手助けが必要と思われる人たちが、ペットと暮らしていることもありますから、そのような人たち情報など、住民だからこそ出来る視点で情報収集が出来るといいですね。

(私)別の話題です
確認なのですが、災害時にペットを連れていて困った!、となったときは、センターに電話を架ければいいんですよね?、避難所で押し問答したり、地元市区町村の役所ではなくて。

(職)
はい、担当部署としてそうなります。先の水害時も動物関係は、県のセンターが行っていて、東京都もすぐにお手伝い出来る体制をとりました。
私たちも出来る限りのことは行いますが、現実問題として(発災直後は特に)先にお話ししたような「人間優先」で人員不足などの状況が発生する可能性はご理解願います。

==================

まとめると

安全の確認・確保、二次災害の防止の考えから、行政がすぐに「ボランティアさん、動いてください、よろしくお願いします」とは言えない。

人間優先は現実としてあります。大規模災害時は、それが理由で、動物関係の動きが遅れる可能性はある。

・以上の二点からも、優先される人間でも「72時間は自助」となってしまうので、それくらいの時間内から、きめ細かいボランティア活動は難しいと思われる。

災害時にペットのことで困ったときは、都道府県のセンターへ

・発災直後から、きめ細かい動きを期待するのであれば、地域のペット・リーダー(勝手に命名)になっていただく人が出てきて、平時より、地元のペット情報、それに関連する情報を収集しておいていただけると、たぶん、発災直後から、とても役に立つはずです。

以上、だと思います。

リーダーは理想の域の存在かもしれませんが、その他は「現実として」の話です。それらを踏まえて考えると、リーダーという答えになるのだと思います。

 

(その1)から色々と書きましたが、皆さんは、どのようにお考えになりますか?

| | コメント (0)

2015年3月28日 (土)

ラジオの宣伝(今年も狂犬病)

ここのところ忙しくてブログも放置状態ですが、ラジオのコーナーも作ったはいいけど、宣伝するのを忘れていました。明日の夜、放送です。

■放送日 3月29日(日)

■番組  世田谷ラジオ倶楽部 22:00~
番組内では最後の方です。頭から数えて50分くらいのところからはじまるコーナー(今週のプチコミ)。
サブタイトルは「4月は狂犬病の予防注射の季節です」。毎年、この頃に同様のものを流しています。

■聴き方
世田谷区内と周辺ならばラジオで、83.4MHz。
インターネットなら、以下になります。
http://radio1.bitmedia.ne.jp/fm834/viewer.html

■コーナーの説明ページ
http://www.inutalk.info/radio/src/kuchikomi/150329.htm

 

毎年、狂犬病予防法の在り方について考えてしまいますが、考えれば考えるほど、いじるのは難しいと感じます。
日常的に狂犬病に注意することなく暮らせる国、日本であり続けてくれることを願うばかりです。

| | コメント (0)

2015年2月28日 (土)

明日のラジオの宣伝

ここのところ、このブログでもちょくちょく宣伝しているラジオ放送、「動物愛護相談センターの歴史」が明日の夜、放送になります。内容は、こちらの書き込みを読んで芋づる式にリンクをたどっていただければ書き散らかしている。放送時間などもそちらで確認してください。

世田谷区にある東京都動物愛護相談センターの生い立ち、というか、前進の前進の・・・都の施設の始まりは、昭和25施行の狂犬病予防法に従って作られた犬抑留所。それが時代の流れと共に、数が増えたり減ったり、仕事の内容が変わってゆくと名前も変わっていったり。
放送では、今どのようなことをやっているのかにフォーカスして構成しました。なので「歴史」というより「現在の仕事」という感じです。

最近気づき始めた人もいるようですが、日本の社会が「身近な動物と上手く付き合ってゆく風潮」を確立するには、歴史をみる限り、都道府県や市区町村行政の活動なくして出来ないと答えがでてきます。
2000年以降、法律は発展しましたが、世の中が追いついていません。追いついてもらうには、やはり行政の活動が必要です。
なのでまず、東京都動物愛護相談センターが何をやっているのか、をお伝えします。皆さんが利用したいこと、協力したいことがあれば、どんどん関わりを持って欲しいと思います。

 

20150328ところで、この書き込みをしているときの(左側に表示がある)人気記事ランキングが右の通り。
一位の内容は、神戸の事件の頃から「猫の次は人間へ。だから動物虐待は絶対にいけないと教育しないとならない」ということが、「欧米では常識なんですけど」と言われ続けていながら、動物愛護団体も先生方もそこにポイントをおいた発言、活動をして来なかった。神戸の事件以降も、少年・成人に限らず理解不能な殺人事件の犯人の多くは猫の虐待をしていたことが分かっているのに。

今回一位になったのは、たぶん、川崎の事件があったからだろう。

このような虐待に限らず、何故動物愛護が社会に必要なのかを提示しない限り、世の中が変わるはずでもありません。

 

何故、そんなことをここで書くのか。
動物愛護が社会に必要であると認知されることになっても、身近な動物たちと上手に暮らす世の中にするには、今の時代、教育やルール(法律、条令、その他)が必要で、それを機能させるには行政の働きがなければ出来ないのです。

今回のラジオを聴けば、なんとなく今書いたことが分かると思います。
身近な動物に関わる問題は多々ありますが、その一つだけを重点的に解決しても、身近な動物たちと上手に暮らす世の中にはなりません。そのために多角的な視点から幾つもの事業をやっています。どれも「そうだな~、必要だな~」と思うことばかり。

ラジオを聴けば、「身近な動物たちと上手に暮らす世の中」を目指すには、どのようなことをしなければならないのか見えてくると思います。
個別の問題、個々の問題解決はしなければならい問題です。それと同時に、世の中が良い方向に変わってゆけば、個別、個々の問題も解決し易くなるし、問題の発生も少なくなることでしょう。

そんな世の中、素敵だとおもいませんか?

 

宣伝開始が遅かったのですが、直前の数日でじわじわと Twitter や FaceBook で紹介してくれる人が増えてきて嬉しく思います。世の中が変わることを願っている人が増えているのかな、と嬉しく感じています。

| | コメント (0)

2014年4月18日 (金)

ラジオの宣伝 「行政書士ADRセンター東京のADR」

つい一週間くらい前にも宣伝しましたが、明後日のラジオの宣伝です。

いきなり話は変わりますが、昨日 Twitter にて、TNRボランティアの日記を紹介しました。
内容は、(外部から見れば)身勝手な現場の人々と、それでも話を進めようとするボランティアの方の日記。
ご近所間での猫のトラブル。餌を与えるけど避妊去勢手術をしない人と、それを迷惑に思っている人の間に入るボランティアさん。
各人とボランティアさんとの会話は身勝手で感情的にも読める。しかし、当事者双方とボランティアさん顔を合わせて話をすると「和やかに話をした」となる。状況が目まぐるしく変化する。
しかし最終的に話がついて、手術が終われば(表面上だけかもしれませんが)和やかに話が出来るようになるのだと思います。

このように、和やかに話ができる余裕があればいいのですが、それも出来ないケースもあります。解決しようとしたら、どのような方法があるでしょうか。例えばこのような猫の問題。

裁判を考えたとします。その費用で手術が出来てしまいますが、それでは泣き寝入りになってしまい納得できないし、今度も同じことが続くかもしれません。
このようなときのためにADRがあります。裁判は、時間もお金もかかる。もっと身近な解決方法はないかということで、ADRがあるのです。

上記のような外の猫に食べ物を与えていることで起きるトラブルは、今回紹介する、行政書士ADRセンター東京のADRで解決することができるようです。

今回の放送では、「行政書士ADRセンター東京のADR」の基本的な紹介にとどまり、具体的な動物関連のトラブルの話に踏み込めなかったことは残念ですが、ADRがどのようなものなのか、動物関連のトラブルに使えそうなのか、という視点で聴いていただければ嬉しいです。

 

感想などは、FM世田谷までお寄せください。

行政書士ADR東京さんのサイトものぞいてみてください。

 

=================
番組は4月20日(日) 22:00~
番組名「世田谷ラジオ倶楽部」
コーナーは、番組開始から約7分で始まりますので、番組開始から聞いてください。

ラジオで聴く場合は、FM世田谷(83.4MHz)
パソコンやスマホなどで聴く場合は、以下のアドレスから
http://radio1.bitmedia.ne.jp/fm834/viewer.html

FM世田谷のHP
http://fmsetagaya.com/
ラジオを聴くアプリのダウンロードはこちらから

世田谷ラジオ倶楽部のHP
http://src.main.jp/index.html

自分のコーナーを紹介しているページ
http://www.inutalk.info/radio/src/gl/140420.htm

| | コメント (0)

2013年11月15日 (金)

お話を伺いました

昨日の記事の続き。
砧総合支所さんのページチラシを見て、避難所開設訓練があり、そのような中の一部として、ペット同行訓練があると思い込んでいた。
つまり、第二グランドで手続きし、その後は(同伴するか否かは別にして)一般の方の避難所開設訓練に合流するものかと考えていました。

現状、いきなり同伴は無理だろうと考えたので、では誰が預かるのだろう?、と疑問に思った。他区の同行避難訓練では獣医師会が協力してくださり、実現している。もしものことを考えると、そうなるのだろう。
しかし、ページ、チラシともに、獣医師会の名前がない。

ということで、チラシに書いてある、世田谷区砧総合支所に電話しちゃいました。
正直なところ「肩すかしをくったdespair」という感じ。

第二グランドに集まって、その後、別のグランドに移動し、同行避難についての説明を受けるとのこと。そのとき、犬や猫は運んで来た状態、(大型犬の場合、一緒に来た状態)で説明をお聴きすることになるとのこと。(避難所には入らないし、預かられることもない)


これを読んで、「そんなの同行避難訓練じゃない!」と思う方もいらっしゃると思いますが、やってみれば分かります。まず、キャリーなどに入れて徒歩で移動すること、その後、他の(犬や猫を連れた)飼い主と一緒になること。このようなことだけでも、訓練と言ってもいいと思います。それは、実際にやれば、色々なことが分かり、想像出来るようになると思います。

同行避難の実行がなされるには、地域の理解が必要です。実行しよう!、となって初めて、避難所運営マニュアル内の同行避難ページの実現に向けての検討が始まり、それが固まった後に、実際に近い訓練があります。
今回の訓練は、地域の理解(ちゃんと考えておかないと大変なことになるよ)ということに気づいていただくために、とても大きな意味があります。
なので、参加した方々は包み隠さず不安を報告していただきたいと思います。「他の人と一緒に行動出来ないの?、私たちは避難所に入れないの?、なんで!、なんで!」と。
そのような疑問に対し、当日の何らかの説明があると思います。解決する方法についても説明がなされると期待しています。それに沿って話が進むことを心から願っています。

| | コメント (0)

2013年11月14日 (木)

世田谷区内の、災害時におけるペット同行訓練

ここのところ、同行避難のことをブチブチと愚痴のように機会がある毎に口にしている私です。そうすることで、地域でも取り上げてくれるようになる、というようなことも、機会がある毎に口にしてきた。

それでも動きはないのか、と悲観的になっていたら、FM世田谷からそれらしいお知らせが聴こえてきてear

以前から噂があった山野小学校でのことらしい。。管轄は砧総合支所。そこから調べてみると、こんなページがあった。

11月24日(日)にやはり、山野小学校で行われるらしいeye

そこからリンクされたチラシの中、訓練内容のトップに「ペット同行訓練」の文字が!!lovely
それともう一つ!、チラシのトップを見て欲しい。日時の下に「避難所開設訓練」とあります。

今までの避難訓練は、避難所(学校など)に集まり、その後は防災訓練を行うことが多かった。
ラジオを聴いていたら、持参するものとして、「お椀、お箸、上履き」というではないか。実際に教室などに入るらしい。そのとき、ペットはどうなるのだろう。同行避難ですから、別の場所で預かられる形になると思います。
チラシには「ペット同行の方はケージを持参の上、第2グランドにご来場ください」とあるcat
やはり、別扱いという感じになりそうです。そこで預けて、飼い主だけ避難所に入ることになるのだろうdog

本当のところは、どうなのか!!、
訓練後、アチコチのブログやマスコミの記事を期待したいと思います。

ここから現実的な議論が始まることでしょう。

※ブログを書く人やマスコミの人、そして、他行政の方々もにも注目して欲しいので、Twitter の RT やFaceBook のシェア お願いします。

  

先日の福生でお話したとき、「地域で話題にし続け、実現の方向に向いてきたら、自分を褒めてあげていいと思います」と話したので、今日は、自分を褒めてあげることしますhappy01(って、なにしよう・・・)

| | コメント (4)

2013年11月 1日 (金)

世田谷駅前・楽市楽座 と 世田谷動物フェスティバル

明日、明後日、つまり、11月2日・3日は、世田谷駅前で楽市楽座が開催されます。

世田谷駅は近所なのですが、世田谷区民でもこの駅の存在を知らない人がいる。さらに、世田谷という町名があることも。そんな世田谷駅前商店街が開催するお祭りです。商店街のサイトはこちらで、お祭りの宣伝はこちらになるらしい。う~ん・・・、もうちょっと詳しく知りたいものですthink

うーにーが生きていた頃は、空いている早い時間にうーにーを連れて行ったこともありますが、回を重ねるうちに、混雑するようになり、あまり連れていかなくなった。でも、お祭りを見るとうーにーを思い出す。

午前中、駅の方に行ったらステージを組んでいたりしたので、こんな記事を書きましたが、明日、明後日と、私は出かけていてたぶん行かない。
11月3日は、世田谷動物フェスティバルのお手伝い。

こちらの公式ページをグーグルで探したのですが、なかなか見つからず。こちらのページ経由で、やっとこのページを見つけることができました。

お祭りの広報は、HPに力を入れないものなのかな?

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

「ペットショップにいくまえに」展(1)

20131006a    20131006b
20131006cず~っと行かなくては、と思っていた「ペットショップにいくまえに」展。経堂のウレシカさんでもやっていますが、京都(既に終了)や新潟県十日町でもやることになっています。
今日、ウレシカさんには、十日町で開催されるもののチラシなどが置いてありました。

偶然、先日ラジオの収録で十日町の芸術祭、特にアートトリエンナーレのことを聴いたばかりだったので、とても身近に感じた。
十日町に美術館を構えた先生が「ペットショップにいくまえに」展を町のイベントとして行うようです。
http://www.city.tokamachi.niigata.jp/page/000031484.pdf
http://www12.ocn.ne.jp/~ehon2009/new/news.html
http://www.city.tokamachi.lg.jp/kanko/10170400030.html

    20131006d    20131006e

20131006f    20131006g

20131006h    20131006i

ちなみに、十日町の話をされたのは、杉本行治先生。南烏山でアートスクールを展開している。入門者からメジャーデビューを現実的に考える人まで幅広くサポートしてくれる学校らしい。先生も自分の生まれ育った町でアートトリエンナーレのようなことをやってみたいとか。(放送は10月27日)

そもそも、このお店を知ったのは、日野のセンターに通っていたときに、知り合ったとりごえさんから教えてもらってのこと。「ペットショップにいくまえに」は、ネットからダウンロードできるフリーペーパーですが、とりごえさんも「ネコの種類のおはなし」をアップしている。
http://bikke.jp/pet-ikumae/
http://torigoe-mari.net/dl.html

今日、ウレシカさんには多くのアーティストの作品が展示されていましたが、私は、一対一の温もりが伝わってくるような彼女の作品が好きです。

P.S.
入り口の鉢をのぞいたら、メダカの姿が見えなかったのが残念。
でもこの商店街には亀が多い。

つづく

| | コメント (2)

2013年9月 5日 (木)

問い合わせてみました

他人に「やってみてください」と言いながら自分がやらねば意味ないですから、地震があった昨日の午前中、区役所に電話を架けてみました。

自分の備忘録の意味も含めて書いておきます。

(前準備)
区のHPで避難所と広域避難所の場所を確かめる。
広域避難所というものがあるのは知っているのですが、どのような位置づけなのか分かっていなかった。

(電話)
HPに連絡先として書いてある電話番号に架けてみる。
危機管理室・災害対策課というところだ。

(話した内容)
以下、文章を読むと無愛想に読めるかもしれませんが、親切な感じでした。もし無愛想・不親切に読めるとしたら、それは私の表現力のなさです m(_~_)m

●私
○対応してくださった担当部署の方

●自分が避難するべき避難所はHPで確認しました。避難所はSK小学校、広域避難所はK大学一帯です。
我が家は、猫が一匹いるのですが、避難所に入れてもらえるでしょうか?
○各避難所の考え方によります。S小学校の場合は、ST2丁目町会とST・KM町会が運営しています。

●避難所が出来ていないときに、何処に問い合わせればいいのか分からなかったのですが、これらの町会に問い合わせればいいのですね。
○そうです。

●このSK小学校が避難所となっている地域にお住まいの人の数は把握していますか?
○(少し調べて)ごめんなさん、それはないですが・・・
(私がさえぎるように)
●ちなみに、世田谷区の人口は86万人くらいと思いますが、避難所の数は?
○一次避難所が94、二次避難所が36です。それ以外に広域となります。
●それらの違いを教えてください。
○一次は、地域で指定された避難所で、そこで生活する避難所だと思ってください。二次は、一次で収容しきれなかった人を収容する避難所です。
広域避難所は、生活する場所ではなく、一時的に、とりあえず集まるという感じの避難場所です。

●その人口と避難所の数では、各避難所に収容しきれないのではないでしょうか?
○SK小学校の収容可能人数は、1,867人となっています。その地域の人全てを考えたら収容しきれませんが、これは東京都の指導の下、これくらい収容できれば、、、という人数です。つまり全員が避難することは想定していません。

●私が心配しているのは、動物を連れていると、、、、私は高齢者でも障害者でもないですから、優先順位が低くなって、さらに動物を連れていたりすると、入れないかな、とか思ってしまうんです。
○災害時に全ての人が避難所に行くという想定ではないので、このような数字になっています。実際の避難所の運営は、先程申し上げました二つの町会が行っておりますので、そちらの運営方針となります。
動物連れに関しましては、都からの指導もありますし、お問い合わせも多くなっています。

====================

おおよそこのような内容でした。
「全ての人が避難することは想定していない」というのは驚きましたが、都の指導とのことなので、区の方に突っ込んでも仕方ないことですから、それ以上は聞きませんでした。

昨日の書き込みで「避難所に入れる人に優先順位をつけることがある」と書きましたが、私のような弱者に該当せず、そして動物を連れた人間は、優先順位として最下位のレベルになるでしょう。

そうなってくると(これも勉強会では話ましたが)「自分たちだけの避難所計画」が必要になるかもしれません。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧