2019年2月 5日 (火)

猫の殺処分数@東京都

私のブログはいつでも広く一般の人に向けて書いているつもりです。
そのことをご理解の上、読み進めていただくようお願いします。

 

この何年かで、「殺処分数ゼロ」という言葉を耳や目にすることが出てきたとおもいます。この言葉の意味は何なのか?

動物のことに限らず、行政が発表する数字を理解するにはややこしいことや風評などが絡まり合っている場合があります。そんな説明だとおもってください。

ただし、ここに書かれていることは、東京都の猫に限った話です。

 

私の頭に入っていた「噂」。
(犬猫合わせた)殺処分数は昭和の頃に比べると著しく減ってきましたが、子猫の数はまだまだ多い。季節により多く持ち込まれることもあり、人手もまわらず仕方のないことである。とはいえ胸が痛む。
これを解決するには(対応の問題にするのではなく)、飼い猫も地域猫なども避妊去勢手術していただくしかない。そのような情報を広めるしかない。

(参考)
昭和の終わり頃まで、犬猫合わせた殺処分数は、約100万頭。
平成29年度は、4万3227頭だそうだ。(参考ページ

 

そもそも「殺処分数」って、な~に?
大昔、狂犬病予防法による「犬抑留所」、その後「犬を捕まえる保健所」とか言われ、今では動物愛護センターとか呼ばれる施設(現在、東京では「動物愛護相談センター」)に持ち込みや捕獲依頼で収容された犬や猫の内、施設内で死亡した数、とおもってだいたい間違いないです。

 


さて、私の勘違い。

東京都が公表している数字に以下のものがあります。
(平成29年度に、収容中に死亡したもの及び動物福祉の観点から致死処分をしたものを除いた殺処分数は)犬は0頭、猫は16頭
それに対して(全てを含めた致死処分数は)犬15頭、猫439頭

こちらにもその数字がでています(微妙に数字が違うのが気になりますが、私が見たものは上記の数字です)。

 


今出てきた、殺処分致死処分という単語について説明しておきます。

国のルール(総理府告示の「動物の殺処分方法に関する指針」というものや環境省統計のルール)では、全て込みで「殺処分」とする、となっています。

しかし、この5年くらいでしょうか、「殺処分ゼロ」とか云う言葉を見聞きする機会が増えてきました。
しかし、息も絶え絶えの動物が収容後に息を引き取ったものも含めるこのルールだと「殺処分ゼロ」は実現不可能です。
そこで東京都では、それらと、健康だけど(設備や人員などの関係で仕方なく)息を引き取ってもらうことになった動物の数を分けよう、となった訳です。
健康だけど...の数を殺処分数。それらも含めて全てを含む数(=国の数え方)を致死処分数、とすることにした。

 


話を戻します。平成29年度、東京都の猫の話です。
殺処分数16頭、致死処分数439頭

私の勘違い。
「多くの子猫が殺処分されていると聞いている。16頭では全然多くないし、致死処分数が多すぎる。これはきっと何か誤魔化しがあるのではないか!」

と強い疑いを持った私は、東京都の窓口に質問しました。


東京都の引取りの基準の基本は、「自活出来ている猫は引き取らない」があります。

引取る猫のほとんどは、自活出来ないほど健康に何らかの問題があるとおもっていいらしいです。
子猫は特に、状態が良くない場合も多いし、収容までに時間がかかり、その間のケアが適切でないと命を落とすこともあるらしいです。

つまり数字には何も間違えも誤魔化しもない、ということでした。

そのように聴かされても、年間400頭以上もの猫がセンターの中で命を落としたり、そうした方がベターだろうと判断されている現実を直ぐには受け入れられなかった。

 


わざわざ東京都の窓口に電話を架けて質問をしたのには理由があった。
その夜、その数字についてボランティアで知り合った人たちと話をする予定だったから。

その話の中で次のようなことも分かった。

(先にも書きましたが)引き取るのは自活出来ない(そのまま放っておいたら死んでしまうだろう)状態でなければ引き取らない
このことは知っていましたが、どこまで厳格にやっているのかは知りませんでした。具体的なことは書きませんが、「その状態でも引き取らないの?」という実例も聞きました。

これが基本なので、子猫の場合も状態が悪くて保護しますが、持ち込むまでのケアが少しでも足りなければ死んでしまうことは珍しくないそうです。

ちなみに、東京都で「子猫」「成猫」の区別は、自分で食べ物を食べられるようになったら「成猫」としているそうです。つまり、母猫から離れたら成猫扱いみたいです。

 


ここまでで、一度まとめます。

国のルール => 施設に収容された動物が原因を問わず死亡した数全てを殺処分数にカウントする

東京都のルール => 国が殺処分数と呼ぶ数を致死処分数とする。そこから収容中に死亡したもの及び動物福祉の観点から致死処分をしたものを除いて殺処分数とする。

---

東京都の猫の収容基準 => 自活出来ない状態であることが条件(または余程のやむをえない事情がある)

---
以上の背景があるので、年間400頭以上の猫がセンター内で命を落としたようです。

 

■■
ここまでで、言葉としての「殺処分数」については、ご理解いただけたとおもいます。

 

この先は、「400頭以上」 について考えてゆきます。

 


少し冷静になって数字を見直すことにしました。

東京都が今の区分で数字を公表し始めてのは最近で、たぶん、平成27年度から。
その数字はこちらにありました。
致死処分から殺処分を除いた数字は、27年度で約600頭で、28年度、29年度と減っていることが分かります。

 

27年度以前は、このように分けた数字がありませんので総数で見てみる。

ネットですぐに見つかる資料として、こちらがあります。昭和55年からの数字です。犬と猫が分かれていませんが、平成12年(西暦2000年)でも(東京都だけで)一万頭以上であることが分かります。

私の手許にあってすぐに見つかった資料で平成14年の数字がありました。

現在でいうところの致死処分数(当時は殺処分数と表示)
(総数) 11,190
(犬)     980
(猫)   10,196
(うさぎ)   14

猫だけで(東京都だけで)1万頭以上だったのです。

この頃は「自活できない猫のみ」のルールがなかったか厳格ではなかったのだとおもいますし、現在ほど「室内飼い」の理解は進んでいなかった(進み始めた時期だとおもいます)ことも関係しているとおもいます。

昭和50年台は(犬猫併せてですが)5万頭以上ですから、一万頭でも随分と減ってきていることになります。

そして平成29年度は(私が見た資料では)439頭。

東京都の広さや、室内飼いがまだまだ徹底しきれていない点、明らかに飼い主がいない(常時外で暮らしている)猫もまだまだいることなどを考えると、439頭はおかしくない範囲に入りそうです。

 


おまけ的に数字を見ていておもったこと。

よく「子猫の致死処分数が多い」と耳にすることがあります。
(東京都が公表している致死処分数に子猫・成猫の区別がありませんが、他の数字から想像というか逆算すると、東京都の場合)、子猫と成猫の割合は半々に近いようです。

---
(参考)
29年度負傷動物として収容された子猫は24頭、成猫は291頭。
拾得者からの引取りでは、子猫が353頭、成猫が3頭。
所有者からの引取りは、子猫9頭、成猫31頭。
---
譲渡の数は、子猫が192頭、成猫が55頭。
返還の数は、子猫/成猫の区別がなく22頭。
そして、致死処分が子猫/成猫の区別がなく439頭。

これらを見て、職員の方のお話し、猫の活動をしている人の話が感覚的に理解できてきました。

東京都では、基本的に命の危険があるくらいでなければ引き取らないので、殺処分以外の致死処分数がある程度あることをやっと理解できました。

そして東京都で言うところの「殺処分数」がゼロに近づいていることを歓迎すると同時に、国が言うところの「殺処分数」、東京都が云うところの「致死処分数」もゼロに近づいてくれればと願ってしまいます。


それには、やはり猫を外に出さないことしかないのではないでしょうか。
それと、避妊去勢を広めること。

 

 

最後に。

以上の内容を理解するまでに、お忙しい中ご協力してくださいました方々には、この場を借りて、お礼申し上げます。
ご多忙中、お付き合いいただき、ありがとうございました。

「子猫の殺処分数が多い!」との噂からの思い込みで、ご多忙の方々のお時間を頂戴したことを申し訳ないと反省しております。
私と同じことをする人が一人でも減るように、また、東京の猫の現状を広く一般の方々に知っていただきたい気持ちから、これを書きました。

今一度、私たち人間と猫との関係の在り方を考える機会になれば幸いです。

 

個人的な感情として、外で猫を見ることが出来なくなることは寂しいことです。
私が子供の頃(前の東京オリンピックの直後くらい)と今とでは、町の中の風景は全く違います。これから町の中で猫の姿を見ることが難しくなることは、時代の流れの一つとなるのだとおもいます。

私たちは町中で健康な猫の姿を目にしますが(子猫・成猫に限らず)病気や事故などによる怪我で苦しみ、命を落とす猫も多いということが、猫たちを助けようとする人たちの活動で明るみになってきたと、上記の数字から私は理解しました。

この問題に多くの人が関心を寄せて、誰もが一度は考えていただければと、願っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

夜ノ森駅

今日、福島の方から以下の YouTube を教えていただいた。
https://youtu.be/hgZyB3NJ-Go

ばまちゃんが捕獲された夜ノ森駅の最近の映像だ。

私はシェルターに通っているときに一度近くまで行ったことがあるだけだし、駅の間近までは行けなかったので、駅舎や駅前ロータリー、連絡通路の形などの記憶はほとんどない。

上記 YouTube を見る限り、随分と綺麗になっている。
私が訪れたのは初夏で、斜面には無秩序に草木が生い茂り、ホームがよく見えないような状況だった。

この動画では(季節柄もあるとおもいますが)草木は綺麗に刈られている。
ホームも綺麗になっている。連絡通路がないし、他にも何かがあったとおもう。

 


見終わったら次の動画が勝手に流れるのが YouTube 。
流れてきたのが以下。
https://youtu.be/sK59rU6u0f0

動画の内容は YouTuber の方が夜ノ森駅を見に行った記録。
帰還困難区域は入れませんが、もしかしたら入れる所があるのでは?、とチャレンジしているため、辿り着くまで少々長いです。

動画内のコメントで気遣いが足りないなと思った内容もありましたが、レポートしてとても有難い内容です。
(動画内のコメントにもありますが)実際に行かないと、本当の感覚は分からないとおもいます。しかし、動画をあげてくださったことで、多くの人が興味をもってくださればと嬉しいです。

私が見た夜ノ森駅もこの動画にある駅の西側からでした。
昨年(2018年)三月には、未だ連絡通路やホーム上の待合室などがあったようです。


冒頭に紹介した YouTube から、現在は運転再開に向けて工事が進んでいることが分かります。

YouTube には紹介欄がありますが、そこに以下のサイトが紹介されています。
富岡インサイド http://www.tomioka.jpn.org/

トップページにある「更新情報」を見ると、夜ノ森駅の記録が幾つか。
(2018年)9月9日には、ホームの工事も一段落ついていたようです。
そして 2020年に運転再開予定らしいです(YouTuberの方の動画内で字幕が出ていました)。

 


私がこの駅に興味をもっているのは、ばまちゃんが我が家にいるから。
二つめに紹介したYouTubeを見て「気遣いが足りない」と感じたのも、ばまちゃんが我が家にいるから。

以前から思っていたことですが、東電の社員や原発を推し進めている人たちには、帰還困難区域で捕獲された犬や猫を一頭ずつでいいので、家族として引き取ってもらえればとおもっています。
それは簡単なことではないし、そうなったところでまた善からぬ結果になるケースもあるだろうから、あくまで「思い付き」的な話であり、現実として望んでいることではありませんが。

2020年、オリンピックの年に運転再開。
どんな形での再開になるのだろう。

複雑な気持ちです。

| | コメント (0)

2018年12月26日 (水)

久しぶりの豪徳寺 2018.12.26

年末だからか何かと忙しい。そんなとき、急に散歩に行きたくなる。
今夜はボランティア関係の忘年会のようもの。何気なく集まって近況報告の予定。昨年は、夜の集まりの前に豪徳寺にも行った。そのことを思い出し、豪徳寺に行ってきました。

豪徳寺には幾つかのお堂がありますが、どのお堂の中にも年末年始の準備と思われるダンボールが置いてありました。大晦日の夜は多くの人で賑わいます。(近くの世田谷八幡の方が凄いですが。)
今年は暖冬だからでしょうか、年末でも色づいた葉をつけたままの木が何本か。

2018122601  2018122602

いつも凄い数の絵馬がさがっていますが、今日はとても少なかったです。
お堂に近い方には日本語の絵馬が多かった。外のは諸々の外国語のものがほとんどでした。

2018122603  2018122604

招き猫の奉納所の看板の裏に「梅月」と書いてあった。
「そんな月、あったかな?」と調べたら「梅雨の月」で陰暦五月だそうです。ちなみに「ばいげつ」と読む。「梅つ月」は「うめつつき」で陰暦二月。

2018122605  2018122606


周囲の会話が耳に入ってくる。日本語が聞こえてこない。世界的な観光地になったみたいです。

今日気が付いたのですが、山門近くに自転車置き場が出来ていました。大晦日対応ですね、きっと。

2018122607  2018122608

ついでに、豪徳寺のちょっとしたお話。
猫以外にも井伊家縁の寺として有名ですが、その関係と言われている(詳しいことは分からないらしい)赤い門があります。この門の存在をしっていると効率的にお寺内を動けます。

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

(読書感想文)ドン・キホーテ (下)

上と中で、概要と感想を書いた。
今回は、ふとおもったことを書いておく。

今の世の中にも、当時の騎士道物語のような存在のものがあるのではないか。それは、ネットからの情報。
そんなことが頭に浮かんだ。

ネットに物事の善悪の判断を問う人が多くなったという。
しかし(そのネットで)次のようなタイトルの記事も見た。
----------
ネットで質問し、期待するものは「答え」ではなく「共感」
----------

ドン・キホーテは騎士道物語の中に自分の理想の世界を見出し、そこに入っていけば、周囲の人たちは共感してくれると信じていたのかもしれない。
しかしそうはならず、現実の人間関係、村での立場はなくなってしまった。

ネット社会に自分の立ち位置を求めすぎる人たちは、顔と顔を合わせる付き合いにストレスを感じてゆくのではないか。最近では実店舗で買い物をするのが苦手な人が増えてきていると聞いたこともある。

昔はネット社会がありませんでした。人付き合いの基本は「顔と顔を合わせる付き合い」。なので、お中元お歳暮は直接届けた。盆暮れには親戚は集まり、職場では節目節目に飲み会があるのは当たり前。それが変わってきた。
それらが好きだった人は、それほどいなかっただろう。しかし当たり前の慣習になっていた。
今はこれらを行おうとする(行わせようとする)とハラスメントになりかねない。

(このような付き合いのない)ネットの中に友達を見つけることは当たり前になりました。友達でなくても、ネット上で意見を言い合う(←話し合いとはちょっと違う)こともあちこちで行われています。
それは良いことだとおもいますが、そこから導き出される結果が、顔と顔を合わせる社会での問題解決に必ず役立つものなのだろうか。
勿論、役立つこともあるだろう。しかし、そうでなくこともあるだろう。そうなったとき、本人がより辛くなるだけではないかと考えることがある。

 

ネット社会で得た(訊いた)世の中の常識により行動した結果、騎士道物語の常識により行動したドン・キホーテと同様の影響を周囲に与えることもあるのではないか、と頭によぎった。

20181225aこのようなことを考えるようになったのは、あの20数年前だ。
犬との生活は手間がかかる。しかしその手間以上の見返りがある。それを知ってもらいたいと願った。
知ってもらいたい人の多くは、(当時はネットが今ほど普及していなかったので)、書籍や一部の専門家と称していた人たちの言葉の中から、自分が共感できるものだけを選び出し、言い訳の理論武装のようにしていた。
勿論、何も改善されない。残念である。残念な生活が続くのは本人だけではなく、犬もだ。

これと同じことを今でも感じる場面がある。
ネットがこれだけ普及したので、その数は増えた。

 

ドン・キホーテは、1605年に前編が1615年に後編が出版されていますが、21世紀の現在でも「こういう人、いるな」と感じる内容となっていることに気が付いた。

名著と称される理由が分かったような気がした。

いつか、全6巻バージョンを読んでみたいとおもうようになった。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

(読書感想文)ドン・キホーテ (中)


(読書感想文)ドン・キホーテ (中)

ドン・キホーテを読んでみた。全然違った(苦)


まず感じたこと。

大きなテーマもありますが、しっかり小分けになっていて、まるで子供の頃に観たアニメ番組ようだった。各回パターンは決まっている。どうなるかある程度先が読める。そんなところも似ていた。その意味では面白い。

当時の人たちも大いに楽しんだようだ。
Wikipedia のドン・キホーテのページでも、当時の人気について書かれている。

大きなテーマは、宗教と騎士道物語。当時のスペイン(ヨーロッパのキリスト教圏?)で尊重されていたものらしい。それらに対して風刺的な内容を書くことで、大衆に考え直してほしいという感じだろうか。

決して浮き足立った内容ではない。騎士道物語という魔法まで出てくるバーチャルなものに影響されている世の中に対しての問いかけなのだろう。
そのような内容でありながら、娯楽物として多くの人に読んでもらえることが出来る内容に仕上がっている。



以下、私の感想

思慮分別なくその場の思いつきや雰囲気だけで、風車を巨人の化身であると決めつけるとおもっていたがそうではない。彼なりの知識から導かれた確固たる答えなのだ。
現実から離れてしまう原因は、騎士道物語に出てくる魔法である。彼はそれを信じ込んでいる。(信じ込んでいる振りをしているのか?、とおもうこともあった。)

私は、騎士道物語を読んだことありませんが、ドン・キホーテを読む限り、日本で云うなら武者たちの武勇伝なのだろう。
日本でも昔は妖術などが出てくる話があり庶民が楽しんだようですが、騎士道物語では「魔法」がストーリーの中で大きな役割を担っているようです。

騎士道の根底にはキリスト教の精神が流れている。日本の武士道の根底に日本古来の宗教観などが流れているのと同じなのでしょう。命のやり取りをするのであればそうなることとおもいます。
今のヨーロッパの人たちにとっても、キリスト教というものが人々の心の拠り所になっていることは話に聞きますが、当時は今まで以上にその影響は大きかったようです。

そのような世の中で、騎士道物語を読みふけり「自分は世の為人の為に遍歴の騎士になるべきだ」と思い込み実行する。その道中は(魔法が出てくる)騎士道物語の常識により判断し、問題を解決をしようとする。

現実は魔法もなければ、問題さえないことが多い。しかし、騎士道物語の常識で考えれば、彼が出す答えは間違えではないのだろう。

馬鹿げているとおもうのは簡単。
今の世の中でも、何らかの教えによってゴタゴタを起こす人はいる。そのようなことを語りたいのだろうなと感じた。



私が抱いていたイメージとの違いを書いておく。

とにかく手柄を立てたくて、思慮分別なくその場の思いつきや雰囲気だけで、風車を巨人の化身であると決めつける話だと想像していた。お気軽なドタバタ小説だとおもっていた。つまり子供向けの単純な話だとおもっていた。
そのイメージとの違いを書いておく。

彼には「こいつと戦わねばならぬ」と決め付けるだけの、膨大な数の騎士道物語という根拠があった。
読み始めた頃は「それにしてもただのいかれたオヤジだ。人間としてもダメ。周りの人にどんだけ迷惑かければ気が済むの?」と感じたのですが、読み進めてゆくと「人間としては、いい人かも」とおもうようになる。騎士道物語に出会わなければ、いい人として一生過ごしただろうなとおもう場面が幾つかでてくる。それをおもわせるストーリーもある。

20181224a従者であるサンチョ・パンサは、無学であり欲深い人間のようにも読めるが、こちらも読み進めると、多くの諺を知っているし、思慮深く、生きるために必要なもののみを欲しっているだけであることに気づく。それに対し、学があり、生きるためには必要不可欠ではないもの(つまり必要以上のもの)までも欲するドン・キホーテ。この二人が対照的に描かれていた。

騎士道物語や騎士道、キリスト教の昔からの慣わしなどに疑問を抱くべきという想いが著者にはあり、その裏返しをドン・キホーテに投影した。
生きるためには、世間で云われているほど格好良くなくてもいいし、実際そんなことを言っていられない。そのようなことを伝えたかったのだろう。

読み始めるにあたり、少し調べた。
著者は(苦労の連続という意味で)波乱の人生であったことを知る。何度か投獄もされているが、真面目に仕事をしていただけではなかったのだろうか、生きることに真剣だった結果、投獄されたのかも、とおもう。

20数年前「自分はドン・キホーテに似ているのでは?」は明らかな間違えで、著者であるセルバンテスに似ているのかもしれない。
しかし、自分と比べるのはおこがましいの一言である。

このバージョンは、子供も楽しめるものだし、大人が真剣に読むには単純すぎる。
いつか完全バージョン(全6冊らしい)を読んでみたいものだ。

 

読み進めている内にあることに気が付いた。
そのことを次回書きたいとおもう。

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

ヒラタアブ

ブラウザのブックマークを整理していたら、「こんな虫のことを調べたらな」と思い出したので書いておく。

今年の春、まだ寒い時期だったとおもう。家の中に黄色と黒の縞模様の蜂のような虫がいた。驚いて出て行ってもらおうと考えたのですが、よく見ると蜂ではなさそう。そこで調べてみた。

どうもヒラタアブという虫らしい。ハエ(双翅)目ハナアブ科ヒラタアブ亜科の虫。
私が見たものは、以下のページの「オオヒメヒラタアブ」が似ていた。
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/07hae/hirataabu/

この虫はどんな虫なのか調べた。
なんとアブラムシを食べてくれるらしい。
http://www.boujo.net/handbook/hana/hana-290.html

それが分かってからは大事にしてあげた。
今年はアブラムシの姿を見ることはほとんどなかった。

ヒラタアブのお陰か!

| | コメント (0)

2018年11月12日 (月)

東京タワー水族館(後書き)

本編からのつづき)

動物園や水族館に対する考え方・ご意見は種々あるとおもいますが、私は「生き物そのものを見ることに意味がある」と感じています。次にその生き物との付き合い方を考える。実物を見たからこそ、想像できることがあると考えています。
その動物に興味が湧くので、長時間見る。長時間見るから、食べ物のこと、排泄のこと、その他健康管理に思いをめぐらせるようになるのではないかと(色々な人と話した結果)感じています。
(長時間見ずに「か・わ・い・い~、ちょうーほしぃ!」という人がいるのも確かですが。)

先日、閉館後の後日談をブログにアップしたことを伝える Twitter がアップされていました。ブログも読んでいただきたいのですが、Twitter のコメントも読んでいただきたいです。

 


動物園や水族館などの存在自体を疑問視する声があります。経営が苦しく管理が行き届かないところがあることは確かです。それは一つの問題として解決してゆかなければならないことです。

それとは別のこととして、モニタに映る姿ではなく、生の動物を見て、日々世話をしている人が書いたパネルを見たり、ショーなどで話を聞いたりすることには意味があることではないでしょうか。

もし人間(一般人)が、野生動物と一切関係を持たずに研究者だけが関わりを持つ世界になれば、それは一つの理想の形なのかもしれません。
現状からそのような形に向かったとしたらどうなるでしょうか。違法に入手する人が後を断たないのではないでしょうか。


先日都市部に迷い込んだアライグマの捕獲後の処遇について、日本における野生動物や外来種に関する法律を無視した意見を声高に訴えている人たちの書込みをネット見ました。
モニタの向こうの存在でしかないと(見た目の可愛さから?)飼育したらどうなるのか、放したらどうなるのかを知らず(考えもしないで?)あのように発言できるのだろう。
20年近く前に「ぜったいに飼ってはいけないアライグマ」という書籍が少し有名になった。これも読みましたが、この本を読むよりも前に、この本と同様の体験をした人から話を聞いたことがある。本よりも生身の人間の話の方が身に迫るものを感じた。その人も「絶対に飼ってはいけない」と言っていたし、話を聞いてそれを感じた記憶がある。


ネットには情報があふれている。しかし偏りがあるのではと感じることがある。
犬でも猫でもいいし、珍しい動物でもいい。何か動物を家族に迎えたとする。そこで楽しいこと、絵になることはアップされるし多くの人が目にする。逆に、手に負えなくなり反省するような事態になったことはほとんど出てこない。出てきても書き方によっては攻撃的なコメントを大量に頂戴することになり、消されてしまうこともあるだろう。

つまり、苦労したことこと、間違えに気が付いたことについての情報はとても貴重なのだ。


動物園、水族館他、生体を扱う業者が、その経験から適切なアドバイスがいただければ有り難いことだ。(生体販売業者と聞いただけで悪者扱いする人がいますが、問題になるのは金銭的な損得だけで話をする業者であり、日々多くの生体を生体として扱っている人の経験・知識は貴重なものだ。)

生の動物を間近で見ることが出来て、飼育している人からその動物の魅力と日常のご苦労を伝えていただける施設は残り続けてほしいものです。

東京の中心地に同じような水族館がオープンすることは、時代の流れから考えても、もうないことでしょう。

色々な意味で、東京タワー水族館の閉館はとても残念でなりませんでした。

| | コメント (0)

東京タワー水族館(本編)

前書きからのつづき)
2018年9月末をもって閉館すると知り、9月10日の午前中に行った東京タワー水族館で見たこと考えたことなど。
 

東京タワーは駅から少し歩く。間近で見ると「こんなに小さかったっけ?」と思ってしまった。それだけ大きな(高い)建物が増えたのでしょう。


お土産やさんのような店内奥に入口があり、入ってすぐに小さく仕切られた水槽を組み合わせるように展示されていましたが、後から入場してくる人もいたので、ゆっくり見ることが出来ず、ここのことはほとんど記憶にない。

視界が広がって周りを見渡した後に下方に目をやると、ザリガニ釣りの会場(?)が!、縁日じゃないよね?、と思ってしまいました。
少々驚きながらも館内を見始めると値段が書かれたものがあり、「水族館といいながら実は販売業者なの?」と疑ってしまった。実際に売っていたのだろうか。
2018111201 2018111202

値段が書かれたものは、これ以外にはなかったようだ。何かの間違え?


入ってすぐのエリアには、海水魚も展示されていた。
ハリセンボンが入っていたお洒落な水槽は同じ形のものが3つ並んでいましたが、このようなお洒落なものはここだけでした。
別の水槽にオニダルマオコゼの展示もあり、説明パネルも分かり易い。歴史のある水族館や動物園のほとんどは、分かり易く興味を惹くパネルがあり、経験や知識の厚さを感じる。このような水族館が閉館してしまうのは残念です。
2018111203 2018111204

海水のエリアにはチンアナゴもいて、餌やりショーもあった。それほど大きくない水槽の前に30人ほどのお客さんが集まり、スタッフの人とお客さんとのコミュニケーションの中、ほのぼのとショーは行われました。
チンアナゴの水槽には、よくヤドカリが入っているのを見ますが、ここにも居ました。ここでは餌としてアカムシをあげているようですが、海水の中では短時間で動かなくなってしまい、チンアナゴは食べようとしなくなります。それをヤドカリが食べているようです。
2018111205 2018111206

その後、タツノオトシゴのショーもあり、雌雄の区別の仕方など教えていただきました。
「この子の性格は、、、」などの話もあり、水槽の中の生き物を身近に感じることが出来てよかったです。


次のエリアからは定型の水槽が多くなります。入っている魚の半分以上は大きい。「この水槽でいいのか?」とおもってしまうのですが、表情を見る限り不満は感じられないし、よく見ても健康そうに見える。人間(見ている人)に対しても好意的に見える。
まるで家庭で可愛がって飼われている金魚のようだった。
2018111207 2018111208

餌やりショーとは別に、各水槽の食事も見ることが出来ました。
スタッフの方が一つ一つの水槽に、脚立と食べ物、そしてカメラを持ってまわる。ブログなどに載せる写真を撮ることと、たぶん個体管理のためだろう。

魚や亀たちは、隣の水槽がもらっている時からそわそわ。隣の水槽側に寄って行っていました。またまた「家庭で飼われている金魚と同じ」と思ってしまった。


展示されている亀が人間(お客さん)によく見えるような場所に来て、そして(食事の時間が近かったからか)よく動いていたのが印象的でした。
苔が生えてしまったワニガメさんですが、この数日後に綺麗にしてもらっている様子がTwitter にアップされていました。自然界で生きていたら生えて当たり前なのかな。
説明のパネルもいい。(ワニガメのパネルは地味だったので、曲頸類・潜頸類の説明があるこちらをアップします。)
2018111209 2018111210

水族館で、亀と同様に地味に感じるハイギョ。たしかに動かないのですが、よく見えるように展示されているし、各個体も落ち着いている(健康そうに見える)感じが良かった。パネルも良かったです。


パネルというか説明といえば「(前書き)」にも書きましたが、とても長い年月存在しつづける湖に生息する魚たちの説明や展示も興味をもった。
万年単位の寿命をもつ湖の環境を再現するのは難しいとおもうので、現地で撮ったビデオなどを流してくれるのはいいとおもう。しかし(ネット上の情報を簡単に閲覧できる現在は)そのようなものに慣れすぎて「こういうの見たことある」となりますが、生きている実物を目の前にすると気持ちが変わる。

環境の多様性を実感したり、それを保存する意義を考える切欠になればと願う。


写真が少なすぎて館内の様子が分かり難いかもしれませんが、大きめの四角い水槽に大きな魚が入っている展示が多い。隣りあわせで次から次へと展示されている。その数が凄い。多種多様な魚を目の前で見ることができた。
とても簡単にまとめてしまいましたが、そんな感じの館内でした。

見ていて「人間が繁殖したものもいるだろうけど、これだけの野生種の飼育は苦労も多いだろうな」と思った。苦労のことよりも「ここにいるほとんど(大型鑑賞淡水魚)は基本的に野生種なんだろうな」と思い込んでいた。

そんな誤解を払拭してくれる展示もあった。
この水槽をみたとき、まず「自然界でこんなに目立つ色していいのかな?、人間の目には目立つけど、その地の野生動物の目で見たら保護色になるのかな」などと考えたら、こんな説明書きが。
2018111211 2018111212

なんと改良品種。

犬でも昔の本を読むと「一人の飼い主としか信頼関係を結ばない」とか「家庭犬には不向き」と書かれていても、今では完全に家庭犬と受け入れられている犬種もある。これはブリーディング(品種改良)によるもの。
また、時代のニーズに合わせて、今まで存在しなかった毛色のものを作り出したり、新しい犬種を作り出すことがある。

魚の世界も同じことが行われていた。たぶん珍しくないことなのだろう。
よく考えてみれば、金魚だってそうだし(金魚の展示もありました)、錦鯉の世界もそうなのだろう。

脇道に入りすぎてしまいましたが、大型淡水魚の全てが野生種でもないし、生物学上野生種であっても、人間に飼育されることに向いている系統を作りだしているようです。(そのついでに、人間好みの色や形にもしているのは、犬などと同じなのかも。)


2018111213出口近くの展示は、身近な鯉や金魚系、亀など。
金魚については大型のものマニアックなものは別のアリアで紹介していました。
出口近くの展示は、簡易な池のようなものがあり、これもまた「昔よくあった金魚やさん?」「旅館の入口?」という感じ。池のような展示の周りには座る場所もあり、和むことも出来るようになっていた。
最後を身近な展示にするところにもこちらのコンセプトを感じた。
これらの展示のすぐ近くに「ヒレナガゴイ(ヒレナガ錦鯉)」の展示もあり、やはり熱帯魚屋さん?」と感じてしまった。
2018111214  2018111215
 


ちなみに出口を出た所にはお土産やさんや生体の販売などはなかった。東京タワーのエレベーター乗り場近くに出る。

 
商売第一として生体を販売している業者が多い世の中で、こちらのような施設が販売し、購入者にアドバイスをしてくれるといいのでは、とおもったりもした。
しかしやってみれば、批判の声に晒されることだろう。




他にも紹介したいことがあるのですが、既に閉館していますし、時代の流れとして展示方法に疑問を抱く方もいらっしゃることでしょうから、この程度にしておきます。

そのようなことを含め、(後書き)へつづく。

| | コメント (0)

東京タワー水族館(前書き)

東京タワー水族館は、2018年9月末日で閉館しています。

8月末か9月の頭に閉館情報を知り、9月上旬に行ってみた。
閉館までに多くの人に見てもらいたいと思ったので、すぐにブログをアップしようと考えたのですが、私の文章力では誤解なく伝えられそうになかったので、閉館後にアップすることとしました。

余談を少々。

子供の頃から、世の中で動物愛護と呼ばれるようなことに興味をもっていた私ですが、子供の頃から釈然としないものを感じていました。
動物のためをおもうならペットとして飼うのは間違えなのでは?、とか、一握りのプロは別として一般人が野生動物(海の中を含む)と何らかの関わりを持つのはいいのだろうか。
そんなことを考えながらも、自分も動物に触りたいと思ったり、野生動物の情報を少しでも多く欲しがったりもした。自分の目で野生動物を間近で見たいともおもった。

人間の文化が発達し、また人間の数が増えて、人間と野生動物が近くなった(昔に比べると生息地まで苦労なく行ける)ことで、動物たちの生態が分かってきました。
その結果、人間に飼育されている動物たちも、より自然に近い環境を与えてあげようという考えが主流になりつつある。しかし、それは最近のこと。

今までは、飼う側の人間の能力の範囲で、その動物には充分だろうと思い込んだ環境で飼育するしかなかった。そのやり方には歴史があり、知識が積み上がっていっていた。それが最近は前時代的と言われるようになり始めています。

余談はここまで。

 


この東京タワー水族館は40年続いたそうです。東京タワーという場所柄、展示方法を大幅に変えることは難しかったのか、前時代的な展示を貫いていました。

今年は、サンシャイン水族館新江ノ島水族館などに行きましたが、やはり自然の状態に近い展示を心がけていました(一部、大いに疑問を抱く展示もありましたが)。

それに対して、こちらは昔からの「定型の水槽での展示」でした。入ってすぐの所に「ザリガニ釣り」もあり、昔見た熱帯魚のペットショップ?、縁日?、と複雑な感情が湧くこともありました。

何種類かの定型の水槽には大小の魚が入っています。大き目の水槽に巨大な魚が入っていて、「こいつには狭いだろう」とおもったのですが、その魚は健康そうに見えました。この展示(飼育)方法でも、魚たちにとって悪い環境とは言えないみたいだ、とモヤモヤしたものを感じながらの観察(鑑賞?)となりました。

そのモヤモヤを分かってもらいたくて、一人でも多くの方に見てもらいたかったのですが、たぶん私がこの水族館に対し批判的な気持ちを抱いたのだろうと読めてしまっては、行こうとおもった人も行かなくなってしまうので、アップを閉館後にしたのです。

もし東京タワー水族館に行き、私のようなモヤモヤを抱いて、色々と考えた方がいらしたら、どのように考えたのかお聞かせいただければ嬉しいです。

 


私は以下のようなことを考えました。

=============

魚などの大きさに対して水槽が小さいし、水槽内の環境は人工的であり、生態を考慮していないのではないかと感じた反面、魚たちの(心身両面の)状態は決して悪く見えない。これは一つの完結した世界として良いのではないか。苦労して自然環境に近付けた結果、個体間の優劣がはっきりしてしまい、一部の個体の状態が悪くなるよりもよいのでは?

 
どんな展示方法であっても、珍しい魚を見て説明文を読めば、その魚の姿からその地を想像し、おもいをめぐらせます。

ある展示の説明書きによれば、湖の多くは(地球の年齢からすれば、また動物の進化のスピードからすれば)短命なものらしい。しかし稀に長命な湖があり、そこに生息する魚などは独特の進化を遂げているとか。そんな魚を見ていると、その湖のことをもっと知りたくなったりする。
その珍しい湖の環境を再現するのは困難で、よくある水槽での展示となっていましたが、そこに実物の魚がいることに大きな意味があると感じた。

こんなこともあった。
今更知ったこととして、人間が作り出した観賞魚も結構多いらしい。歴史の長いものは飼育方法も確立されている。人間の飼育下で作り出されたのだから、自然な環境下での生態は存在しない。
分かり易いものとして金魚ですが、野生種に見えたものもあり、「これも人間が作り出したものなの?」と驚いた魚もいて、「水槽だから可哀想」はあまりに短絡的なんだなとおもったり。
人間との関係で言えば「犬」のような存在なのかも。そのような魚がどれくらい、いるのか。同じ種類の魚でも、自然のものもいれば、人間に代々繁殖されたものもいるのではないか、と考えたりもした。

=============

東京タワー水族館を見て、感じたことがある方のお話しを是非お聞きしたいです。ここのコメントでも個人的にでも伝えていただければ幸いです。

閉館時には「魚たちの今後はまだ決まっていません」との旨が書かれていましたが、11月5日に決まった旨の発表(Twitter)がありました。

 

長くなりましたが、「おもったこと」はここまでで、続けて撮ってきた写真に説明を付けてアップしてゆきたいとおもいます。

(「本編」につづく)

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

補助犬の入店拒否

一ヶ月くらい前に、「犬と暮らす生活」「犬と過ごす時間」という記事の中で、犬などを連れて入店拒否されることが、この日本で当たり前のことになってと書いた。このときは「飼い主目線」からの考えを書きましたが、お店側目線だとちょっと違うのかな、とおもうことがありましたので書いておきます。
飼い主からすれば「ちゃんと考慮している」とおもっていても、それが通じない・理解されないこともあります。一見の店であれば、そうなることもあるでしょう。そのようなことを考えさせられた内容のものを読んだので紹介します。

あの記事をアップして一週間くらいしたときだったとおもう。ネット上で、とあるお店の店主が「盲導犬連れの人が利用したいとやってきたけど、そのときのお店の状況から判断して断った」という話を読んだ。

まとめとか云うタイプのものらしい
http://totalmatomedia.blog.fc2.com/blog-entry-5436.html

元はこちらで更に色々と書き込まれていて「こんな考え方・感じ方の人もいるんだ」とおもいました。読みにくいですが「世の中、こんな感じなんだ」を理解するのにはとても参考になるとおもいます。
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1446818274/

よく見ていただければ分かりますが、2015年のものです。少し前のものですが、補助犬法が出来る以前に比べたら全体の意識は上がってきているとおもいます。
また、興味のある方は「元」の方の最後の二つの発言を読んでいただきたい。まとめには載っていません。私はこれが本当なのか分かりませんが、法運用上そうなっているのかもしれません。

それ以前に、そのような事実があったのかも確かではありません。このような場所では話を作って(反応をみるために)アップすることもあるそうです。
それはそれとして、「世の中、そうだよなぁ~」とおもったので、こちらに備忘録的に書き残そうとおもいました。

 

「元」を読まないと全体が分からないのですが、読みにくいとおもうので、もう少し詳しく書いておきます。

盲導犬を連れた人ともう一人付き添いのような人が一緒に店に入ってきた。その人たちは一見さんで、店主は初めて見るお客さん。
店主は補助犬法のことは知っているようですが、お店の状況やいきなり犬を入れてきたことから、断ったそうです。
「付き添いの方が犬と一緒に外で待ち、ユーザーの方だけが食事をしてはどうか」とも提案したとか。
付き添いの人は簡単には納得せず言い争いの様になり「協会の者を来させる」との旨を残して去って行った。

 

興味のある方は「元」の方を読んでいただきたいのですが、読んでゆくうちに(法律上はあってはならないことですが)「店主の気持ちも分かるような」と私はおもってきたし、お客さん側(やり取りは付き添いのような人だけのようなのでその人?)が何故その店に固執するのかが疑問でした。
私も初めての店に入り、理由は分からないけど「帰ってほしい」と感じる対応をされたことがあり、素直に店を出たことがあります。初めての店で混雑しているときだったとおもいます。

小さな個人的な店では、突然現れた盲導犬ユーザーに十分な対応をとるのは難しいのではないかとおもうこともあります。
逆に大企業が運営している飲食店では充分な従業員教育や設備なども行っているのではないでしょうか。
そのようなことも含めて、この店に固執した理由が分かりません。
 

店主の方と付き添いの方の考えに隔たりが出来てしまった理由はなんだろう、と考えてみました。

まず、大衆的な飲食店では簡単に(普通に考えたらトラブルが起きそうもないことが原因でも)トラブルが起きることもあり、起きてしまうとお店には大きな損害がでるし、他のお客さんたちにも迷惑がかかってしまうことを店主側は身にしみていますが、お客さん側(この件では「付き添いの人」)はそれほどでもないとおもっているのではないか。起こってしまったときの被害の大きさを理解できないのではないか。

これは、犬連れOKの飲食店や宿泊施設を運営している人たちとお話していると、そのような話はよく出てくる。なので、犬連れ専用にして運営することを選ぶ店主が多くなる。

補助犬ではなく、犬連れ一般の話になりますが、日本人の多くは(犬連れ専用ではない)飲食店に犬が入ってくることに慣れていないので、入ってきたら気分を害して当然と思い込んでいる人(このお店の店主も「客の立場だったら」と書いていますね)もいるし、ついちょっかいを出してしまう人もいる。犬連れの方も「可愛い」と言ってもらえれば嬉しい人がいて、「話しかけてオーラ」を出しまくりの人もいたりします。

盲導犬に限ったことを加えれば、衛生上問題にならようにしていることも知らない人もいるようです。さらに加えれば、一般の飼い主であっても、犬連れ専用でない店を日常的に利用する人は、日常的に衛生面には配慮しています。しかし、それを理解していない周囲のお客さんは確実にいます。「犬といえば外で飼うもの」という感覚を持っている人ならそのように考えて当然だとおもいます。

 

このような現状において、補助犬関係者側は何かやっているかと問われれば、昔から啓発活動を行っています。特に法律が出来る1~2年前にキャンペーン的な活動が活発だったことを憶えている方もいらっしゃるとおもいます。(その更に前から「活動をしていますよ」的なアピールもありましたし、日盲の都築もできた頃だったし。)

法律について調べてみたら、平成14年(2002年)の5月に成立し同年10月からの施行です。法律の多くは成立から施行まで一年くらいはあるものですが、この法律は半年もありません。
ただし「同伴を拒んではならない」と定めている第九条は、附則により次の年(平成15年)の十月一日からの施行となっています(訓練に関することは平成15年四月一日から)。

一部遅れて(猶予期間をもって)の施行があるにせよ、法律として成立から施行までが短いことからも、当時勢いがあったことを汲み取ることができるとおもいます。
あの当時に比べればマスコミの記事になることは減りましたが、地道に啓発活動は続けているようです。
私が初めて知った頃(1995年頃)、「大人に対して行うことは機会を設けるだけでも大変なので、子供に対して積極的に行うようにしています」と学校や各種イベントなどで行っていました(今もそうだとおもいます)。

1990年代は盲導犬の育成が盛んになった時代でもあったと記憶しています。団体の数も増えたような記憶があるし、訓練方法についても注目されるようになった記憶もあります。

犬一般に対しての認識は、その頃(東京でも)「大型犬は外飼いだよね」と言っても驚かれない時代でした(今のような厳しい夏になったのは、1994年くらいから)。犬に対しての認識もこの25年くらいで大きく変わりました。
1990年代は犬連れに対する目も変わってきた時期ですが、犬連れをしていた私としての実感は、やはり子供たちの変化が大きかったです。
「触ってもいいですか?」と聞いてくるのは子供で、その親が飼い主無視で犬を触りまくったりもされました。これも盲導犬(まだ日本では聴導犬も介助犬も法的には認められていませんでした)関係の団体が啓発活動してくれたお陰なのではと想像しています。

私が盲導犬関係の団体の活動を知るようになってから25年弱。確かに若年層の人たちの意識は善い方向に向いてきていると感じます。どちらかと言えば中高年の方に「犬と云えば外飼い」的な感覚が残っているのではないかと感じる場面があります。

このような感覚の人が極めて珍しいと言えるくらいにならない限り、お店の人のご苦労はなくならず、今回のようなことが起こっても、「日本では仕方ないこと」と言われ続けることでしょう。
そのことを、いつも忘れないようにしたいとおもいます。

 

最後に簡単に(とっても乱暴に)まとめさせていだきます。
今回のことについて、その原因を考えるならば、以下の二点だと私は考えています。

・ 飲食店や宿泊業も含む、水商売と呼ばれる方々のご苦労を理解していない人が多い。
・ まだまだ「犬は外飼い」的な感覚の人もいる。

さらに(とても私的な考えを)付け加えさせていただけは、

・ 犬連れ専用ではない飲食店等では、犬はその存在が分からないくらいにし、お店を利用させていただくことだけを目的とするべきですが、連れている人が、または周囲の人(店内の他のお客さん)が店内で犬の相手をしてしまうようなケースもある。

以上のように感じています。

 

このような状況に対して(普通の飼い主が)「犬と暮らし、更に皆さんに受け入れられるようにお出かけするにはどうすればいいのか、どうしているのか」を知る機会になればと考え、「犬とゆく」を続けています。

 

最後に参考まで。

法律とは「身体障害者補助犬法」といいます。その第9条はこのようになっています。
第九条
前二条に定めるもののほか、不特定かつ多数の者が利用する施設を管理する者は、当該施設を身体障害者が利用する場合において身体障害者補助犬を同伴することを拒んではならない。ただし、身体障害者補助犬の同伴により当該施設に著しい損害が発生し、又は当該施設を利用する者が著しい損害を受けるおそれがある場合その他のやむを得ない理由がある場合は、この限りでない。

参考事例。ちなみに上記法律に罰則はありませんが行政指導があります。
もう一つ参考ページ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧