2019年10月30日 (水)

同行避難(追記)

前回の書込みは、いつものようにほとんど方に読まれていないようです。
同時に、少数ですがしっかり読んでくださり考えようとしている人が必ずいることが確認できたことは嬉しい。

毎度、基本的なことを理解していただきたくて長くなりますが、長いが故に読んでいただけない(悲)。

なので今回は誤解を招くだろうことを覚悟で短く書きます。

■ 前回の要点

平時に、役所に「自分が何処の避難所を利用すべきか」「その避難所でペットの対応がどのようになっているか」確認する。
・同じく平時に、その避難所にペットの対応」を確認する。

 

■ 気づいていただきたいこと

避難所運営は公的サービスではない。(発災初期は時に)地域住民の共助によって行われるもの。
※各自が地域の住民として、避難所運営団体が平時から何をやっているか、自分が手伝えることがないのか、そのような意識を持っていただきたい。
 先の書込みで書きましたが、避難所運営マニュアルの雛型にはペットの受入れが書かれています。しかしそれを実現する準備が進まない。つまり、誰かが協力してその部分を担えば同行避難は現実します

 

■ アメリカのこと

前回の書込みで書いたこと
===========
日本人は(動物関係は特に)「欧米を手本に」と考えている人が少なからずいるようですが、アメリカのカトリーナ後に整備された法律のことや、その後の避難所のことも調べてみていただきたい。
===========

(私の書込みとは関係なしに)カトリーナ後に出来た法律について書いているのを読んだ。それは好ましいことだし、そのような情報が広まってほしいとおもうことを先に書いておく。

私が「その後の避難所のことも調べてみていただきたい」と付け加えたのは、法律が出来た(正確には改正された)からと言って、大規模災害が起きたら(手続きなしに)すぐに機能する訳ではないし、法律が機能し始めても、全ての避難所、交通機関が人間の避難と同等に扱ってくれてはいない現実を、自分で調べてみて欲しかったから。

簡単に見つかる記事として、こんなものがある。2017年のバービーの時の記事。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8333.php

日本の大規模災害の時のことを思い出してほしい。
避難所に行くことを諦め自宅で静かに避難している人たちがどれだけ多いことか。たぶんアメリカでも同じだと、私は想像している。

アメリカは懐の深い国ではありますが、結果として(歴史的にも)弱者が存在する国でもあり(災害時だけでなく、いつでも)そのような人たちに手を差し伸べてきているので、同行避難についても弱者保護の一つとして、多く人が自然に捉えることが出来たのだとおもいます。
そのアメリカでも上記記事のような現状があります。

他の何処かの良い部分を参考にすることは良いことですが「他の国がOKなんだから大規模災害時は私も助けらえるべきだ!」と要求し続けるだけではなかなか先に進まないのではないでしょうか。

 

***********************
ここから下は長くなりますので、ご興味ある方だけでお読みください。
感情的な情報に流されずに自分が共に暮らす動物を守りたいと考えている人、次の時代について現実として考えたい人だけ読んでいただければ幸いです。
***********************

■■ 考えてほしいのです ■■

アメリカでも法律で同行避難をするように、としています。日本も同行避難しましょうとしています。そのような風潮にもなっています。
法システムの成熟度は明らかに違い、着実な運用という意味では大きく違いますが、法を基にした制度が存在すること世論感情として「ペットも共に避難すべき」となっていることに違いはないとおもいます。
日本の現状から(私が知る限り)足りないことは、避難所運営について平時から皆で考え協力する姿勢だと感じています。
日本でも平時から対策を考え行動している人たちがいます。そこに目を向けてほしいのです。

外を自由に出歩く猫の問題が誰の目にも分かるような効果が継続的に現れるようになってきたのは、理解・協力してくださる方が増えてきたからだと、私はおもっています。
少数の地道にやってきた人たちの行動から継続的な効果が出てきて、それを見た人たちの中から、少しずつ理解・協力してくださる人たちが出てきて、共に働きかけ、地道な作業を続け、明らかな効果があると認められるようになり、その結果さらに協力者が増え、目覚ましい効果をあげています。
猫の活動は法的な裏付けがほとんどない状況で続けていましたので、一般の方が想像も出来ないようなご苦労があったと耳にしています。それでも理解・協力を積み重ねることが出来れば、先に進めるのです。

同行避難の問題も、理解者・協力者が少しずつ増え、やり方を試行錯誤し、効果が得られるような形にもっていかない限り、円滑な同行避難運営は出来ないのではないでしょうか。
現状、発災時に避難所運営を開設し、苦労しながら運営しても「あの対応が不満だ!」「ペットを一緒に入れてくれないなんて!」と言われてしまいます。これでは、より良くする気持ちも、それ以前の続ける気持ちも萎えてしまっても不思議はありません。
まずは「避難所の運営とは」の理解が広がることを心から祈るばかりです。

 

他に可能性としてあるのは「同行避難・同伴避難ビジネス」が注目されることです。
言葉として不適切かもしれませんが、ペット用の備蓄品や避難時も使えるキャリーなどが出てくるとマスコミなどで扱われ、全体として意識があがることは確かです。
現実として、営利が基本となるものほど情報発信力が強く確実に伝わるものです。
「ビジネス」なる言葉がよろしくないかも知れませんが、行政が行うものや非営利も含むと考えてください(こちらは発信力が弱くなるのが常ですが)。

今まで人間用のモノとして、避難所で床上げできる段ボールや、プライベートを確保するための仕切りなどが開発されたことがマスコミで流れたことがありますが、大きなビジネスにはなっていようです。
人間用のモノが先にないとなかなか難しいのが現実ですから、モノを扱うビジネスは難しいかもしれません。

 

となると、システムというか情報の扱い方、分かり易い形として「アプリ」でしょうか。

現状、同行避難・同伴避難の問題で最も必要とされているのは、発災時に「どの避難所がどのように対応しているか」の情報となります。何度も書きましたが、対応は各避難所の避難所運営マニュアルに書かれていて、事前に情報を集めることが出来ます。
なので、何処かの会社がアプリを作り、情報を集め・整理することが出来れば、大きな一歩となるし、ここから派生するビジネスは幾つもありそうです。

今の話は発災時の運営に焦点をあてた話でしたが、平時の試行錯誤の段階でも、基本情報(災害の種類によって、その避難所にどれらくいの人が来るだろうか、避難経路はどうか、備蓄がどれくらいあって補給をどうするなど)の収集や、平時と発災時の連絡の取り方などを、総合的に円滑にできるアプリがあれば、こちらかも(ビジネス含めて)色々なことが生まれてくるとおもいます。

各避難所別にそのようなデータや手法を積み重ねることに留まらず、広域的にデータを蓄積し、より良い方向性を見出すことが出来るのではないかと考えています。この部分でもITは大いに力になってくれることでしょう。

 

既に「長くて読めねぇよ!」言われること必至なのでここまでにしますが、最後に私の願いを一つだけ書いておきます。

役所や避難所に「確認(電話)して」と先の書込みでは書きましたが、本当にしていただきたいことは、

      避難所運営に目を向けて!

ということ。

 

ペットのことは別にしても、大規模災害時に最後の頼みの綱は、避難所が確実に運営されてるか、ですよね?
そこに目を向けませんか?
それだけなんです。

 

~~~~~~~
避難所の運営に深く関わっている方が読んだら「それは出来ない」「理想だよ」「絵に描いた餅」と思われることを、わざと書きました。
現状、一般の人には理解され難い苦労が避難所運営にはあります。今まで書いたことを真剣に検証してゆけば、それに気付くとおもいます。
この書込みが、そのような機会になれればと密かに祈っています。

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

同行避難とか同伴避難とか

先の台風15号や19号は来る前から大きいと報道もあり、実際大きな被害がありました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々の生活が、一日も早く以前の生活に戻れることを陰ながら祈っております。

そのような大きな災害が来る度に、ペットを連れて避難したいが受け入れてくれる避難所がない、という話が出てきます。
2011年の東日本大震災の時は、避難所に入れないことが当然のような風潮がありました。しかし国は阪神淡路大震災(1995年)以降、同行避難を示していましたが、世の中はほとんど反応しませんでした。「あんな大きな地震は当分来ない」と多くの人が思っていたからでしょうか。
2004年中越地震の時、孤立した村から犬もヘリコプターで救助されて話題になりました。この時の映像が大きな反響を呼び、その後はペットも一緒に救助することを後押しする声が多くなっていきましたた。(担当者が当時のやり取りについて語っているのをYouTubeで見たことがありますがやはり基本的にNGだったようです。しかし現場の誰もが助けるべきだと考えていたようです。)
そのようなこともあり、中越地震後、市区町村の中には、改めて同行避難の普及をはたらきかけた所も出てきました。
それでも、先に書いたように東日本大震災の時は(特に原発災害による避難命令を受けた地域では)多くの(ほとんどの?)人が家に犬や猫を置いて避難した。そのように指示されたと云う人もいれば、避難所には当然連れていけないと思っていた人がほとんどだったとおもいます。また、同行避難という言葉を知らない人も多かったとおもいます。

東日本大震災後、また改めて同行避難の普及を試みた市区町村も少なからずあったようですが、なかなか各避難所は(人間に対応することを考えるだけで)手いっぱいでペット連れの対応まで手がまわらないのが実情のようでした。

まだ記憶に残っている方も多いであだろう 2016年の熊本地震の時でさえ、ペットと避難所に行くこと(同行避難)がなかなか難しい状況でした(今もですが)。そのような状況の中、龍之介動物病院が同行避難を望む人たちに病院を開放したことが話題になりました。

 

さて「同行避難」とは何だろうか。
現在は「ペットと共に避難する行動を指す」ことになっている。あくまでも「避難する行動」のことである。
以前は少々違った。ここまでしっかりと定義されていなかった。なんとなく「避難所に一緒に行きましょう」的なニュアンスで、それ以上のことを読み取ることは出来なかった。
「同行避難」という言葉は随分と前から役所が出している文章にありました。それに対して「同伴避難」は、同行避難が知られてくるようになり、避難所までは一緒に行くが、避難所で同じ空間で過ごせないことがほとんどであることが知られるようになってから、広まった言葉です。

ちなみに、何故ペットと共に避難することを推奨しているのか、これをご存知ない方は、一度調べてみていただければとおもいます。法律で(直接的な表現ではありませんが)書かれているから、と云うのが分かり易い答えがありますが、法律で書くほど大事な理由は何だろう、と考えていただきたい。これはネットで調べれば見つけることが出来るはずです。
少々意地悪に感じるかもしれませんが、調べてみると色々なことが分かってきて、驚いたり、過去の出来事に胸が痛くなったり、多少は疑問をもったり。人と身近な動物との生活について、より深く・柔軟に考えることが出来るようになりますし、今後、身近な動物との社会問題を考える時に、現実的に考えることが出来るようになります。
日本人は(動物関係は特に)「欧米を手本に」と考えている人が少なからずいるようですが、アメリカのカトリーナ後に整備された法律のことや、その後の避難所のことも調べてみていただきたい。

理由や背景、現実はともかく、国は同行避難をしましょうと言っています。しかし(この2019年の大きな台風の時も)「同行避難とか言っているけど、受入れてくれる避難所ほとんどないじゃん!」の声を幾つもネットで目にしました。

 

やっと本題です。

このようなことにならないように、私は東日本大震災後から同じことを繰り返して書いたり発言してきました。しかしこの2~3年はトーンダウンしました。一つは、防災について語られる機会が減ってきたことがある。もう一つは、私が書いたり発言したことを「やってみた?」と聞くと9割以上の人が「未だ」と答えが返ってきたから(虚しくなって諦めた)。
つまり、私の考えを大きな団体や先生と呼ばれる人たちは、言わなかったのです。
私一人が言っている状況なので、皆さん「意味あるの?」と思ったことなのでしょう。しかし、今回の台風がきたら、やるしかなかったのです。それを平時にやっておきましょう、それだけです。

その話の前に基本的なこと。
各市区町村は予め何処を避難所にするか決めています。多くの場合、学校であることが多いようです。
そこには備蓄品など「物」も準備されていますが、災害発生時に避難所が開設されたときに運営する人たち(団体)が準備されています。もちろんどのように運営するかも話し合うように(国からトップダウンで、直接には市区町村から)指示が出ています。なので各避難所毎に運営マニュアルを作ることになっています。

という言うことは、ペットを受け入れるのであれば、そのマニュアルにそのことが書かれているはずです。
先にも書いたように、運営マニュアルは各避難所毎に作るものであり、内容を役所から押し付けられることはありません。
運営団体の人たちはボランティアです。行政の人たちが運営するのではなく、地域の人たちの善意で運営されるのです。
大規模災害が起こった時、行政の人たちが各避難所に駆け付けることが出来ないであろうことは、阪神淡路大震災や東日本大震災を体験した人ならご理解いただけるとおもいます。現実的に考えて、地域の人がやるしかないのです。
その地域の人たちが「この避難所はこのように運営しましょうね」とマニュアルを作るのです。

とは言っても、ゼロから作るのは大変です。なので国が作った雛形を都道府県がアレンジし、さらに市区町村がアレンジしたものを「これを基本的な形にして作ってみてください」としています。
その中に同行避難(してきた人やペットの受入れ)について書かれています。国が同行避難を推奨していますので「この避難所は受入れません!」とキッパリと決めている所は少ないとおもいます。多くの避難所は「検討中」や「準備中」のようです。
しかし受入れないと決めた避難所はあります。各避難所の事情から仕方なくそのような結論に至ることがあるようです。

ところで、あなたは、ご自分が避難すべき避難所が何処で、その避難所で同行避難がどのように決まっているのか・いないのか、ご存知ですか?

 

やっと、私がやってほしいこと(だけど、ほとんど方がやってくださらなかったこと)。

まずお住いの(市区町村の)役所に電話を架けて「私は〇〇町の〇丁目に住んでいますが、災害時に利用すべき避難所は何処になりますか?」と確認し、避難所を教えていただいたら、「その避難所ではペットの扱いはどうなっていますか?」と訊いてください。訊くことに意味があります。答えが分かっていたとしても訊いてください。多くの人が問い合わせたことは役所内で検討事項になるからです。
答えはだいたいこんな感じです。「ペットの扱いは各避難所で決めることなので避難所にお問い合わせください」。
その答えをいただいたら「連絡先を教えてください」とお願いします。または「避難所の連絡先は(区市町村の)HPに出ていますか?」と訊いてください。
そして、避難所に連絡し「ペットの受入れはどのように決まっているでしょうか」と尋ねてみてください。こちらでも多くの人から問い合わせがあれば、積極的に検討してくれることになるとおもいます。

 

避難を余儀なくされたとき、役所や避難所に確認のために連絡した人も少なからずいらっしゃったとおもいます。
それを平時にやっておきましょう、とそれだけです。

長々と書きましたが、たったそれだけのことが言いたかっただけでした🐶🐱

 

(余計なこと)
「避難所はボランティアでやってくれているのか。何もしない自分が同行避難をお願いするのも気が引けるな」と感じることもあるでしょう。たしかに現状、やる人・やらない人、が分かれてしまう運営方法になっています。
今の世の中、物だけではなくシステム(ルール)も新しいやり方が考えられる時代です。皆さんが声をあげ「出来ることがあれば協力するよ」と一言いえば、避難所運営のルールも今までは考えられなかったような方法が出て来るかもしれません。
素晴らしいアプリが出来て、皆で少しずつ協力し合って避難所が運営出来るようになるかもしれません。
そうなるように、もう一歩前に前進出来たらと何年も前から願っています。

こんなに長い長い文章を読んでくださり、ありがとうございます。
あなたは、より良いペットと暮らす社会を心から願っている方だとおもいます。
であるなら、もう少しお付き合いください。

日本にはまだまだ、犬や猫、その他の動物を粗末に扱うことは許されることとおもっている人がいるようです。
また、不特定多数の人が集まる場所に、犬や猫などを連れてゆくことをタブー視しているこ社会であることも感じます。それを考えれば、同行避難が広まらないことも仕方ない、となってしまいます。

避難所には、アレルギーの人もいるでしょう、本人も理由など分からず「とにかく犬や猫は嫌い」という人もいます。そのような人たちへの配慮は必要です。
ここまで考えると、面倒になってきますね。それらの問題をクリアするのは無理そうだから、やはり無理か、諦めたくなります。だからタイトルを「余計なこと」としました。

でも、私たちは進まなければなりません。このままではいつまでも同じです。そして発災時に不安になります。

前に進むために、どんな形であれ、避難所で受けれていただけるようにする。そして訓練を重ねる、経験を積む。問題点を洗い出す。
実際の災害時は特に、予想と実際は違うものです。 訓練もやってみたら「こんなはずではなかった」となることもありあす。特に動物関係は。(実際の災害は来ないで欲しいので来ないこと祈り)訓練でも数多く経験することで、先に進めるようになります。自信が付いてきます。

 

そのような状況を作るために、先に進むために、一人でも多くの方に「自分が避難する避難所が何処か」「その避難所ではペットの扱いがどのように決まっているのか・いないのか」を確認していただくことを心から祈っています。

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

三茶de大道芸(2019.Sat.)

今日と明日は、三茶de大道芸というイベントがある。場所は三軒茶屋の各所。イベントのサイトはこちら

三軒茶屋のあちこちがステージになり、多くの大道芸人(?)がパフォーマンスを行う。
それを見に、昼食も兼ねて三茶へ。

正午前、世田谷線の駅前でオープニング・セレモニーに続いて、チャラン・ポ・ランタンの二人が登場。元々お姉さんはストリート・パフォーマーでこの三茶de大道芸にも出ていた。

これだけ有名になったので、多くの人が集まっていた。ファンの方たちと思われる人たちが、各曲の盛り上がり所も心得ていて、ポイント毎に大合唱なる。
ムスターファを演ったとき「60歳!」で盛り上がったとき、ちょっと寂しい気持ちになった。昔の60歳はそういうものだったのだろう。今の60歳はそうでもないとおもうけど。

ステージがほとんど終わりになった時、おひねりタイムに移行する。これも「上手い!」と思った。
先月、生まれて初めて大衆演劇というものを見た。平日だったので席はガラガラ。おひねりは熱心な常連さんが渡すだけで「大変だな~」とおもった記憶がある。それに対して、チャラン・ポ・ランタンの盛り上げ方やおひねりタイムへの流れ、そして次から次へと出てくる千円札に驚くばかりでした。

続いては、四家卯大。(ミスチル繋がり?、と云われればそうかも・笑)
なんと「ゆうらく通り」である。ラジオ焼きのお店の近く。世田谷線の駅前とは大違いだなとおもったのですが、ここがとってもナイスでした。
四家さんといえば砧公園での演奏に親しみがある人も多いとおもいますが、ホールやレコードでしかチェロを聴く機会のない私にとっては「なんか音が違うな」と思っていました。屋外なので楽器などの機材が限られてしまうので仕方ないんだろうなとおもい込んでいました。
しかし「ゆうらく通り」では、あの狭さで微妙な反響があるためか、とてもいい音に聴こえます。「いいものを聴かせていただきました」と正直におもえる内容でした。


午後一時も過ぎたので、近くの中華料理店で昼食。その後、大駱駝艦を見る。
あまり観る機会がないタイプのパフォーマンスなので細かい所を見てしまう。ご存知の方も多いとおもいますが、基本的な衣装(?)は最低限。紐と小さな布だけ。これが(どんな動きをしても)全くずれることがない。更に衣装を羽織ることがあるのですが、この質感も「う~ん」と唸らせるものだし、使い方も「えっ、えっ、、そんなことし続けるの?」と驚きの連続。
舞踏は「そこでそう来る!」「え~、そんなのあり?、あるよね!、出来ちゃうんだ、やっちゃうんだ」と驚きの連続。はじめの内は体の各所の細かい動きに目がいっていましたが、全体を見る余裕が出て来たらまたまた驚き。表情というか顔を含めての舞踏、表現。

 

このステージは二時頃に終わった。
二時半から四家さんが、今度は、あい・あい・ロードという場所でやるらしい。何処だろうと思ったら、昔よくマグロの解体ショーをやっていた辺りだ。
行ったけど時間が早すぎる。近くの烏山川緑道で「アート楽市」がやっているとプログラムに書いてあったので行ってみたが、雨のためキャロットタワーの4階で開催しているとか。
時間が潰せず、帰宅することに。

 

若林駅に向かい、駅近くの喫茶店「STEPS」へ。
毎年、つまみぐいウォーキングでコーヒーをご馳走になっているので、いつか行こうとおもっていたが、なかなか行けないでいた。
入店してマスターが若くて吃驚。つまみぐいの時には見たことがない。たぶん店内で次から次へとコーヒーを淹れてくれているのだろう。
昼食をしっかり食べた後だったので、私はケーキとコーヒーのセット、女房はウィンナーコーヒーのみ。味は、私たちの世代には「これだよね、ケーキやコーヒーって」という味。
私たちの後から高齢男性のお客さんが入ってきて席に着いたとおもったら、何も語らずコーヒーが出てきたようだ。コーヒーを飲む姿も洒落た方だった。この店に似合っていた。
店内では何かのCMの撮影をやっていた。マスターも出演するために、その打合せをやっていた。たしかに撮影に使いたくなる店である。

若林駅近くに来ると、ピーターセンに行くのが我が家のいつもの行動。
明日の朝のパンもゲットできた。午後の二時半くらいでしたが、お得な袋詰めが売っていた。
小さいながら多くの種類のパンがあり、飽きないパン屋さんだ。

STEPSもピーターセンも世田谷区内共通商品券というものが使える。
この商品券が使えるお店は、まずいいお店だ。

 

なかなか充実した土曜日の午後でした。
明日(2019.10.20)もイベントはあるので、興味のある方はまず三茶de大道芸のサイトを確認してみてください。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

2019年 台風15号

今回のは今までのと明らかに違うので備忘録。

「東京に凄い台風がやってくる」とニュースなどでも伝えられていましたが「大丈夫だろう」とおもっていました。
前夜は深夜2時過ぎに就寝。
「雨も風も強いけど騒ぐほどのことはないんじゃない?」とおもっていた。

朝、起きるともう台風は過ぎ去っていた。
ネットで天気予報を確認すると、この後、もう一度少し雨が降って、その後は猛暑らしい。

家の中でダラダラ過ごし洗濯をする。
洗濯機が止まったのが10時頃だったとおもう。そしてベランダへ。

「うわっ!、これは初めて!」と驚いた。ベランダに出しておいたコンテナボックスが動いているし、一つはひっくり返っている。(文末に写真)
もう20年以上出しているが、こんなことは初めてだ。
ひっくり返っているコンテナボックスを起き上がらせて中を開けてみると、中に水が入っていた
中のもを出して被害を確認。干したり、拭いたりすれば大丈夫なものばかりだった。一つだけ、可愛いマットが入っていたが、適当にビニールテープ袋に包んでいただけなのですが、濡れていませんでした。

中のものを確認した後、ベランダに並べて、まず洗濯ものを干す。
そして、コンテナボックスの中にあったものを拭いたり、乾かしたり。

ベランダへ出たり入ったりしたときに、この窓から随分と家の中に雨が入ってしまったことに気が付く。
被害が大きかったのは、カーテンとアイロン台。これだけでよかった。

 

家の中のことを凡そ把握したら、外に出てみる。
玄関に行く前に小さなドアがあるのですがここから随分と水が吹き込んだ跡がある。
玄関ドアからも随分と吹き込んだみたいだ。

草木が多少乱れているくらいだとおもったら、一本の木が見事に曲がっていた(文末に写真)。これも初めて。
その木の下にある小さなドアも、まるで蹴破られたように外れていた

細かく見て回れば、もっと多くの被害があるとおもいますが、分かると怖くなりそうなので、やめておきました。

 

東京にもこんな台風がくるようになった。
異常気象と言われますが、確かに変わってきているとおもいます。

20190909a 20190909b

<追記>
翌日(9月10日)、駒沢公園を歩いていたら、公園内の広い道に大きなクレーンが入っていました。その先を見てみたら、マンションの三階くらいから五階くらいまでのベランダの手すりやボードがひしゃげて、その辺りに緑色のものが付いていました。
公園の木が倒れて、マンションに直撃したようだ。
一室からは、不安そうに公園方面を見ている人の姿も見えました。

確かに今までにない大きさの台風だったようです。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

復活した「幸運の招き猫電車」

20190609a 約一ヶ月くらい前の5月12日から復活している「幸運の招き猫電車」。
昨日、初めて乗ることが出来ました。

上記リンクにも書いてありますが、5月11日と12日でイベントがありました。我が家は11日にイベントに参加し、何度も世田谷線に乗りましたが、招き猫電車は12日から。そんなこともあり、約一ヶ月間乗ることなく過ごしていました。

20190609b 昨日「ねことじいちゃん」を観に行くために世田谷線に乗ることになりました。
女房が電車の時間を調べてくれたのですが、二人とも早めに用意ができて「一本早くてもいいか」と出かけたら、この電車が来た。

外観は、前から見ると耳が付いていることがよく言われますが「ほとんど変わらない」感じ。横から見た感じは「前のを覚えていないけど、賑やかになったような」感じ。
20190609c 乗っておもったことは「なんかいい」感じ。こちらも以前をよく覚えていませんが、床の足跡も増えたような気がするし、連結部分の鈴はなかったような気がします。つり革は変わっていないとおもいます。

車内には、この電車についての広告がいっぱいありました。そこには次のような内容が書かれていた。
今までは「地域のための電車」でしたが、これからは「遠くからも来て乗っていただくための電車」になりたい。
たしかに、上記のイベントや5年くらい前からやっている食べ歩きイベント、15年くらい前からやっている各駅のイベントなど、どんどんイベントが増えています。

20190609d (特に隣の松陰神社前駅周辺に感じますが)地元の人以外のお客さんが多いと思われる店がぽつぽつ出てきました。中には週末だけ行列になっていて「なんだろう?」と思ったら、インスタ映えするメニューがあるとか。他にも行列が出来るお店が幾つか。
休日に世田谷線に乗ってやってくる人が増えていることを感じます。

混雑が苦手な私ですが、幾つかの店に行列が出来ても、まだまだのんびりなこの界隈。
まだまだお客さんを招いてくれてOKです!

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

ねことじいちゃん(映画)

近所の映画館に来たので観に行った。

始まってすぐ「たま、たまや、、」と呼ぶシーン。
それを見ておもった。

 たま と ばま  似ている

似ているとおもったのは名前ですが、それ以外にも背中の柄(?)の感じや脚の一部に縞があるところ、脚や尻尾やしっかりしているところなども。
ものおじしない性格は全く似ていない。

 

この映画、ネット上で感想文をあまり見ないので、その意味でも興味があった。
監督の岩合さんも主演の志の輔さんも、その分野でのプロではないらしい。本人たちが手を挙げての参加ではないと何かで読んだ。そんなところも興味があった。

また「猫は室内飼いしまよう!」という今の風潮からすれば、とんでもない映画だ。これを見て「よかった」と言いにくい人も多いだろう(先日の「俺、つしま!」も同様に)。

岩合さんの写真は、お父様の時から好きでした。単純に動物を見るという意味ではお父(徳光)様、写真としては光昭さんと私の中の好みははっきり分かれていた。
私にとって綺麗な映像を提供してくれる光昭さんの映画としての期待はあった。私はテレビは全くみないので、岩合さんのやっている猫の番組は知らないですが、評判が良いので猫の撮り方にも期待して行った。

 

まず、今まで書いたことについて。

猫を撮るのは上手かった。正確に書けば「風景の中の猫を撮るのが上手かった」です。猫たちも演技上手であることも前評判として聞いていたが「すごいな~」と感心しました(猫同士がくっ付いているシーンで、遠い昔、TVだか映画だかで接着剤貼り付けたとか縫い付けただか、そんなことを思い出したりしました)。
太陽をバックに猫が飛ぶシーンなどはカメラマンだな、とおもいました。
あのシーンは演技してもらったかもしれませんが、幾つかのシーンを見ながら「人間の撮影の時間よりも、ず~っとつきまとうようにして猫を撮っていた時間の方が長いのでは?」とおもったりました。

監督は(人間に対しても)演技の指導するものかとおもいますが、その意味では問題なかったとおもいます。
志の輔さんについては(私は漫画(原作)を読んでいませんが)漫画のイメージなんだろうな、とおもいました。
https://www.youtube.com/watch?v=QhZRRsKyBxc
正直なところ、周りを俳優さんたちに比べれば(彼の演技は)物足りなさを感じましたが(これまた正直なところ)この映画の要素の中で(私にとっては彼の演技は)大きな部分を占めていなかったので全くOKでした。

映画を作るには、脚本~撮影~編集、という大きな流れがあるとおもいますが、岩合さんがどれだけ関わったか分かりませんが、猫が嫌いでない人は、それなりの満足度はあるとおもいます。
ただ、全体の流れとして、あれこれと詰めすぎているような感じはありました。でも、初めての監督作品、しかも充分な準備をしてからの監督ではないとおもいますので、仕方ないかなとおもいました。

ただし「絶対室内飼い!」とお考えの方には、とんでもない映画なので絶対に観ないでほしいです。「仕方ない」では済まされない人も多いとおもいます。
私は、うーにーのお陰で方々旅行に行き、犬や猫と暮らしている人達と話をする機会を得ました。そんな私からすると「場所によっては、外に出してもいいんじゃない?、その地域の人がそうおもっているんなら。よそ者がとやかく言う問題ではないんじゃないの?」とおもいます。
ちなみに、この映画には自動車は全く出てこなかったとおもいます。各猫に飼い主がいるようだったし。
とにかくフィクションですから。フィクションとして見れない人は「手術してないよね、みんな」とか思うのかも。猫の後ろ姿を見ながら「手術しているな、そりゃ猫俳優たちだから当然か」とおもいました(笑)

妙に気になったシーンが一つ(たぶん気にするのは私くらい)。
ほとんど最後の辺り。巌さんがサチさんの家の前で猫とのシーン。建物の角が濡れているように見える。あれは何だったんだろう。とても気になった。

 

映画館に行くとき、初めて今回の猫電車に乗りました。
ちょっと写真を撮ったので近日中にブログを書きたいとおもいます。

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

砧公園の夜桜

昨日(2019年4月6日・土)、女房が「砧公園は花見の人で混雑していたって」と誰かからか話を聞いてきた。

ふとおもった。
砧公園の半分以上はファミリーパークとして区切られ、とても広い芝生の公園となっている。そこに桜の木が数多く植えられている。珍しく、枝が地面すれすれまで垂れているものも多い。きちんど横に広がってだ。お花見の時、座っていても(上を見上げずとも)視線に桜が入ってくる。
そして、ファミリーパークは夜も閉鎖しないし、ジョギングの人も来るので、ある程度の照明がある。
であれば、夜桜見物に来る人も多いのでは?、とおもった。

夜、行ってみた。
駐車場に入れないのではないかという心配をしながら車で行ってみたが(ガラガラではなかったですが)結構空きがありました。
駐車場から歩き始めると(臨時の)仮設ゴミ置き場が設置されていた。ゴミが溢れるほとでもない。皆さん、持ち帰るのが当たり前になってきているのだろう。
 20190407a  20190407b_1

てくてく歩いてファミリーパークへ。
照明があるといっても暗い。

桜の木の周りに、こちらに人の気配、あちらにも、、とポツン、ポツン、と人の塊の影が見える。
もちろん各自明かりを用意してきているので、それで人の塊が分かりますが、無ければ見えないかもしれない。それくらいの照明しかありません。

 20190407c  20190407d

右上の写真は望遠などは使っていません。顔の真ん前まで桜が垂れ下がってきています。

ここで自分も花見(宴会)をやりたいかと問われたら、「暗さと他の人の少なさ(寂しい雰囲気)でやりたくないな」と。
闇鍋などスリリングな宴会をしたい人や静かに夜桜を楽しみたいカップルなどはいいかもしれません。闇鍋が行われていたかは分かりませんが、カップルで桜を見て歩いている人たちはいました。

 20190407e  20190407f

直ぐ上の写真、右側の明かりの点いた建物はトイレです。広い公園なのでこのようなトイレが何箇所かあります。
こんなこともあり、夜桜見物にはいいかなとおもったのですが、やはり本格的なライトアップがないと、暗いし人も集まらないしで、気分的に「やろう」とならないことが分かりました。

 

来年は昼間に敷物を持って行ってみたいなと、当たり前のことをおもったりしました(笑)

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

上村雄高写真展「Call My Name」&「LOVE & PEACE」

 2019.3.28(木)、タイトルの写真展に行ってきました。
上村先生のブログでの紹介はこちら

会場は祖師谷大蔵の Gallery Paw Pad さん
駅から活気のある商店街を歩く。可愛いバルタン星人がはためくその道には多くのお店が並んでいる。商店街を進み、昔ながらのお店が多くなった辺りにこのギャラリーはある。20190328a

入口には上村先生の写真展でよく使われている綺麗な写真が出迎えてくれた。

引き戸を開けて中に入ると、両側の壁に多くの綺麗な写真が並んでいる。シャープなラインと青空と緑など見事な色彩。晴れた日の草原にいるような気分になれる。
20190328b写真の話の前に、引き戸を開けて真正面のこのスペースのことについて書いておく。このスペースは、いつも一工夫ある展示になっている。

「Call My Name」にはサブタイトルが付いている。「原発被災地の犬猫たち」。
今回の展示は、上村先生の写真展がメインですが、大規模災害時に犬や猫をどうするのかをテーマに小さな展示が幾つかある。

(左の写真の)正面奥のバッグなどが置かれたスペースは、ちょうど避難所で個別に割り当てられるだろうと予想される広さだそうだ。世田谷区のような人間が多く暮らしている地域で、皆が避難所に身を寄せるようなことが起こったら最低限の一人当たりのスペースとなるだろうから、人一人が横になれるだけになるだろう。

見える部分以外にも細工(?)がしてあります。多くの人が押し寄せた避難所をよりリアルに想像したい方は、是非ここに入って座るなり横になるなりしてみてほしいものです。

20190328c この窪んだスペースの左には、こんな展示があった。とある三人が大規模災害時のことを考えた結果をまとめた。
     20190328d

よく出来ているというか、とても身近に感じる。現実的に一生懸命考えたらこういう結論になって、ちょっとやってみるとこんな感じになるのか、と参考になるし、考えることが色々出てくる。

さて、上村先生の写真、といきたいのですが、もう一つミニコーナーが。
世田谷区や渋谷区、新宿区などの行政や災害時のペットの扱いについて活動している団体の冊子が並んでいるコーナーがあった。(写真がボケボケなのはご勘弁。とにかく幾つも並んでいます。)
このように幾つもの区のものが並ぶことは珍しいのではないでしょうか。気になる方は是非読み比べてほしいです。(ちょっと時間かかってしまうかも。)
20190328e   20190328f      

やっと写真の話です。

奥から入口に向かって右側は「Call My Name」。
原発災害により人が住むことが出来なくなった飯館村での写真。こちらも色々と考えさせられること、感じることがあります。
犬も猫も人と共に生きるべく動物であり、そこに人が暮らすことが出来なくなることがどのような結果を生むのか。写真から伝わってくるものがあります。

左側が「LOVE & PEACE」。犬や猫たちの幸せそうな写真が所狭しと並んでいます。写真そのものの技術、構図などデザイン、笑顔の引き出し方など「すごいな~」と感じる写真の数々。
20190328g   20190328h

20190328i 最後に。
上村先生と言えばこのクッション(右の写真だと生首に見えますね)。とても大きいのですが、印刷は繊細。
「他では真似出来そうもないな」とおもうものです。

 
今回の展示は、金曜と土曜を残すだけになりました。
祖師ヶ谷大蔵をご存知ない方は、飲食店やお菓子屋さんなどをチェックの上、訪れることをお勧めします。
桜の季節なので、近くの桜の名所をチェックしてから行くといいかも。

素敵な出会いがあるといいですね。

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

ヒグチユウコ展 CIRCUS

20190223a2月21日(木)、平日の午後に世田谷文学館で行われている、タイトルの展示を観てきました。

消えてしまうとおもいますがプレスリリースはこちら。特設サイトはこちら
観てきた感想を一言でいうと、「これで 800円は安い!」。見応えある作品がいっぱいでした。

女房に誘われて行きましたが、私はヒグチユウコという人のことをよく知りませんでした。
会場に入ったら、「なんか見たことある」となり、「あぁ、これ知ってる」というキャラクターも。そんなこと抜きにしても楽しい、そして興味深い展示でした。

20190223i絵や立体作品が並べられているだけではく、覗き穴やシートをめくったり絵本の見本が何箇所にも置かれて見ることが出来たり。初期の作品を見ることができたのもよかったです。

上半身が猫、下半身が蛸、手は蛇のギュスターヴくんやひとつめちゃんなど定番のキャラクターだけではなく、今井昌代さんとのコラボ、カカオカー・レーシング、女の子の一連の作品(ホラーと名付けられているようです)などなど。こちらの本 (「バベルの塔」展はタラ夫くんが宣伝していましたね)の中の絵の原画も何点かありました。
どれも独特な世界観があり、時に衝撃的なのですが、最も衝撃的だったのは「きのこ会議」。きのこたちが自分を守るために策を講じるのですが、その結末は!!

多くの作品を見ていて、創作活動が好きで好きで仕方がない人なんだな、と感じたと共に「どんなものも見てみよう」または「自分が嫌いなもの、拒否したくなるもの、醜いとおもうものこそしっかり見よう」とおもっているのか(怖いもの見たさ?)、何をどう描いても自分のものにしている。しっかり見ている。
なので、緻密な絵の隙間に埋められた何気ない絵もしっかり描かれてことに驚く。動植物をモチーフにした絵がほとんどですが博物画のような雰囲気があり、内臓が描かれていたりもする。

ギュスターヴくん他、猫をモチーフにしたものが多かったのですが、猫の他にインパクトがあったのがワニ。オブジェもありました。
そんなこともあり、「俺、つしま」や「ワニ男爵」を思い出した。どちらの作者よりも、ヒグチさんの方が幅広くそして深く対象を見ようとしている。表現も幅広く深い。その情熱のようなものに恐ろしさすら感じた。

何をするのもネットやパソコンを使い、すぐに答えを出すのが当たり前の時代に、それとは別の世界がありました。

会場の世田谷文学館は不便な場所にありますが、そこを差引いても、これらの展示が、800円で観ることが出来たのはラッキーでした。

 

有料の展示会場は撮影禁止でしたが、一階の広間に大きな展示があり、これらは撮影NGではないようだったので撮ってきました。

20190223b 20190223c

20190223e 20190223d

20190223g 20190223f

20190223hこれらが展示されている近くに、グッズ売り場があり充実していました。
GUCCI ともコラボしているアーチストなので、高いかなとおもったのですが、そのようなことはありませんでした。

会期末まで一ヶ月以上ある平日に行ったにも関わらず、ガラガラという感じではなく、人気の高さを実感しました。行列が進まなければ見ることが出来ないという程でもありませんでしたが、覗き穴や見本の絵本はゆっくり見ることはできませんでした。

ヒグチさんが好きな方、一度よく見たいとおもっている方、興味をおもちの方、早めの平日に行くことをお勧めします。

| | コメント (0)

2018年12月26日 (水)

久しぶりの豪徳寺 2018.12.26

年末だからか何かと忙しい。そんなとき、急に散歩に行きたくなる。
今夜はボランティア関係の忘年会のようもの。何気なく集まって近況報告の予定。昨年は、夜の集まりの前に豪徳寺にも行った。そのことを思い出し、豪徳寺に行ってきました。

豪徳寺には幾つかのお堂がありますが、どのお堂の中にも年末年始の準備と思われるダンボールが置いてありました。大晦日の夜は多くの人で賑わいます。(近くの世田谷八幡の方が凄いですが。)
今年は暖冬だからでしょうか、年末でも色づいた葉をつけたままの木が何本か。

2018122601  2018122602

いつも凄い数の絵馬がさがっていますが、今日はとても少なかったです。
お堂に近い方には日本語の絵馬が多かった。外のは諸々の外国語のものがほとんどでした。

2018122603  2018122604

招き猫の奉納所の看板の裏に「梅月」と書いてあった。
「そんな月、あったかな?」と調べたら「梅雨の月」で陰暦五月だそうです。ちなみに「ばいげつ」と読む。「梅つ月」は「うめつつき」で陰暦二月。

2018122605  2018122606


周囲の会話が耳に入ってくる。日本語が聞こえてこない。世界的な観光地になったみたいです。

今日気が付いたのですが、山門近くに自転車置き場が出来ていました。大晦日対応ですね、きっと。

2018122607  2018122608

ついでに、豪徳寺のちょっとしたお話。
猫以外にも井伊家縁の寺として有名ですが、その関係と言われている(詳しいことは分からないらしい)赤い門があります。この門の存在をしっていると効率的にお寺内を動けます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧