2017年5月15日 (月)

ヒトの傍らで – シナントロープから見た世界

タイトルの展示を見てきた。今日で終わりなので誰のお役にも立てません。備忘録として。

説明はこのあたり。
http://fireside-essay.jp/miyazaki/bird/704.html
http://www.miyazakigaku.net/kouen/675.html

昨日(2017年5月14日)のトークショーに行こうと思ったのですが、メールのトラブル等で諦めました。今日も行かないつもりだったのですが、どうしても行きたくて無理に行ってきました。

 

人が暮らす地域で生きている野生動物の写真展です。
新宿のネズミやアライグマの写真もあれば、かつて多くの人が暮らした鉱山跡地もありました。高原の(もちろん人間用の)遊歩道での写真や福島県の人が暮らさなくなった場所や仮設住宅近くの写真も。
「こんな所にこんな動物が!」という写真がいっぱい。東京の国立インター近くにキツネが歩いている写真もあれば、遊歩道には色々な動物が姿を現しています。昼間、人間が何気なく歩いている場所に

多くの写真は定点カメラ(というのかな。据え置きで自動でシャッターが切れるようになっている)で撮影されたものだと思います。動物たち(時には人間も)の日常の営みが写されています。驚きや力み(威嚇など)がない。誤解を恐れずにいえば「可愛い」。福島県の人が住まなくなった民家に出入りする動物たちの表情は、「今日もちょっと寄らせてもらいますよ」という感じ。イノシシでさえ可愛く見える。

それらの写真に付けられている短いコメントが客観的で、ときに奥深く興味深いこともある。命が繋がっているこの世界を感じている人だから書けるコメントだ。

 

タイトルの「シナントロープ」については、冒頭のリンク先を読んでいただきたい。
それと関連することとして、上記から以下を引用させていただきます。
================
木を一本切っただけでそれを「自然破壊」だと非難してしまうのではなくて、その木がそれまで何をしてきたのか、切られることによって環境がどう変わっていくのか、そこまで考えながら自然を見つめてみることがイマの私たち人類には必要なことではないのか、と感じます。
================

感情から訴えるだけではなく、まず客観的な事実を集め分析し理解し、その結果からこれからのことを考える。

多様性が認められるイマだからこそ、無用な意見の対立を生まないためにも必要なことだと思いました。

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

3月の「犬とゆく」

東京の桜も満開ですが、寒さを感じる北風が吹くこともありますね。
犬とのお出かけにいい季節ですが、この季節でも車の中に残すと命に係わることもありますので、気を付けてあげてください。

 
3月の公開は4件。通算13件。
今年も週一のペースとなっていますhappy01

 

では、3月の公開記事。

southcafe
下田市吉佐美にある「犬連れも断らない」お店。ドッグカフェではない。それで長く続いているお店は、お店の人のお人柄も食事も素敵なことが多い。
私はここを利用したことありませんが、たぶん、ここもそうだと思います。
観光地にありながらボリューミーというのは嬉しい。

アザセボラ
西伊豆、大瀬崎にある、こちらも「犬連れも断らない」お店。投稿者が利用した時は、なんとテーブルにコタツ!、それで犬連れもOK!。立地もユニーク。そして絶景。
コーヒー他ドリンク類とケーキなどがメインのお店のようです。高速に乗る前、降りて一息つきたい時など、寄るといいかも。

伊豆テディベア・ミュージアム
伊豆高原にあるテディベア・ミュージアム。館内は広そうです。テディベア以外の展示もあります。
小型犬のみ、ケージに入れるか抱きかかえていれば入館OK。条件があったとしても入れていただけるだけで嬉しい。
ふわふわのぬいぐるみなどが多数展示してあるので、抜け毛には気を付けたいものです。

和山海料理 宇賀神
伊豆高原、城ケ崎近くにある和食屋さん。投稿にメニューの写真がありますが、定食メニュー多数。丼物も。海の幸を使ったもの中心。投稿を見ているだけで美味しそう。価格もリーズナブル。
こちらも「犬連れも断らない」お店。ドッグカフェなど犬連れ専用のお店ではない。

 

犬連れも断らないお店が増えてほしいものです。
お店側とはご苦労多いこととおもいます。その苦労を少しでも減らせる飼い主さんが増えてほしいと願っています。

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

2017年3月30日の紀尾井ホールのコンサート

コンサートに行ってきた。
誘われて行ったのですが、事前にタイトルも内容もよく確認できませんでした。分かっていたことは、鈴木直樹さん率いるビッグバンドと山下洋輔さん、日野皓正さんなどが出るということ。プロデュースは神津善行さんらしい。
ホール発表のスケジュールをみても「戦後、若者を熱狂させた ビッグバンドジャズ」とタイトルがあり、出演者は、「神津善行(お話),鈴木直樹とスイングエースオーケストラ(Orch),高橋薫子(Sop) 」だけで、曲目は未定となっている。

事前に知らされていたことはもう一つありました、6,000円の席であること。
山下さん、日野さんが出るのだからこんなものだろうと思ったのですが、終わってみての感想は、「これって10,000円クラスの内容では?」。

もしかしたら、ブログなどに書いてはいけないコンサートだったかもしれない。もし消えても不思議がらないでください。

 

ホールに入る。プログラムを渡される。そこにはタイトルは書かれていない。
直前だったのでチケットは会場で受け取った。チケットには、「ビッグバンドによる戦後直後のジャス・コンサート 再現」とある。
プログラムには音楽のことはほとんど書かれていない。曲目とメンバーの紹介が書かれているが、曲目も「確定ではありません」とある。何が書いてあるかと言うと、神津さんのコラムような内容の文章がある。戦後のジャズについてがメインですが、なんともくだけた(個人的な?)内容のものもある。このコンサートはもう何年もやっていて、パンのお土産つきということも書かれていた。

ますます、「なんなんだろう、このコンサートは?」と。

紀尾井ホールは初めて来た。入って吃驚。ここでジャズやるの?。鈴木さんのバンドだから問題ないだろうけど、と。

一曲目、ムーライト・セレナーデの音が出た瞬間、「うぉ~~~」と思った。プレーヤーが紡ぎだす音色がそのままやってくる。職人達の音が気持ちよく楽しませてくれる。久しぶりに、ガンガンの音楽で眠りそうになった。全部が生だから。音も生ならリズム生。まるで動物と触れ合っているようだ。心から、心地よく興奮させてもらいました。
この時点で、「うんうん、6,000円は安いね」とは感じていました。

二部が始まり、ゲストが次々出てくる。みんな凄い。演奏がどうのレベルではない。楽しい。音楽がどうのでもない。わくわくする。気が付くと、手拍子をし、足を踏み鳴らし、奇声を発していた(隣の人、ゴメンナサイ。たぶん耳が痛くなったと思います)。

特に山下さんの演奏は凄い。噂には聞いていましたが、光を放っているようでした。大勢の大人の中に子供が一人入り、その無邪気さで周りの大人を巻き込み、その一面が暖かい光に包まれるような感じ。
対する日野さんは、次にこうくるなと思ったときには既にきている、という感じ。こちらに光を当ててくれるのですが、こちらが予想する一瞬の間にこちらが期待しているものプラスアルファの光をあててきている。はじめは駆け引きっぽいものを感じましたが、身を委ねておけばいいんだ、となった。
お二人による「俳句」が凄かった。山下さんが出すお題に日野さんが答える。答えに対して山下さんが評する。そんな感じ。壮絶でいて繊細、滑稽でいて超真面目。後から考えれば超絶技巧なのですが、そんなことを考えさせない楽しさ。理論的なことなんて全く頭から抜けて楽しめるだ(なので奇声を発してしまうのだが・汗)。

そんな曲もあり、盛り上がってゆき、最後は鈴木さん定番のシング・シング・シング。大盛り上がりでプログラム終了。

で、アンコールなのですが、神津さんが「ここでレクイエムを」と3月3日に亡くなった友人に送る曲がありました。

 

このコンサート、若い人にも来て欲しいと思いました。若いというのは私世代も含まれます。客席を見ると、多くの人は70歳以上だろうと思われます。皆さん、お洒落。フォーマルの人もカジュアルの人もその人の雰囲気を出している。比較的後ろの方の席だったのですが、お客さんの頭を見るだけでお洒落そうな感じの人ばかり。ホールの雰囲気に負けていない。ステージ上の人たちも皆さん、お洒落。進行役の神津さんは特に紳士然としていました。
そんな会場で、神津さんは、ご自身が戦後体験したこと、感じたこと、後から調べたことなどをお話になりました。中には政治的と解釈できる内容もありましたが、ここではみんなが同じリアクションをする必要はありません。神津さんも個人の記憶、感想、考えとして語り、押しつけは感じません。あくまで個人の話として聞くことが出来る内容です。
戦争というものがどのようなもので、戦後の日本がどのような状況で、そこで生きていた人たちはどうしていたのか。そこに入ってきたジャズ。それは奇妙な立ち位置。そんな話と(直接的ではなく想像を巡らせなければ分からない程度の)戦中戦後の苦労話。実名が出てくる楽しい話。
そのような話もありながら進行してゆく。そこには出来るだけ当時の構成にしたビッグバンドの演奏。(神津さんは「楽譜があるのでジャズ・オーケストラと呼びました」と説明していた)。音楽にも感じるものがありますが、神津さんのお話にも心に湧いてくるものがありました。

私より少し上くらいから、コンサートはみんな一緒(観客同士も)にグルーヴするものという印象がありますが、ステージから発せられる光は同じでも、受け取る方はどう受け取ってもいいという余裕がある。どう受け取るかは観客個々次第ですが、ステージからはっきりと伝えるものがある。それは言葉に拘束されていない。それが確かにある。
最近の音楽に感じる物足りなさが何だったのか、このコンサートに行って理解できました。それは「生」。楽譜以上のもの。演奏以上もの。生きものとして伝わるもの。個々に対して伝えるもの。そういうものだと気が付きました。

やっぱり「生」っていいよね。

会場を出る前に、しっかりパンをゲットしました!

 

家に帰り、いつものように女房の前に座っているおばまを見た時、いつもよりも威厳に満ちて見えました。
ある日突然人間が消えた町で、一年半生き残ったおばま。色々間違っているのではと思うことが多々ありながらも、今でも生きることだけに執念を燃やしているおばま。その生き方は充分すぎるほど伝わっています。

20140330a  20140330b_3

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

新しいワタシの見つけ方(DVD)

映画というかDVDの感想文です。

日本語タイトルは、「新しいワタシの見つけ方」。
英語のタイトルは、「EMMA'S CHANCE」。

タイトルで検索したら、先頭に出てきたのはこのレビューページ
https://filmarks.com/movies/69700

スターチャンネルでの紹介ページ
http://www.star-ch.jp/channel/detail.php?movie_id=25496

 

主人公(EMMA)はアメリカの女子高生。進学のこと友達付き合いことなど悩んでいる時に、ちょっとした失敗をし、罰として馬のレスキュー施設のお手伝いをするようになり、周りを巻き込みながら人間的な成長をしてゆくストーリー。

「レスキュー施設」と言っても分からない方もいらっしゃると思いますので簡単に説明します。
助け出して保護する施設です。犬や猫にもあり、そちらは日本にも定着しつつあります。捨てられり、酷い飼われ方をしている動物を保護し、心身のケアを施し、新たな飼い主を探します。

わざわざ英語のタイトルを書きましたが、馬にとってここに入れることはチャンスです。主人公にとってもチャンスだったのです。日本語タイトルってヘンなの多いと思いますが、これもその一つ。でも、レスキュー施設なんて日本の人には分からないので、このタイトルが妥当なのかも。
馬にとってチャンスだと分かるシーンが幾つか出てきますが、ほとんどの人には分からないと思います。(メキシコ産馬肉というタイムリーなネタも出てきます。)
この映画を観ていておもうことの一つは、日本と欧米の文化や歴史の違い。

日本に於いてペットの代表格は「犬と猫」ですが、世界標準(といっても歴史的にみれば欧米白人社会と言うべきかも)では、「犬、馬、猫」です。
場所によっては、野良馬が居たりします。映画の中にもそんな話が出てきます。

よくボランティアとか寄付の歴史が違うということを言う人がいますが、この10年くらいはネットの普及もあり、日本でも寄付の感覚が根付いてきたと思います。歴史は違いますが、寄付という形が手軽に出来るようになってきたことを実感されている方も多いのではないでしょうか。
この映画の中では、資金集め(のお礼?)のパーティーが出てきます。これは日本には定着していませんね。これは感覚の違いなのかも。

この映画の話は実在の施設をモチーフにしたそうですが、やはり資金集めが必要になります。
映画を観はじめたときにレスキュー施設とは知りませんでした。施設のマークに Rescue の文字を見て「えっ?」と思いました。そして施設の規模を予想して、「日本だったら月にこれくらいは必要だろうな」とか考えて「日本じゃ無理」と思ったものです。馬房(馬小屋)の広さからして「いいな~」と。動物福祉ってやつですね。ヨーロッパの馬房を写真やビデオで見ていますが、それらと比べるとこの映画のサイズは一般的です。日本のよくある馬房と比べると「なんと羨ましい~」と感じます。馬房の広さ以外にも色々ところで「最低限」の感覚が違うな~、と感じました。
そんなことを気にし始めたら資金難にもなるだろうなと思ったりしました。

そんな話は改めて書くことにして、乗馬の話
ド素人の主人公が上達してゆく姿がなかなか良かったです。それが分かるようになっていました。(スタントの人を使った最後のシーンは綺麗すぎる感じはありましたが。)

私の感想文を読むと小難しそうにおもえてしまうかもしれませんが、気軽に観ることが出来る映画です。たぶん子供も見ることを想定して作っていると思います。
構えずに馬のレスキューのことを知ってもらいたいのではないかと思います。アメリカでも馬をペット出来る人は一握りだし、都市部で馬に触れる機会はほとんどないでしょうから、「馬との付き合いって難しんだろうな」と思っている人がほとんどだと思います。少しでも多くの人に、馬の問題と馬の素敵な部分を伝えたくて、このような映画を作ったのだと思います。

私自身、経験なしに馬の仕事に就いて、この女の子のように「馬っていいな」と思ったものでした。人間社会の中での馬について、少し分かってくると何かと考えてしまうこともありました。
私が馬の仕事をしたのは 30年以上前ですが、当時の日本にも馬のレスキュー団体はありました。しかし、その存在を知らせるだけの力もなかったような印象でした。日本の野良馬(捨て馬ですね)の存在を訴えても信じてもらえないし、ほとんどの人は「私には関係ない」という感じでした(当時、競馬が流行っていましたけどね)。
 

おっと、また小難しい話になって申し訳ない。
気軽に観てほしい映画です。馬が好きでなくても見て欲しい映画です。

日本の動物愛護もこんな感じの活動(映画作り)をしてくれたらと常々思っています。小難しいことは後回しでいいと思います。(オマエが言うな!、と言われそうですが・苦)
動物とのふれあいはいいものだ、からでいいのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

先日お知らせした狂犬病のセミナー

先日、お知らせした狂犬病のセミナーに行ってきました。

よくある、教科書に載っている世界の分布や数字、人、犬、などの症状の紹介などは当然するとして、実際にこんな例があった、この国ではこんなことをやっていて、結果こうなって、さらにこうしたらこうなった、気になったから現地まで行って現地の先生に話を聴き、街の中の様子を見てきた、など膨大な情報をいただいたのですが、記憶力の弱い私にはほとんど頭に入らず。

また、多方面から膨大な情報を得ているからこそ言える、「だからこう考えるべきでしょう」と、教科書に載ることはないだろう考察も多々ありました。

そんな、ちょっと知っていたり珍しい情報が並んだとおもったら、狂犬病予防法の話になる。(後述しますが)この法律はよく出来た法律と考えるべきと説明されて、「そうなの?」と思ったり。

知らないこともありましたが、知っていることも大事な情報が抜け落ちていることを思い知らされたり。

聴いていて感じたことは、「頭では分かっていても、自分も平和ボケしているな」ということ。
客観的な数字や海外での出来事、各国や地域の情勢などを聴いていると、清浄国(狂犬病が発生していない国)である日本にいる自分が、少しは世界的な視野で、狂犬病を見ることが出来るようになった気分になりました。

とにかく情報量が多いのでブログでほとんどの話は書けませんが、よく話題に出ることと象徴的な話を書いておきます。

(お断り)
以下に書く内容も、これだけではなく、細かい捕捉が多々ありました。なので、私の記述では不充分で誤解を招く可能性もあります。より正確な情報、詳細な情報が欲しい方は、今回の講師、佐藤克先生に講演をお願いすることをお勧めします。今回のセミナーの最後に、「少人数であっても出向きたい」とのことでした。

 

(よく話題にでること)
何故(日本では)猫に狂犬病の予防注射を打たないか

主な理由は、「人間の死亡例の感染源は、99%が犬だから」。
そして、猫は(少なくとも日本では)感染環に入らないから。

感染環とは一般的な感染経路。それがぐるぐるまわっているから病原体は次世代を残し続けることができる。一種の動物で感染が続くこともある。狂犬病の場合はそのパターンのようでした。
つまり、日本に於いては(人間同様)猫は、他の動物に狂犬病を感染させることは、通常ではないだろうとされています(たまに人間に感染させることはあった)。

※現在の犬用予防注射は猫にも使えるそうです。

 

(象徴的な話)
昭和25年に狂犬病予防法が出来て(8月26日公布、公布の日から施行)、昭和32年に広島県で狂犬病と断定できる猫の記録を最後に、国内発生、感染の記録がない。なぜ7年で根絶できたのか。

この猫の例が報告された時に、「これが最後」とは断定できる訳もなく、また、その猫を噛んで感染させた犬が、その時いたはずですが、それは発見されていません。「また出るのではないか」と多くの人が考えていた。もう出ないだろうと感じ始めたのは昭和40年台に入ってから。
後から思えば、7年で、ということになるということですが、大きな要因は3つだと考えられる。

1.狂犬病予防法がよく出来ていた
2.国民がそれを守り、実行した
3.野生動物での発生や流行がなかった

現在、2.がそのような状況ではないことが、時々話題に出ます。法律では全ての犬に予防接種を義務付けていますが、(実際の飼育頭数が分からないのでなんとも言えませんが)接種率は30%くらいなのではないかと言われることがあります。WHOでは、狂犬病の流行を抑制するには70%の接種率が必要とされています。

世界の多くの地域では、野生動物(人間と関わらずに生きている犬なども含む)が感染源になっています。北米では、野生のコウモリが狂犬病になり、パタパタ苦しんでいるのを猫がいたずらし、噛まれ感染。その猫が人間にうつすというケースもあるが、それが分かっている地域では、猫にワクチンを接種したりしている。
そんなコウモリが可哀相と手を差し伸べて感染した女性(当時高校生)もいた。この女性は、完全な狂犬病と断定しにくい症例だったが、発症後生還した数少ない人の一人。その方は後に獣医師になった。(「完全な狂犬病と断定しにくい症例」というのも興味深い話でした。)
野生動物(人間がコントロールが困難な動物)間にて感染が続いてしまうと、清浄国になることは困難。
お隣の台湾で、イタチアナグマの感染が確認されましたが、その後の調査で随分と前から(発生していたであろうではなく)流行してきただろう、という状態だそうです。

 

その他、改めて聴き、「そ~だよな~」とか「ひえ~~~」とか思った話として、日本がEUを実質的に非清浄国扱いにしたこと、インドネシア政府がバリ島で行った対応、内陸保税蔵置場での問題、など。日本に来るロシア船籍の船が減った話も興味深った。

世界的に見れば、狂犬病の記録は、3,000年前くらい前からあるそうですが、今の科学をもってしてもよく分からない病気だそうです。
狂犬病ウィルスにとって、やはり犬が一番居心地がみたいで、人間に感染することは(ウィルスにすれば)予想外なのか感染後のパターンが多々あり、感染(噛まれた)から発症までのことはよく分かっていません。噛まれたからと言って、必ず感染するとは限らないのかもしれないし、感染していないように見えた犬が感染させることが出来る状態(前駆期前の2~3日)だったいうこともある。
とにかく、よく分からない病気で、噛まれて発症してしまえば、まず助かりません。命はありません。

そんな病気だからこそ、国民をあげて予防し、清浄国であり続けたいものです。

 

幾ら書いても、聴いた話のほんの一部のような気がします。ほんと盛り沢山でした。
これだけの情報を集め、惜しげもなく伝えてくださる佐藤先生、ありがとうございました。また、このセミナーを企画された東京支所にも感謝します。運営に携わった皆様、ありがとうございました。

取り急ぎ、書き留めた程度のないようでした。

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

狂犬病についてのセミナー(2017年3月12日)

今度の日曜日(2017年3月12日)、こんなセミナーがある。(こんな直前に書いても、行けない人が多いと思うけど。)

https://www.jpc.or.jp/tokyo/archives/2286/

タイトルは、「ひとと動物の共通感染症-恐ろしい狂犬病(仮題)」。
主催は、「公益社団法人 日本愛玩動物協会 東京都支所」ですが事前申し込みは必要ですが一般の人も参加OKです

申し込みの方法は、こちらのページにあります。
協会会員でない方、管理士でない方は、会員番号、管理士 1級・2級は、不要です。
一般の方は、こんな感じになると思います。
 


件名:
ひとと動物の共通感染症-恐ろしい狂犬病(仮題)

本文:
ひとと動物の共通感染症-恐ろしい狂犬病(仮題)参加希望
お名前
連絡のつく連絡先電話番号


 
メールメールアドレスも書いた方がいいと思いますが、メールで送るのですから分かることでしょう。
これだけ書いて、上記のページに書かれているメールアドレスに送ればOKのはず。
たぶん、まだ定員になっていないと思います。

 

狂犬病について、おもうこと。

今の時期になっても(仮題)というのも如何なものかと思いますが、それくらい扱いが難し問題なんだと思います。

何故わざわざ宣伝するかといえば、狂犬病についての基礎知識がないまま、ネット上に無責任な書き込みが、年に1~2回盛り上がることがあるから。
今年に入って書いた昨年日付のブログにも書きましたが、特定の情報だけをもってきて、狂犬病全てに通用するような書き方をしている人の発言が、Twitterなどを中心に拡散される。

上記ブログにもありますが、知っているつもりだった私も、ちょっと本気で調べれば(ネットじゃなくて書籍とか携わっている先生に伺えば)、あまりに無知だったことが分かるし、世間一般で言われているような単純な病気ではありません。

今回のセミナーの講師の先生は、狂犬病臨床研究会という(教科書の中ではなく)実際の狂犬病についてリアルタイムで情報収集している団体の会長さんでもあります。
 

今回、講師の先生がどのような内容にスポットを当てるのか分かりませんが、狂犬病がない日本に(お隣の台湾のように)狂犬病が入ってきてしまったら、犬や猫、そして現在は放置に近いアライグマなどに対する接し方が変わります。その対象は、レスキューした犬や猫もです。

さらにワクチンのことをちょっと突っ込んで調べると、「これは気軽に語ってはいけない」ことに気が付きます。

幅広い意味で恐ろしい病気、狂犬病。
今度の日曜日のセミナーは、その基礎知識を得るいい機会だと思います。

ご興味ある方は、是非!!

| | コメント (0)

2017年3月 7日 (火)

花森安治という人 と 1986年という年

20170307a先月、中旬だろうか。世田谷美術展にて「花森安治の仕事」という展示を観てきた。こちらよりもサブ展示的な「ぜんぶ1986年」に興味があり、行くことにした。

右の写真は、つい先日、世田谷区内の南の方(九品仏あたり)を歩いていたときに見たポスター。このポスターを見て、ブログに書いておこうとおもった。

 

まずメインの花森安治。
入ってすぐに「暮らしの手帳」の編集者であり、「暮らしの手帳社」を作った人ということが分かった。1911年(明治44年)生まれ。大学時代に結婚、戦前から広告関係の仕事に従事し、太平洋戦争時は召集されるが疾病で除隊。終戦まで大政翼賛会関連の仕事として国策広告に携わる。「欲しがりません、勝つまでは」などを、国民に広める仕事だ。

ある程度進んだところで、この人をモデルにした連続テレビ小説が近年放映されたことを知る。この人のビジュアルには映像にしたくなるものがある。明治生まれの人が、長髪だったりスカートのようなものを身に着けていたりする。顔はがっしりと如何にも男性。今では珍しくありませんが、当時はとても珍しかったのではないでしょうか。

私は「暮らしの手帳」なる雑誌がどういうものか知りませんでした。この展示で知り、驚いた。狂気ともおもえる数のテストをする。山のように積み上がったパン、行列で行進するベビーカー、石油ストーブを倒して部屋を燃やしてみる、などの写真は圧巻だった。

そして仕事の量、質も圧巻だ。テストだけではなく、文章を書き、絵も描く。文章を書くために取材し調べ深く考察している。絵を描くにあたっては対象選び、デザイン、その意味など多角的に考えられていることが分かる。強く伝わってくるのだ。

個人の日常だけでなく、社会問題にも言及していた。今でいうところの待機児童問題の記事があった。今も昔も変わらない。その他、政治批判的な記事も多々あった。
 

何度も出てくる「一銭五厘の旗」。一銭五厘とは召集令状の葉書についている切手部分の額面表示とのこと。召集された時に「お前らの命は一銭五厘しかない」とか言われたことからだとか。

戦争を憎んでいただろうと思われますが、皮肉なことに、戦中、「質素倹約」「ご近所さん同士助け合い」などを宣伝した彼が、同じ内容のことを訴え続けることになる。こんなところにも、強靭な精神を感じた。

 

この展示の世界は、情報が行きわたるようになった現在とは違う世界であり、この展示の世界を好む自分は時代遅れなのだろう。
今の世の中、「結果」だけが重要であり、そこからの(感想というより)感情で議論がなされる。現在の商品のテストはもっと簡素だ。各製品に使われている部品や組立方法などのデータから数値が算出されて評価が決定される。それだけ情報が既に収集・集計され、それらをどのように計算すれば良いのか確立されている。

この展示の世界では、理屈や計算はない。実際使い続けた結果が全て。
テストには多くの人、物が関わっていることを感じる。ふと、商品が出来るまでにも多くの人や物が関わったのだろうと想像する。

そんなことを感じるのは時代遅れの人間だろう。
私は学生の頃、工場でアルバイトをしたことがあります。ラインの左右には多くの人が配置されていました。今の工場の中にいる人数は当時とは比べ物にならないくらい少ないらしい。ほぼ無人の所も珍しくないとか。

20170307b今の世の中は、数字や思想によって人々が行動していますが、その行動の中にも人と人との直接の関わりは希薄になっている。

私は、個々の生活のありようや関わり方を大事にするべきだと考えてきましたが、そこにはもう後戻りすることはないのかもしれない。
その代償行為として、ネット上のコミュニケーションやペットの存在があるのかも。

この展示は、4月9日まで。

 

もう一つの展示。ぜんぶ 1986年。
入ってすぐの絵画やオブジェは、「おっ、抽象だけど私にも分かりそう!」とちょっとアートな世界を期待しつつ、大きな部屋に入ると、分かり易く楽しい展示が多い。
赤瀬川源平と松田哲夫で企画した「路上観察学会」は楽しい。1986年の東京はこんなだったのか!、と記憶をたぐる。向井潤吉の作品はびくともしない精神を感じる。日本はいい意味で変わらない、変わらないでほしい。横尾忠則には向井潤吉と真逆のものを感じる。日本も日本に囚われていてはいけない。
大きな部屋から出て小さなスペースに、北大路魯山人。これは気軽に楽しむ感じではありませんでした。腕組みし、う~ん、、、と唸って(悩んで)しまった。

1986年はバブル。世田谷美術館もあの時代だからこその造られたのかも。
デザインの選定は、設計図ではなく設計者を選定する方式だったとか。

ミュージカルのキャッツや漫画のホワッツ・マイケルが流行っていた。流行語としては「新人類」なんて言葉もあった。チェルノブイリの原発事故、三原山の噴火があった年。

バブル。高度成長期の終焉を決定づける最後の花火。経済の中心が金融になった時代。人と人との関わりよりも数字を優先しなければならなかった時代。

30年も前。あれから大きな技術の進歩を感じますが、人間の感性など根本の部分ではあまり進歩していないようにも感じました。

私が進歩していないだけかな。

 

こちらも、4月9日まで。

| | コメント (0)

2017年1月 7日 (土)

さよなら、にゃんこ先生

かつて福島のある場所で、にゃんこ先生と呼ばれていた猫が最近この世を去ったそうだ。微妙な立場の猫だったので詳しいことは書きませんが、多くの人が知っている猫ででした。
彼の存在は根本的な問題を投げかけていた。彼はそのために彼の地に現れたのではないかと私は感じていました。
その問題は、一時期大きく取り上げられました。しかし、多くの人はもう忘れているようなので敢えて書いておきたい。

 

東日本大震災が起きて、動物救援本部が義援金を集めた。その使い道は、「飼い主とそのペットのため」であり、野良猫・野良犬には使えないということで問題になった。確かに当初からそうなっていた。

原発災害という特殊な災害が起こり、立ち入りを厳しく制限される区域が設定されるという今までにない状況が発生した。入れないのなら、そこから動物たちを出せばと考えるが、立ち入りは禁止されているし、その動物が被ばくしている可能性もある。その他、諸々の事情で簡単には出せなかった。そして同じことが今も続いている場所が今もある。

その中に取り残された犬や猫の内、飼い主がはっきりしているものは、はじめの一年くらいでほとんどいなくなっただろう。そうなると、立ち入りを制限されている区域の動物たちに、救援本部が集めたお金を使うことはルール違反になり、使えない。

しかし、お金や物を送った人たちがそんなことまで考えただろうか。救援本部も原発災害後のことを考えただろうか。つまり、想定外のことだったのだ。それに対応できなかったのが問題だと、私は考えている。

 

ところで、そもそも何故「飼い主とそのペット」となるのだろうか
それは、私たちが暮らしている社会は人間社会であり、その基本ルールは、当然のことながら人間社会のことを考えてつくられているからだ。

よく、「命は全て優先する」との考えで全てを解決しようとする人たちがいますが、「命」だけでは説得力がありません。

「あなたは蚊も殺しませんか?、害虫、害獣を殺さずに心地よい暮らしができますか?、また、生きてゆくためには(植物を含め)命あるものの一部をいただいて生きているのではないですか?、命を奪わずして生きてゆけるのですか?」

「命」とだけ言われてしまうと、このように感じる人は多いのではないでしょうか。ここまで具体的に考えなくても直感的に「何言ってんの?、それが判断基準?」と首を傾げる人もいるでしょう。「命」を理由にするのであれば上記の問いに答える必要があるでしょう。

 

人間社会のルールは、人間の利益に適うものでなければなりません。そこから逆算するように考えれば、最も分かり易い現実的な言葉は「飼い主とそのペット」ではないでしょうか。

さらに、「人間の利益に適う」視点での議論が深まれば、地域社会に及ぼす影響の視点から、飼い主がいない、または、いるかもしれないけど不明な犬や猫についても、人間社会がどのように責任を持つべきかの規定が出来てくるでしょう。

そのような取組みが行われることを願っています。

 

義援金とは被災者(人)に直接届けられるものである。その考えからすれば、救援本部の考えも(あまりに杓子定規だけど)間違ってはいないことになる。
あの件で強く疑問を抱いたのは、当初の規定を考え直すことが出来なかったこと。結果的に出来ないとしても、充分に議論し、その過程を(議事録などで)公表してほしかった。

将来、大規模災害が起こったときに、飼い主不明な動物たちの救援・救護・救助は、数々のボランティアが各自の判断で行うことになるのだろうか。

 

にゃんこ先生が伝えたかったことは、飼い猫ではないけど人々に愛される猫やその他の動物の在り方(人間側の責任の持ち方)をもっときちんと考えるべきであると、私たちに伝えにきたのではと、私はおもっています。

にゃんこ先生、さようなら。
私はあなたのことを忘れません。

もし私の考えが間違っていたら、空の上からご指導・ご鞭撻よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

ばまちゃんの 2016年

とっても後書きの記事です。書いているのは、2017年に入ってから。今年(2016)の暮れに、「書いておきたい」思った内容の一つです。

 

2014年7月、我が家にやってきたとき「たぶん7歳くらい」と言われたばまちゃん。2014年は(物理的な)この家に慣れるので精いっぱいだった。2015年、人間に近寄ることが出来るようになった。しかし、唐突に噛みついてしまう。「歯をあてる程度」ではなく「噛みつく」。それももちょっと違う。「噛み締める」、力を込めてギリギリと。そして振り回す。
しかし本人は攻撃や威嚇の意識はないようです。身についてしまった日常の動作で、今更簡単には直せないみたい。
未だに「しゃー!」と言うこともあります。それは決まって食事の前後。たぶん「早くくれ!」「もっとくれ!」なのでしょう。

 

彼は原発災害により、人が住むことが許されなくなった土地で保護された。
原発災害が起こったのは 2011年3月。捕獲されたのは 2012年9月。推定年齢からすると、原発災害時、既に成猫になっていたことになる。その頃、道行く人に「しゃー!」と脅しをかけて食べ物をもらっていたのだろうか。本人としては、甘えているつもりで。
とにかく今でも、「噛み締める」と「しゃー!」は(だいぶ柔らかくなりましたが)やめることはない。

それでも、2016年、ばまちゃんの大きな変化があった。「食べ物は人間からもらうもの」と理解したと思われる。
それまでの彼は「この時間にこの場所に食べ物が出てくる。なければ諦める」という感じでした。「しゃー!」も要求というより、高い確率で出てくるパターンと認識している感じ。なので、食事前後の「しゃー!」では手や口が出て来たことはない。
つまり「人間が出してくれる」とは思っていないようだ。このパターンならば出てくる確率が高い。出てこなければ諦める。人間に要求はしない。

それが、こんなことを覚えた。
https://twitter.com/akihisayuge/status/828567162537144321

ばまちゃんの日常は、自分が暮らしている部屋から出ることはほとんどない。冬は特に。ほとんど時間をカマクラで過ごす。そんな彼を憂い、晩御飯のあとのデザートを台所であげるようにしている。毎日決まった時間だけですが、台所に来れるようになっただけでも大きな進歩。さらにこのようなことが出来るようになりました。「ねぇねぇ、もうないの?」という感じのコミュニケーションを覚えた。

これが2016年最大の進歩だった。

しかし、このビデオを撮るのにも苦労した。テーブルの上で私が撮影しようと構えていることを察知し、上がってこなくなる。このような能力は信じがたいほどである。
何事にも慎重なばまちゃん。私が動けば部屋まで戻ってしまうこともある。食べるものがもう出てこないと判断すると戻ってしまう。
出来るだけ部屋から出て欲しいので、デザート前にも台所で少し食べ物を与える。それは人間の食事前から始まる。人間の食事は女房が作るので、人間の食事前に私が台所に立っていることはほとんどないのですが、たまに料理をしたりすると、ばまちゃんは台所に入ってこないこともある。私が席に着くか居なくなるまで姿を消す。

 

ばまちゃんは、原発から数キロ離れた夜ノ森駅辺りで捕獲された。
https://www.google.co.jp/maps/@37.3440374,141.0104522,14z?hl=ja

同じときに捕獲された猫もいたとのこと。2010年3月の原発事故時、何匹の猫がここに居て、その後どれだけ産まれ、そしてどれだけ生き残り、2012年9月に捕獲されたのか。
事故前も捕獲されるまでも「サバイバル」だったのだろう。これくらい慎重かつ確実に口に入れなければ、生きていけなかったのだろう。

原発の周辺、人が暮らすことが許されない場所に今も猫たちが暮らしているそうです。場所によっては猫以外に、イノシシ、タヌキ、キツネ、アライグマなども多いと聞きます。イノシシが闊歩している今の状態では、とても人間が住める環境ではありません。
これらの地域に人間が戻ってくるとき、これらの動物はどうなってしまうのか。

発災からもうすぐ6年。原発災害は終わっていません。
おばまが我が家に居る限り、そんなことを考えてしまう毎日です。

もしかしたら、そう仕向けるために、彼は人間と上手くやってゆける猫にならないのかも。

そういえば、忘れていたことがありました。1年くらい前までは、噛むだけではなく、爪をしっかり刺してくることが日常的にありました。引っ掻くのではありません。真ん中の指の爪だけしっかり出して、バン!と叩くように押しあてる。爪がしっかり入ったらギュッと握る。
もちろん痛いし、大量に出血することもあるのですが、深く刺さりますので治療まで長引くし、中に塊のようなものが残ることもある。

こんなことは忘れさせてくれるばまちゃん。しかし、原発災害のことは忘れさせないばまちゃんです。

2016.02.16

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

板橋区の同行避難訓練

今日の朝から正午くらいまで、板橋区の同行避難訓練のお手伝いに行ってきました。

やることは、アンケートをお願いすることと、犬や猫を預かることが具体的な作業。その他に、パンフレットを配ったり、写真を見ていただいての啓発活動もありました。写真は、大規模災害時に同行避難した犬たちがどのような場所に居て、どのような配慮がされていたのか、また、どのような問題があったのか、などが分かるようになっていました。

アンケートが早くに終わってしまい、テント前が閑散とした時間帯がありました。そんなとき、写真を熱心に見に来る方が何人かいらっしゃいました。手が空いているときは、そのような方たちと少しお話ししました。
「ペットを飼っている人は多いですから、こんな感じのことになるんでしょうね~」程度から始まり、各写真について、どのようなことを伝えたいのかを説明しました。説明の内容は、パネルにも(簡単にですが)書いてありますし、写真を持参された団体の担当者から聞いたことをお伝えしました。
でも、あまり突っ込んだ話はしませんでした。「実際に大規模災害が起きて、避難所が開設されないとどうなるか分からないと思います。これは一例で、このようになるとは限らないとんじゃないですかねぇ~」と伝えると、皆さん頷いていました。まだまだ準備不足だし、準備してもその通り機能しないだろうと、感覚的に(私を含め)皆さん感じてるようです。

お話しした方の中に、避難所運営に関わっている方もいらっしゃいました。「その避難所では、動物の扱いのことについてどのようになっていますか?」とお聴きしたところ、「人間のことを決めるのに精一杯というか、まだ決まり切っていないので、動物の話にまでなっていません」とおっしゃっていました。
この方は、大災害時に開設された避難所の写真を熱心にご覧になっていました。何か感じるもの考えるものがあったのだと思います。

 

板橋区の同行避難訓練は10年以上続いているそうです。三宅島の噴火の後、熱心な獣医師先生たちの尽力で始まったものだそうです。

何かを感じ、「やらねば!」とお忙しい中、奔走してくださる先生がいらっしゃり、世の中変わってゆくんだなと思うことが度々ありますが、この訓練の始まりもそんな感じだったのだと思います。

私のような一飼い主、一ボランティアは、そのような動きがあったときに、出来る限りの協力をすることだけだと考えています。

 

私は世田谷区民ですが、愛玩動物協会東京支所のメンバーとしてこちらに参加させていただきました。私のように、板橋区民でない人も多々ボランティアとして集まります。このような所に顔を出すのですから、災害対策に興味を持っている人たちです。写真を持参された災害時に活動したり、日頃から啓発活動をしている団体(アナイス)のメンバーの方たちもいらっしゃいました。
そうなれば、実際の災害時のこと、災害対策のこと、など色々な話を聴くことができます。災害時は異常時です。常識では考えられないことが起こります。それは、人間の醜い部分が現れることもありますが、逆もこともあります。そのようなことは、現場を見た人しか知りません。しかし、同じ現場に居ても、感じ方やそこで何をしたかが違うこともあります。

そのような事柄であると感じたこともあり、このようなボランティアには、出来るだけ参加するようになりました。一飼い主、一ボランティアが少しでもお役に立てるようになるには、やはり訓練に参加する、という当たり前のことなのかもしれません。

 

大事なことを書き忘れるところでした。

私は、アンケートと写真の方に居たので気が付かなかったのですが、今回は、猫の預かりもあったそうです。それも一頭だけではなかったとか。
キャリーやクレートに慣らせて、さらに飼い主がいなくなることにも慣らせることが出来る猫が結構いるのかな、と思いました。(おばまは糖尿が治らない限り、絶対無理ですけど。)

こういう訓練が積み重なり、一般の方々への理解が広まり、クレート・トレーニングなどを含めた災害に対する対策を皆が行うことが当たり前になってゆくものだと、私は信じて(願って?)いますhappy01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧