2019年3月28日 (木)

上村雄高写真展「Call My Name」&「LOVE & PEACE」

 2019.3.28(木)、タイトルの写真展に行ってきました。
上村先生のブログでの紹介はこちら

会場は祖師谷大蔵の Gallery Paw Pad さん
駅から活気のある商店街を歩く。可愛いバルタン星人がはためくその道には多くのお店が並んでいる。商店街を進み、昔ながらのお店が多くなった辺りにこのギャラリーはある。20190328a

入口には上村先生の写真展でよく使われている綺麗な写真が出迎えてくれた。

引き戸を開けて中に入ると、両側の壁に多くの綺麗な写真が並んでいる。シャープなラインと青空と緑など見事な色彩。晴れた日の草原にいるような気分になれる。
20190328b写真の話の前に、引き戸を開けて真正面のこのスペースのことについて書いておく。このスペースは、いつも一工夫ある展示になっている。

「Call My Name」にはサブタイトルが付いている。「原発被災地の犬猫たち」。
今回の展示は、上村先生の写真展がメインですが、大規模災害時に犬や猫をどうするのかをテーマに小さな展示が幾つかある。

(左の写真の)正面奥のバッグなどが置かれたスペースは、ちょうど避難所で個別に割り当てられるだろうと予想される広さだそうだ。世田谷区のような人間が多く暮らしている地域で、皆が避難所に身を寄せるようなことが起こったら最低限の一人当たりのスペースとなるだろうから、人一人が横になれるだけになるだろう。

見える部分以外にも細工(?)がしてあります。多くの人が押し寄せた避難所をよりリアルに想像したい方は、是非ここに入って座るなり横になるなりしてみてほしいものです。

20190328c この窪んだスペースの左には、こんな展示があった。とある三人が大規模災害時のことを考えた結果をまとめた。
     20190328d

よく出来ているというか、とても身近に感じる。現実的に一生懸命考えたらこういう結論になって、ちょっとやってみるとこんな感じになるのか、と参考になるし、考えることが色々出てくる。

さて、上村先生の写真、といきたいのですが、もう一つミニコーナーが。
世田谷区や渋谷区、新宿区などの行政や災害時のペットの扱いについて活動している団体の冊子が並んでいるコーナーがあった。(写真がボケボケなのはご勘弁。とにかく幾つも並んでいます。)
このように幾つもの区のものが並ぶことは珍しいのではないでしょうか。気になる方は是非読み比べてほしいです。(ちょっと時間かかってしまうかも。)
20190328e   20190328f      

やっと写真の話です。

奥から入口に向かって右側は「Call My Name」。
原発災害により人が住むことが出来なくなった飯館村での写真。こちらも色々と考えさせられること、感じることがあります。
犬も猫も人と共に生きるべく動物であり、そこに人が暮らすことが出来なくなることがどのような結果を生むのか。写真から伝わってくるものがあります。

左側が「LOVE & PEACE」。犬や猫たちの幸せそうな写真が所狭しと並んでいます。写真そのものの技術、構図などデザイン、笑顔の引き出し方など「すごいな~」と感じる写真の数々。
20190328g   20190328h

20190328i 最後に。
上村先生と言えばこのクッション(右の写真だと生首に見えますね)。とても大きいのですが、印刷は繊細。
「他では真似出来そうもないな」とおもうものです。

 
今回の展示は、金曜と土曜を残すだけになりました。
祖師ヶ谷大蔵をご存知ない方は、飲食店やお菓子屋さんなどをチェックの上、訪れることをお勧めします。
桜の季節なので、近くの桜の名所をチェックしてから行くといいかも。

素敵な出会いがあるといいですね。

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

ヒグチユウコ展 CIRCUS

20190223a2月21日(木)、平日の午後に世田谷文学館で行われている、タイトルの展示を観てきました。

消えてしまうとおもいますがプレスリリースはこちら。特設サイトはこちら
観てきた感想を一言でいうと、「これで 800円は安い!」。見応えある作品がいっぱいでした。

女房に誘われて行きましたが、私はヒグチユウコという人のことをよく知りませんでした。
会場に入ったら、「なんか見たことある」となり、「あぁ、これ知ってる」というキャラクターも。そんなこと抜きにしても楽しい、そして興味深い展示でした。

20190223i絵や立体作品が並べられているだけではく、覗き穴やシートをめくったり絵本の見本が何箇所にも置かれて見ることが出来たり。初期の作品を見ることができたのもよかったです。

上半身が猫、下半身が蛸、手は蛇のギュスターヴくんやひとつめちゃんなど定番のキャラクターだけではなく、今井昌代さんとのコラボ、カカオカー・レーシング、女の子の一連の作品(ホラーと名付けられているようです)などなど。こちらの本 (「バベルの塔」展はタラ夫くんが宣伝していましたね)の中の絵の原画も何点かありました。
どれも独特な世界観があり、時に衝撃的なのですが、最も衝撃的だったのは「きのこ会議」。きのこたちが自分を守るために策を講じるのですが、その結末は!!

多くの作品を見ていて、創作活動が好きで好きで仕方がない人なんだな、と感じたと共に「どんなものも見てみよう」または「自分が嫌いなもの、拒否したくなるもの、醜いとおもうものこそしっかり見よう」とおもっているのか(怖いもの見たさ?)、何をどう描いても自分のものにしている。しっかり見ている。
なので、緻密な絵の隙間に埋められた何気ない絵もしっかり描かれてことに驚く。動植物をモチーフにした絵がほとんどですが博物画のような雰囲気があり、内臓が描かれていたりもする。

ギュスターヴくん他、猫をモチーフにしたものが多かったのですが、猫の他にインパクトがあったのがワニ。オブジェもありました。
そんなこともあり、「俺、つしま」や「ワニ男爵」を思い出した。どちらの作者よりも、ヒグチさんの方が幅広くそして深く対象を見ようとしている。表現も幅広く深い。その情熱のようなものに恐ろしさすら感じた。

何をするのもネットやパソコンを使い、すぐに答えを出すのが当たり前の時代に、それとは別の世界がありました。

会場の世田谷文学館は不便な場所にありますが、そこを差引いても、これらの展示が、800円で観ることが出来たのはラッキーでした。

 

有料の展示会場は撮影禁止でしたが、一階の広間に大きな展示があり、これらは撮影NGではないようだったので撮ってきました。

20190223b 20190223c

20190223e 20190223d

20190223g 20190223f

20190223hこれらが展示されている近くに、グッズ売り場があり充実していました。
GUCCI ともコラボしているアーチストなので、高いかなとおもったのですが、そのようなことはありませんでした。

会期末まで一ヶ月以上ある平日に行ったにも関わらず、ガラガラという感じではなく、人気の高さを実感しました。行列が進まなければ見ることが出来ないという程でもありませんでしたが、覗き穴や見本の絵本はゆっくり見ることはできませんでした。

ヒグチさんが好きな方、一度よく見たいとおもっている方、興味をおもちの方、早めの平日に行くことをお勧めします。

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

映画「ねことじいちゃん」のパンフレット

今日、2月22日は「猫の日」でもあり、岩合さん監督作品「ねことじいちゃん」の封切日でもある。
その10日ほど前に女房がパンフレットを入手してきた。

20190222a私たち夫婦は(昨日のブログにも書いた)「俺、つしま」のファンである。このパンフレットに「俺、つしま」の作者が何やら描いているという情報を得たので女房が入手してきた。

横長の紙を両側から横に四つ折りになっている。
一回開いて表裏を並べると、右のようになる。裏側の写真を見る限り、映像は綺麗に仕上げているようだ。岩合さんが監督なのでそこは期待できそう。
写真展や写真集もあるらしい。猫いっぱいの現場だっただろうから、岩合さんはカメラを持ち出し(監督業を忘れる勢いで)猫の写真を撮ったような気がする。写真展や写真集に納得。

右上の状態を裏返すと左下のようになっていた。「俺、つしま」の作者が描いたコメントが紙面いっぱい。志の輔さんが猫に見えてくる。何気ない絵のように見えて、猫が猫らしい。リアル猫を直接的にイメージできる。人間も雰囲気が伝わってくる。「あの俳優さんがこんな演技しているんだな」と想像できる。

20190222b 20190222c

左上の状態から更に広げると、右上のように広がる。何人もの著名な方から、絵と文章でコメントが寄せられている。
その中には「人間までも猫に見えてくる」という文も。
素敵なイラストばかりで、猫のイラストもありますがリアル猫とは別な雰囲気。

 

ついでに個人的な岩合さんの写真の思い出を書かせてもらう。
私は20歳~25歳くらいまで一人暮らしをしていました。その頃、毎年壁に掛けていたカレンダーは岩合親子のものでした。
子供の頃からお父様(徳光)の写真が好きでした。海外の野生動物写真をカレンダーなどに使われていた写真家は限られていましたが、その中でも動物の生活や習性を感じることが出来るものだったので特に好きでした。

今の岩合(光昭)さんの写真を目にするようになると、お父様の写真よりも「いいな」とおもう写真が増えていきました。
何故だろう?、と考えたら、お父様の写真の良さに、一般的な写真の良さの要素をしっかり取り入れているからだと、当時の私はおもいました。時代の感覚というものでしょうか。

ポップでキャッチーなものが好きな私は、そのような岩合(光昭)さんの写真がどんどん好きになりました。
我が家にはテレビがないので、皆さんがよく話題にしている猫の番組を観たことないのですが、岩合さんの作ったものであれば、多くの人の心を掴むだろうなと想像しています。

そんな岩合さんの監督作品なので、まず映像が素敵だろうし、猫の見せ方、人の見せ方も素敵なものになっているだろうと期待しています。

 

ついでに、昨日に続き、「俺、つしま」のこと。
決してポップでキャッチーではない感じがするのですが、「こううい作り方あるよな」とおもうポイントがあちこちに。「これってあの作品(有名な映画やドラマ、小説など)へのオマージュか?」とおもうことしばしば。

昨日書いた「さんぶんこ物語」のストーリーもよくよく考えると、ストーリー作りの基本をしっかり踏襲している。ある意味、キャッチーとも言える。

下の二つの写真を見てほしい。「俺、つしま」の表紙。帯び付きと帯なし。帯なしではセミを持っています。

20190222d_2 20190222e

この書籍中、セミが出てくる話が幾つかある。10ページにも満たない。それを読んでいるだけでも、幾つもの映画などを思い出す。
この作者の頭の中の引き出しには、多くの有名作品が入っているような気がしてならない。

 

岩合さんにはまだまだ映像作品を作り続けていただきたいし、「俺、つしま」(偶然、今日2月22日第二巻の告知があった)の作者にも漫画以外に進出してほしい。

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

猫が幸せならばそれでいい 猫好き獣医さんが猫目線で考えた「愛猫バイブル」

  amazon

書籍の紹介です。
動物行動学を専門とする獣医師「入交眞巳」先生の著書です。本のタイトルは、このブログのタイトルの通り。長い。

入交先生のお話は何度か拝聴させていただいたことがありますが、私にはレベルが高い感じ。
猫や犬の行動を学問的にどのように理解すれば、生活に活かせるか、問題解決できるか、生活の質を改善できるか、などの話でした。
テーマも、結論である「こうするのがいいですよ」も、難しいことはないし説明も分かり易いのですが、その間にある理論が私には「レベルが高い」と感じてしまいました。

20190221aさて本題。こちらの書籍の話。

冒頭の章、「猫は夜行性」は勘違い、で以下の文があります。
=====
ノクターナル(夜行性)かダイアーナル(昼行性)かといえば、猫はこのどちらでもありません。猫は、クリパスキュラー(薄明薄暮性)、つまり早朝や夕暮れの薄暗い時間帯に最も活発に動く動物です。
=====

これを読んだ時に「こんな横文字言葉は知らなくていいよ」と感じ、「やはり小難しい理論の羅列や横文字がいっぱいなのかな」とおもったのですが、その先はこのようなことはほとんどなく、多くの部分は、ご自分が共に暮らしてきた猫とのことを例にしたり、身近なものを感じました。

20190221b読んでみて、皆さんにお勧めしたいとおもったので、ここに書いているのですが、冒頭に書いたように、この書籍を手にするまでは、あまり期待をしていませんでした。

しかし、日本人のある程度の数の人が、猫や犬に対して古い固定観念をもっていて、その中には間違えや今の世の中では理解されないことが多々あることを、私は危惧しているので、それを改めていただくには、入交先生のような方に活躍していただきたいと、陰ながら願っています。それで読んでみたのです。

実はそれもあるのですが、本音を書いてしまうと、(本書では「漫画」となっていますが)挿絵に惹かれて買いました。
描いているのは、「俺、つしま」で有名な、おぷうのきょうだい先生です。

「俺、つしま」は、Twitter で始まりました。はじめの頃は、気ままに書いている感じのもので、形式も決まっていませんでした。今もそんな感じです。
この漫画は、「つしま」と呼ばれるようになった猫を中心に起こったことを模写している漫画なので、伝えるために最適な形式をとっているようです。形式にとらわれず、最適な「絵で伝える」方法が私には気持ちよく入ってきます。

つまり散文なのです。内容も。
Twitter で読んでいると、「唐突に何これ?」と思う作品が載ったことがありました。それらの幾つかが繋がるだろうことは読み続けていると分かったのですが、一つの物語としてまとめることはありませんでした。しかしそれが随分と後になって、ビックコミックBUROS.NETに物語として載りました。

「俺、つしま」の書籍は既に第一巻は発売されています。それには散文のまま(途切れ途切れの話のまま)幾つかが載っています。
ビックコミックBUROS.NETにアップされたものは、ある程度の期間が過ぎると消えてしまいます。現在その物語全体を読むには過去のTwitterから探し出すしかありません。

 

何故、入交先生の書籍の紹介で、こんなことを書くかというと、この本の175ページ全体に、一人の男性高齢者と一匹の猫の絵がありますが、この男性が前述の物語に登場するのです。

ぱっと見ると「なんで猫の本に、男性高齢者を大きく、猫を小さく描いた絵に一ページ使っちゃうの?」とおもう人もいることでしょう。
この絵を見ていると、猫と男性の存在感の大きさが同じように感じてきます。猫も高齢であり、この二人には特別な繋がりがあるようにも見えてきます。

前述の物語にはタイトルらしきものとして「onece upon a time in somewhere(いつか 知らないところで)」と表示されていましたが、私は「さんぶんこ」物語と呼んでいます。それが今年五月に発売される第二巻に載るのか、それが気になって仕方がありません。

その「さんぶんこ」物語に出てくる魚屋さんが、175ページの男性にとても似ているのです。
店の魚を泥棒猫して追われたりもするのですが、ヤマ場の一つである夜明け前に、主人公のつしまがTNRのトラップにかかった「テルオ」のために闘う決意をしたときにも、彼の頭の中に出てきたりもします。

もし、この「onece upon a time in somewhere(「さんぶんこ」物語)」が映画化されたら絶対に観に行きます。しかし、映画化は出来ないでしょう。
猫の自然な動きや逆に擬人化された動きを実写で撮ることはできないだろうし、アニメ化したら、この作者の画の魅力を半減してしまうだろうから。
ストーリーを思い出すと涙が込み上げてきますが、それはあの絵があるからです。擬人化しても猫であると見えるところに凄みさえ感じる画力です。

 
そんな猫を猫らしく描く漫画家を選んだ入交先生なので買いました。読んでみて、「うんうん、この選択はとっても正しい」と再確認。猫の生活を説明する挿絵にはベストチョイスだとおもいます。やはり入交先生は凄い先生だ!

本書の中の絵は、猫の習性を説明する補足として使われていることがほとんどですが、何ページか魚屋さん似の高齢者が描かれたページのようにイメージを伝えるページがあります。
猫が擬人化され、鮨屋のウィンドウをながめていたり、他の人(猫)が使用中の個室(トイレ)のドアを開けてしまい驚いたり、母親(猫)連にれられて町中を歩いていたり、みんなで読書していたり、服を着てお洒落をしていたり。
魚屋さん似の男性が描かれているページは、認知症について語られている章であり、絵が人間の高齢者と猫の高齢者であることから使われたのだとおもいます。

 
挿絵の素晴らしさもありますが、猫について現在分かっていることを科学の裏付けをもって説明してくれている本書は、現在(いま)猫を飼っている人なら一読しておいた方がいいとおもいます。
猫のことに限らず、「過去の常識が現在(いま)の非常識」であることもあります。共に暮らしている猫を、そしてご自分を守るためにもお薦めの一冊です。

猫が幸せならばそれでいい: 猫好き獣医さんが猫目線で考えた「愛猫バイブル」

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

猫の殺処分数@東京都

私のブログはいつでも広く一般の人に向けて書いているつもりです。
そのことをご理解の上、読み進めていただくようお願いします。

 

この何年かで、「殺処分数ゼロ」という言葉を耳や目にすることが出てきたとおもいます。この言葉の意味は何なのか?

動物のことに限らず、行政が発表する数字を理解するにはややこしいことや風評などが絡まり合っている場合があります。そんな説明だとおもってください。

ただし、ここに書かれていることは、東京都の猫に限った話です。

 

私の頭に入っていた「噂」。
(犬猫合わせた)殺処分数は昭和の頃に比べると著しく減ってきましたが、子猫の数はまだまだ多い。季節により多く持ち込まれることもあり、人手もまわらず仕方のないことである。とはいえ胸が痛む。
これを解決するには(対応の問題にするのではなく)、飼い猫も地域猫なども避妊去勢手術していただくしかない。そのような情報を広めるしかない。

(参考)
昭和の終わり頃まで、犬猫合わせた殺処分数は、約100万頭。
平成29年度は、4万3227頭だそうだ。(参考ページ

 

そもそも「殺処分数」って、な~に?
大昔、狂犬病予防法による「犬抑留所」、その後「犬を捕まえる保健所」とか言われ、今では動物愛護センターとか呼ばれる施設(現在、東京では「動物愛護相談センター」)に持ち込みや捕獲依頼で収容された犬や猫の内、施設内で死亡した数、とおもってだいたい間違いないです。

 


さて、私の勘違い。

東京都が公表している数字に以下のものがあります。
(平成29年度に、収容中に死亡したもの及び動物福祉の観点から致死処分をしたものを除いた殺処分数は)犬は0頭、猫は16頭
それに対して(全てを含めた致死処分数は)犬15頭、猫439頭

こちらにもその数字がでています(微妙に数字が違うのが気になりますが、私が見たものは上記の数字です)。

 


今出てきた、殺処分致死処分という単語について説明しておきます。

国のルール(総理府告示の「動物の殺処分方法に関する指針」というものや環境省統計のルール)では、全て込みで「殺処分」とする、となっています。

しかし、この5年くらいでしょうか、「殺処分ゼロ」とか云う言葉を見聞きする機会が増えてきました。
しかし、息も絶え絶えの動物が収容後に息を引き取ったものも含めるこのルールだと「殺処分ゼロ」は実現不可能です。
そこで東京都では、それらと、健康だけど(設備や人員などの関係で仕方なく)息を引き取ってもらうことになった動物の数を分けよう、となった訳です。
健康だけど...の数を殺処分数。それらも含めて全てを含む数(=国の数え方)を致死処分数、とすることにした。

 


話を戻します。平成29年度、東京都の猫の話です。
殺処分数16頭、致死処分数439頭

私の勘違い。
「多くの子猫が殺処分されていると聞いている。16頭では全然多くないし、致死処分数が多すぎる。これはきっと何か誤魔化しがあるのではないか!」

と強い疑いを持った私は、東京都の窓口に質問しました。


東京都の引取りの基準の基本は、「自活出来ている猫は引き取らない」があります。

引取る猫のほとんどは、自活出来ないほど健康に何らかの問題があるとおもっていいらしいです。
子猫は特に、状態が良くない場合も多いし、収容までに時間がかかり、その間のケアが適切でないと命を落とすこともあるらしいです。

つまり数字には何も間違えも誤魔化しもない、ということでした。

そのように聴かされても、年間400頭以上もの猫がセンターの中で命を落としたり、そうした方がベターだろうと判断されている現実を直ぐには受け入れられなかった。

 


わざわざ東京都の窓口に電話を架けて質問をしたのには理由があった。
その夜、その数字についてボランティアで知り合った人たちと話をする予定だったから。

その話の中で次のようなことも分かった。

(先にも書きましたが)引き取るのは自活出来ない(そのまま放っておいたら死んでしまうだろう)状態でなければ引き取らない
このことは知っていましたが、どこまで厳格にやっているのかは知りませんでした。具体的なことは書きませんが、「その状態でも引き取らないの?」という実例も聞きました。

これが基本なので、子猫の場合も状態が悪くて保護しますが、持ち込むまでのケアが少しでも足りなければ死んでしまうことは珍しくないそうです。

ちなみに、東京都で「子猫」「成猫」の区別は、自分で食べ物を食べられるようになったら「成猫」としているそうです。つまり、母猫から離れたら成猫扱いみたいです。

 


ここまでで、一度まとめます。

国のルール => 施設に収容された動物が原因を問わず死亡した数全てを殺処分数にカウントする

東京都のルール => 国が殺処分数と呼ぶ数を致死処分数とする。そこから収容中に死亡したもの及び動物福祉の観点から致死処分をしたものを除いて殺処分数とする。

---

東京都の猫の収容基準 => 自活出来ない状態であることが条件(または余程のやむをえない事情がある)

---
以上の背景があるので、年間400頭以上の猫がセンター内で命を落としたようです。

 

■■
ここまでで、言葉としての「殺処分数」については、ご理解いただけたとおもいます。

 

この先は、「400頭以上」 について考えてゆきます。

 


少し冷静になって数字を見直すことにしました。

東京都が今の区分で数字を公表し始めてのは最近で、たぶん、平成27年度から。
その数字はこちらにありました。
致死処分から殺処分を除いた数字は、27年度で約600頭で、28年度、29年度と減っていることが分かります。

 

27年度以前は、このように分けた数字がありませんので総数で見てみる。

ネットですぐに見つかる資料として、こちらがあります。昭和55年からの数字です。犬と猫が分かれていませんが、平成12年(西暦2000年)でも(東京都だけで)一万頭以上であることが分かります。

私の手許にあってすぐに見つかった資料で平成14年の数字がありました。

現在でいうところの致死処分数(当時は殺処分数と表示)
(総数) 11,190
(犬)     980
(猫)   10,196
(うさぎ)   14

猫だけで(東京都だけで)1万頭以上だったのです。

この頃は「自活できない猫のみ」のルールがなかったか厳格ではなかったのだとおもいますし、現在ほど「室内飼い」の理解は進んでいなかった(進み始めた時期だとおもいます)ことも関係しているとおもいます。

昭和50年台は(犬猫併せてですが)5万頭以上ですから、一万頭でも随分と減ってきていることになります。

そして平成29年度は(私が見た資料では)439頭。

東京都の広さや、室内飼いがまだまだ徹底しきれていない点、明らかに飼い主がいない(常時外で暮らしている)猫もまだまだいることなどを考えると、439頭はおかしくない範囲に入りそうです。

 


おまけ的に数字を見ていておもったこと。

よく「子猫の致死処分数が多い」と耳にすることがあります。
(東京都が公表している致死処分数に子猫・成猫の区別がありませんが、他の数字から想像というか逆算すると、東京都の場合)、子猫と成猫の割合は半々に近いようです。

---
(参考)
29年度負傷動物として収容された子猫は24頭、成猫は291頭。
拾得者からの引取りでは、子猫が353頭、成猫が3頭。
所有者からの引取りは、子猫9頭、成猫31頭。
---
譲渡の数は、子猫が192頭、成猫が55頭。
返還の数は、子猫/成猫の区別がなく22頭。
そして、致死処分が子猫/成猫の区別がなく439頭。

これらを見て、職員の方のお話し、猫の活動をしている人の話が感覚的に理解できてきました。

東京都では、基本的に命の危険があるくらいでなければ引き取らないので、殺処分以外の致死処分数がある程度あることをやっと理解できました。

そして東京都で言うところの「殺処分数」がゼロに近づいていることを歓迎すると同時に、国が言うところの「殺処分数」、東京都が云うところの「致死処分数」もゼロに近づいてくれればと願ってしまいます。


それには、やはり猫を外に出さないことしかないのではないでしょうか。
それと、避妊去勢を広めること。

 

 

最後に。

以上の内容を理解するまでに、お忙しい中ご協力してくださいました方々には、この場を借りて、お礼申し上げます。
ご多忙中、お付き合いいただき、ありがとうございました。

「子猫の殺処分数が多い!」との噂からの思い込みで、ご多忙の方々のお時間を頂戴したことを申し訳ないと反省しております。
私と同じことをする人が一人でも減るように、また、東京の猫の現状を広く一般の方々に知っていただきたい気持ちから、これを書きました。

今一度、私たち人間と猫との関係の在り方を考える機会になれば幸いです。

 

個人的な感情として、外で猫を見ることが出来なくなることは寂しいことです。
私が子供の頃(前の東京オリンピックの直後くらい)と今とでは、町の中の風景は全く違います。これから町の中で猫の姿を見ることが難しくなることは、時代の流れの一つとなるのだとおもいます。

私たちは町中で健康な猫の姿を目にしますが(子猫・成猫に限らず)病気や事故などによる怪我で苦しみ、命を落とす猫も多いということが、猫たちを助けようとする人たちの活動で明るみになってきたと、上記の数字から私は理解しました。

この問題に多くの人が関心を寄せて、誰もが一度は考えていただければと、願っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

夜ノ森駅が解体

前の書込みで、夜ノ森駅のことを書いた。

2020年に運転再開という情報があった。「あの味のある駅舎が復活するんだ、おぼまが捕獲された駅前のロータリーもそのままだろうか」、と想像していた。

その後、解体のニュースが入ってきた。
あの駅舎は、「1921(大正10)年から使われていたもの」らしい。

そして解体が始まるニュースが入ってきた。
地元の人の悔しさがにじむ発言もTwitterにあった。

 

おばまを迎えるにあたって、夜ノ森という町のことを調べたことがある。
一般的な情報としてWikiPedia。夜ノ森駅夜ノ森(町)の項目がある。それを基に以下書き進める。

夜ノ森という場所は、少なくとも戦国時代から「境界地帯」であったらしい。領地の境目でもあったし、文化的にも自然地理面でも境界地帯であったと書かれている。

そのような場所は何かと問題が起きて栄えないものだとおもっていましたが、そこに夜ノ森駅を作ろうとなった。
鉄道の当初の計画は、「富岡小良ケ浜から熊町(大熊町熊)を通って」とある。富岡小良ケ浜とは、夜ノ森の海側の地域だ。つまり、夜ノ森に鉄道が通る計画はなかった。
それをなんとか夜ノ森に鉄道を通し、駅を作るまで漕ぎつけた。

駅が開業したのは1921(大正10)年。
有名な桜並木を作ったのは、「戊辰戦争後の1900年に、旧中村藩士の息子である半谷清寿が、農村開発の着手を期して桜の木を植えたことに始まる。」とある。
重機のない時代に、約1500本の桜を植えることは大変なことだっただろう。観光が立派な産業資源とみなされない時代に、である。
この地に対する想いが強い人たちがいたのだろう。

当初の計画を変更して夜ノ森駅を作る条件として、地元に多くの負担をお願いしたそうだ。その負担の大きさには驚くばかりでした。

昔は、その土地を愛する有力者が大きなプロジェクトを私財を投じて行うことは珍しくなかった。地元庶民は仕事をもらえることになる。きつい仕事だったと思うが、地元の人たちは、地域の将来を夢見ることが出来ただろう。
夜ノ森については、駅が出来たことで多くの人が住むようになったこは確かなようです。

 

WikiPedia 他で色々と調べて、明治・大正時代に夢見ていた人たちのことを想像した。そしてあの駅舎は、私の想像にぴったりな姿だった。そこにおばまが暮らしていたことも。
大正時代当時のことを覚えている人は、もう生きていないとおもいますが、語り継がれていることもあるとおもいます。

新しい駅舎が出来て、後世にどんな話が語り継がれるのだろうか。

 

そして一日も早く、帰還困難区域と指定されている状況が改善され、夜ノ森で安心して暮らせるようになることを祈っています。

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

キジトラ君と出会って

先の書込みで、キジトラ猫の死体を発見してしまったことを書いた。
法律に従って、お役所に連絡をしようと電話を架けたが日曜で繋がらず。それで終わりにしてしまった。しかし気になり(コメントに書いておきましたが)深夜に現場を見に行ったら、彼の姿はなかった。

女房は「我が家にある程度の広さの庭があったら埋めてあげるのに」と言った。私も似たようなことが頭によぎった。

ところで、役所に電話が繋がっていたらどうなっていたのだろうか。たぶん担当の人が引き取りに出向き、決まりに従いそれなりのことをしてあげるのだろう。

話は変わるが、生きている猫の場合。
お役所は、現在、外を自由に出歩いてるということだけでは、生きている成猫は引き取らない。その根拠は幾つかあるらしいが、その一つに「もしかしたら飼い猫かも知れない」というものがある。飼い猫が散歩しているだけの可能性があるからだ。

深夜、現場に行き、その姿がなかったときに「キジトラ君は飼い猫で、飼い主が気が付き、連れて帰ってあげたのかな」ともおもった。
そんな想像をしたときに、我が家に連れて帰り庭に埋めたり、役所がそれなりのことをしてしまうと、飼い主さんは途方にくれるのではないか。

飼い主さんとしては「いなくなった」と認識しているだろうから、数日後にお役所に届け出るかもしれません。そのときにはもう終わっていることになっていることでしょう。そのような場合、骨は何処にあるのでしょうか。

そんなことも考えてしまいました。

 

今の世の中では、やはり「猫は外で自由に出歩かせていけない」となるのかもしれません。
長年の感覚で、散歩中に猫を見たいものだとおもっていますが、猫にとっても飼い主にとってもリスクが大きすぎるのかも。

人間の子供でさえ(夜でなくても)一人で歩かせるのは危ないと言われる世の中です。ペットも家族と言うのであれば、完全室内飼いで、お出かけは必ず人間と一緒となるのでしょうね。

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

まいすの命日に

12月9日、今日はまいすの命日。

まいすはよくお出かけに連れて出かけた。お泊り旅行にも連れて行った。
猫を積極的に受け入れている宿でも、「こんなに物怖じしない猫は珍しい」と言われるくらい何処に行っても隠れることなくお出かけを楽しんでいた。
それが出来たのも、性格そのものが第一だとおもいますが、目がほとんど見えないので何処かに向けて走って行くことがなかったことと、自分の名前が分かっていて呼ぶと戻って来る猫だったからだとおもっています。

それに比べておばまは、お出かけらしいことはしない。家から出るのは病院くらい。
おばまの目も怪しいことがある。だからだろうか、何事に対しても慎重で、自分の決めた場所・時間以外は動かない。いつもの部屋の中でさえ、決めた場所以外は行かない。

 

今日の昼食は、人間二人だけで外食した。
帰り際、区役所の中庭で福祉関係のイベントがやっていたので寄ってみた。今、調べてみたら、障害者週間記念事業「第38回区民ふれあいフェスタ」、というものらしい。

ちょうど、補助犬のデモンストレーションがあったので、途中からだったので椅子に座って観覧した。椅子席が空いていたことを不思議におもったのですが、見始めて納得。見習い犬がステージ上に上がっていて、完璧に仕事をこなすことが出来ないし、粗相をしてしまう子もいた。これでは飽きてしまうかも、とおもった。

ステージ上の人が最後に、「補助犬には、盲導犬、介助犬、聴導犬という三つが法律で定められています」というようなことを語った後に、総合司会なのか若い女性がステージに上がってきて、お疲れ様のあとに「介助犬には、、、」と補助犬とするべきところを間違えていた。
正しく情報を伝えるのが仕事な人でさえ、この程度の認識なんだなと、おもったりもした。福祉関係の中でもあまり興味をもたれない分野なんだろうな、と。

 

その後、図書館行ったり、買い物したりした後、自宅に向かい喋りながら歩いていた。
女房が「あれ、生きているのかな」というので指差す方を見たら、現在空き地になっている土地の入口に猫の死体が。一瞬寝ているのかと思ったが、既に硬直している感じがあった。
また毛並みも綺麗な姿だったが、口から少し舌が出て、口の周りが固まっているような感じだった。
交通事故に遭った後、誰かがここに移動したのだろうか。外傷は確認できなかったが、頭だけ強く打ったのだろうか。首や背中はしっかりしているように見えた。
まさかとおもうが毒餌なんて言葉が頭に浮かんだりした。
私は、キジトラだったと記憶していたのですが、女房は斑点っぽい模様があったと云っていた。

場所的にも通行の邪魔にならない場所だったし、猫を飼っている身としては、寄生虫の心配もあり安易に触りたくなかった。
しかし、日本国民の務めとして最低限のことはしようとおもった。

 

動愛法36条をご存知だろうか。
疾病・負傷の犬猫等や犬猫等の死体を発見したら、都道府県知事等に通報するように努めましょう。
だいたい、こんな内容だ。

よく云われるのが、お役所の業務時間外だったらどうすんの?
今日は日曜日、まさにそんな感じ。
念のため、東京都のセンターと世田谷区保健所に電話を架けてみた。どちらも業務時間外を伝えるテープが流れるだけだった。

とりあえず、私は法律に従った。

横たわっているのは、世田谷保健所からすぐの場所なので、たぶん明日の月曜日には対応してくれることでしょう。

 

現在、動物愛護に関わる活動は大小多々行われています。
それらの活動は必要なことだし、素晴らしいとおもう。これからもさらに広がっていってほしいと願っています。

それに対して、市井の一個人の目で日常を見たとき、「蔑ろにされている」または、各自が「している」場面を目にしてしまうことがある。

動愛法1条は以下のようなことが書かれている。

第一条 この法律は、動物の虐待及び遺棄の防止、動物の適正な取扱いその他動物の健康及び安全の保持等の動物の愛護に関する事項を定めて国民の間に動物を愛護する気風を招来し、生命尊重、友愛及び平和の情操の涵(かん)養に資するとともに、動物の管理に関する事項を定めて動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害並びに生活環境の保全上の支障を防止し、もつて人と動物の共生する社会の実現を図ることを目的とする。

青字の部分は「動物愛護の精神を広めましょう、根付かせましょう」との意味だと思うのですが、「日曜だからお休み、後回し」の現状は如何なものかとおもってしまう。

 

おばまのこれからは、部屋と病院だけで終わるだろう。外に出て交通事故など酷い目に遭うこともないだろう。
20181209_20130414しかしどうしてもまいすと比べてしまう。
それでいいのか。

こんな世の中だから、それでいいのだろう。

写真は在りし日のまいす。道徳時の参道入口辺り。
この桜の木ももう切られてしまっているかも。

時間が経つのは早いですね。

| | コメント (1)

2018年12月 3日 (月)

同行避難「訓練」のお手伝い

過日、とある区の同行避難訓練のお手伝いに行ってきました。

その区の一般向け避難訓練の中に、地元獣医師会さんがテントを出して犬の一時預かりをする(飼い主側からすると「お預け体験」となる)。私は、愛玩動物協会東京支所の一員として、そのお手伝いをさせていただきました。

一般向け避難訓練は中学校の校庭で行われ、そこには多くのテントや体験コーナーなども幾つか設置されます。よくあるタイプの避難訓練です。

勿論、参加者もいらっしゃいますので、多くの人が歩いたり立ち止まったりしていますし、なにかしらの放送があったりして、日常の町中の雰囲気とは異なります。このような中での「お預け体験」となります。

お預け体験をした犬が20頭以上。私が知る限りとても多い数です。
そのテントで(預けている間に)東京支所長が災害時のことを話したのですが、予想以上に人が集まってしまってアタフタする場面もありました。
私は(あまりの混雑で)その内容を聞くことが出来なかったのですが、災害に備えて飼い主として何をしておいた方がいいのか、そのような話だったようです。途中退席する人の姿は記憶にありません。皆さん興味をもって聞いてくださっていました。

今までの大規模災害直後の犬などの避難状況をパネルにしたものをいつも掲示するのですが、今回は熱心に見てくださった人たちが多々いらっしゃいました。

「みんな興味もってくれているんだな」と実感できたのですが「今まではそうでもなかったのか?」と自問したとき「そんなことはないはず」と答えが返ってくる。
ならば何故?、と考えると「近寄り易い雰囲気だからでは?」と、その場に居て感じた。

こちらの区ではもう何年もこのような訓練をやっている。獣医師会の先生方が主に動き、保健所の方々もお手伝いに来てくださる
「獣医師会でやっているということは持ち回り?」と考える人もいるとおもいますが、いつも同じメンバーだとおもいます。
開催日は日曜日。日曜日といえば動物病院は忙しい日のはず。そんな日にボランティアをするのです。しかも、準備も大変。犬を預かるのでケージを大量に準備します。たぶん事前のチェックをするだろうし、終われば綺麗にするだろうし。その他諸々のことを考えると、熱意なくしてできないことだとおもいます

そのような活動が何年も続き、余裕のようなものが出てくるのだと感じました。「私たち頑張ってやっています!」ではなく「まぁ、慣れればなんてことないですよ」的な雰囲気。

私たち手伝いの者も回数を重ねると、テントに来てくださった方から質問があっても質問者が理解できるような回答がお返しできるようになってゆきます。
(※ 回答は獣医師先生方や地元行政の考えを理解の下、行わなければなりませんので、その意味でもお手伝いの回数を重ねることが必要だと実感しています。)

犬を預かるには幾つかとても気をつけるポイントがありますが、手伝いメンバーの中には回数を重ねている人も何人かいるので、それも何気なくクリアしていて安心感のようなものがありました。

災害時のペットのことに強く興味を持っている方は、自主的にセミナーなどに参加し、既に情報を得ているとおもいます。
今必要とされていることは「よく分からないけど、よく分からないから、なんとなく、とりあえず聞いてみたいな」と感じている人に「今はこんな感じになっています。今まではこうでした。これからはこうしていきたいですね。だから日常からこういうことをやっておくといいですよ」程度のことを伝えることが必要だと感じています。
そのような人たちが「近寄り易い雰囲気で」「手軽に」「安心して訊ける」、そんな情報提供が必要なんだな、とおもった体験でした。

 

(おまけ)

一般の避難訓練には色々なブースが出ていたり、体験コーナーのようなものもあります。楽しそうなものも幾つもありますが、この時「へ~」と思ったのは、太陽光発電と蓄電池で日常の最低限の電気くらいは確保できるものが出ていました。まだ高価ではありましたが、電気が確保できない状況ではとても力強い存在になりそうです。

お手伝いが終わった後に、消防庁のVR防災体験車も利用してみました。
待っている間、「お金かかっていそうな車体。その価値あるのかな?」と思いましたが、利用してみて「これ、必要だ」と実感。利用前と後では気持ちが違います。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/bousai_fukyu/

他にも、地震の揺れを体験できたり、火災時の煙の状況を体験できるものなど定番のものもありました。
定番と云えば、備蓄食料の(賞味期限が近づいてきているものを)配布するのもありました。水を入れて待っていればご飯になるというもの。よくあるタイプのものではありますが、私はこのような機会がなければ馴染みがありません。もしものときに「これって、ただ水をいれて待っていればいいだよなぁ」と知っているだけでも意味のあることです。

大規模災害時など、今まで経験したことがない状況で、かつ、自分及び身近な者の身体や財産に甚大影響が出そうなときは、普通に出来ることが出来なくなります。発災直後の記憶がなくなる人も多いそうです。「水を入れて待っている」を理解するのに苦労する可能性は大きいのです。

ちょっと難しい言葉が並んでいたり、専門的にもおもえる部分もありますが、一般向けの資料としてこちらのはじめの数ページを読んでみると「そうなのか」とおもえるかもしれません。

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

TNR ではなく TVHR ~ 野猫(ノネコ)問題

先日、「御蔵島のオオミズナギドリを守りたい」という団体のトークセッションを聴きに行ってきた。

御蔵島は昔から何かと興味があった。海もそうだし地形を含め自然環境も。地形がとても特殊で人が暮らせる場所はとても限られる。今の時代でも、着岸できない日もあるらしい。人口は約300人。地形の問題上、それ以上増やすことが出来ないくらい、人が暮らすには厳しい場所だ。

その島にオオミズナギドリという珍しい鳥がいて、人間が持ち込んだ猫がそれを食べてしまうとう問題が起こっているそうだ。申し訳ないですが、その問題を掘り下げることはしません。その問題解決の中で試行している「TVHR」という手法について説明したい。

 

人間が持ち込んだ動物(ここでは猫)により、野鳥などが絶滅の可能性が示された場合、世界標準に照らし合わせると、人間が持ち込んだ動物を殺処分する(絶滅を目指す)らしい。その土地で昔から生きてきた種を保護するには、人間が持ち込んだ動物は完全に排除する。その方法として殺処分がとられるのが世界標準だという。

この日の話では、それを変えたいというのだ。
現在(御蔵島に限らず)、このような離島での野鳥保護のために、猫を「保護して譲渡」したり「TNR」したり、し始めている。「始めている」と云っても随分と前から始められているのですが、それらの活動が充分な効果が得られなかったり、活動後、マネージメントが出来ていなくて、元に戻ってしまうらしい。

 

TNRという言葉について、簡単に説明しておく。街中の野良猫などに使われる方法である。
猫を捕まえて、避妊や去勢手術を施し、元に戻す。
手術をすることで問題となる行動が減ることと、子孫を残さないので、猫の数が減ってゆく効果があり、このような活動を行い、それらの猫をマネージメントを続ければ、猫の問題は減り、数年で猫の数も減り、最後は猫が居なくなります。これは、どこでやってもその効果があることが分かってきています。
大事なのは「マネージメント」を続けられるか。しないと、猫を持ち込まれて(捨てられて)しまったり、隣町からやってきて居付いてしまったり。それらの猫が繁殖を始めれば元に戻ってしまう訳です。

 

これをノネコにやるとどうなるか。
おっと、その前に「ノネコ(野猫)」の説明をしましょう。

簡単に言えば野生の猫です。人間と関わることなく、自然の中で人間とは全く関係なく食べ物を得ています。その食べ物が珍しい鳥だったりする訳です。

この野猫という言葉は、法律に出てきます。
鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律 第二条7 で、別に定めた動物は狩猟の対象にしていいよと書かれています。その別に定めているのが鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則 第三条 に「法第二条第七項の環境省令で定める鳥獣は、別表第二 に掲げる鳥獣とする。」となっていて、この別表第二の中に「ノネコ」が書かれています。ちなみに「ノイヌ」も書かれています。
(※人間に飼われていた猫や犬が、人の手の届かない所に棲むことになり、自分で食べ物を獲るようになれば、ノネコ、ノイヌとなります。別の種類の動物がいるのではありません。)
(読み方ですが、野犬と書いて「やけん」と混同されては困るので「ノイヌ」と読ませて、施行規則でもカタカナ表記しているのかな、とおもっています。)

つまり、家庭で人と一緒に暮らしている犬や猫と同じ動物でも、その生き方によって、法律で狩猟対象とすることが認められているのです。

 

そんなノネコにTNRをやるとどうなるのか。
野生の世界では、その環境で生きることが出来る固体の数は決まってくる。広さ(行動範囲)、食料の量や質、安全な場所の確保など物理的、環境状況などによって、許容できる数が決まってくる。猫のように繁殖力が旺盛な動物であれば、その最大値に近い数で推移することになるだろう。

そこでTNRをしてみたら、TNRをした猫には、こんなことが起こるらしい。
(町中でTNRを行うと、問題行動をあまり起こさなくなるそうですが)野生では生存競争に負けてしまうのだそうだ。つまり短命で終わってします。
すると(野生の世界では許容数が決まっていますから)、そこに空席が出来るようなものです。
その空席に座るのは、TNRしていない猫の子孫になります。つまり、全体数は変わらずTNR済みの猫の数が減るというのです。そうなった場合、「効果がなかった」となる訳です。

 

そこで行われ始めたのが、TVHR
TNRは、生殖器官(精巣、卵巣)を切除しますが、こちらは(人間で云うところの)パイプカットや(卵巣ではなく)子宮を摘出します。精巣や卵巣を残すことで、それらから出るホルモンが出る状態を保つのです。つまり交尾を行いますが繁殖できない。

これが何を意味するかというと、少々ややこしいので、順番に一つ一つ理解して読み進めてください。

 

町中の猫の場合、雌は短期間に複数のオスと交尾をするようですが、これはネコ科の動物に於いては珍しい行動だとおもいます。ネコ科の動物のほとんどは群れを成しません。なので複数の雄と交尾をする機会は(町中の猫に比べれば著しく)少ないはずです。

今回問題になっているような、貴重な野生動物が犠牲になるような場所では環境も厳しく、縄張りをもたなければ生き続けることは難しいと考えられます。(そうでない現場もあるようですが。)
そのような環境に於いて(雌雄のどちらかだけが手術済みであっても)、雌猫が雄猫と生殖行動を行うと(どちらかでも手術をしているのであれば妊娠はしませんが)ホルモンバランスとして偽妊娠状態になるそうです。すると、雌は別の雄猫を寄せ付けないそうです。

例えば、雌側が手術していなかったとすれば、手術済みの雄との繁殖行動により、偽妊娠状態になり、他の雄との繁殖行動の機会を(偽妊娠の期間は)少なくすることになるそうです。

さらに(精巣や卵巣が残っているので)手術済みの猫が淘汰されてしまうこともなく、全体に占める手術済み数が減ることもない

町中だったら問題になる行動も、人間が関わっていない場所ではないので、問題にはならない。

 

このように良いことずくめのようにおもいますが、直近の問題は、今までそのような手術をしてこなかったので、その手術に慣れている先生がとても少ないそうです。
しかし、今回お話してくださった太田先生がその比較的簡単に出来る方法が分かったとのことで、それを広めたいとも仰っていました。

また、単純な問題として厳しい自然環境の中なので捕獲も簡単ではないし、マネージメントも町中のようにはいきません。

「これから」の手法のようです。

 

既に海外での研究や活動が日本語記事になっていました。
こちらの記事の対象は、ノネコではなく野良ネコです。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8278/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧