2018年5月14日 (月)

2018.05.12 白州へ

これも備忘録。個人的な日記。

テラスの山菜定食が食べたくなって、急遽白州へ。
1999年のちょうどこの日、まいすが我が家にやってきた。うーにー亡き後、何度かまいすを連れて行った。女房はそれ以来だと思う。

土曜日、おばまのインスリンを打ち、その後の食事を食べさせてから東京を出た。旅行にしてはのんびりの出発。10時半くらいに白州着。お昼には早いので、まずは尾白川渓谷へ。

2018051401駐車場に着いて、ビックリ!、連休でもないのに車がぎっしり。初めて手前の駐車場までほぼ(乗用車で)満車になっているのを見た。トイレも新しくなっている。何があったのだろう。そして尾白川渓谷は激混みなのだろうか。

駐車場から砂利道を通って神社方面へ。何組かの人たちと行き交ったが特別多い印象はない。
神社手前に仮設トイレが設置されている。やはり大混雑する観光地になったのだろうか。お揃いの派手な服を着た、案内をするような人たちもいる。地面には石灰で矢印が書かれている。

そしてそこにはお決まりのようにこんな看板が。私が通った15年間には見た記憶がない。残念なことだ。2018051402

川に下りる。綺麗で冷たい。
2018051403
一度上がり、神社の脇を通り、吊り橋を渡る。吊り橋もよく整備されている。安心して渡ることができる。
2018051404吊り橋を渡りきり川に下ろうとしたら、熊への注意を呼びかける看板があった。そこにも、犬関係のことが書いてあった。これは確かに危ないかも。

熊は怖いですが、川へ下りる道も整備されているし、下りてからも歩き易くなっている。滝まで行けるようになっている。滝方面を見ると 20人ほどの人がいたので、我が家はここでUターン。

神社まで戻るとお揃いの服を着ている人たちが、皆で神社のトイレを掃除している。それとは別の仮設トイレが来たときは一つだったのに三つになっている。

なんだかんだと人がいましたが、駐車場にあった100台くらいの車とは数が合わないし、石灰で書かれた矢印や三つの仮説トイレは何のため?

そんなことや、相変わらず水が綺麗で冷たかったとか話ながら駐車場に戻る。そしてテラスへ。

 

事前に電話したとき、「大人数は対応できません」と言われたので体調を崩しているのかなと心配になったのですが、冬に大怪我をして今はとりあえず治っているらしいのです。でもまだまだ本調子ではないので、セーブしているとのことでした。

2018051405  2018051406
料理が出てくるまで少々時間がかかるが、女房と昔話など。そして「いろいろ行ったけど、テラス席からの景色はここが一番!」と意見が一致。同点くらいで、裏磐梯のアロマテラスですが、あそこは営業しているのだろうか。

山菜を料理する前に見せてくれた。ここではコシアブラは珍しくない。珍しいとおもったのはタカノツメ。ここでは初めてかも。
2018051407  2018051408

メインの天ぷらが出てくる前に小鉢色々。これだけで嬉しくなってしまう。どれもやわらかいし、優しい味。
そして天ぷら。今、思い出しても唾液が出てくる。ここの山菜は確実に他とは違う。あまごもやわらかい。山を知り尽くしているからこそと云う感じ。
2018051409  2018051410

山菜天ぷらを食べていたら、コシアブラご飯が出てきた。これもビックリの美味しさ。写真のようなコシアブラご飯にするには、と考えれば分かると思いますが、たぶん他では食べられないのではないだろうか(少なくとも私のような貧乏人には)。
2018051412汁物も美味しいのですが、この日は完全に脇役的な立ち位置。
2018051411

2018051413そして、これまた他では飲んだこと見たことないクロモジ茶。2~3年くらい前からここで出会えることがある。一般的なクロモジ茶の作り方とは違う。もちろん、この店にもいつもあるわけではない。天ぷらの後、さっぱりとしたクロモジ茶は最高。

お茶を作った残りの茎というか枝が天日干しされていた。皮もついたまま。一般的なクロモジ茶は茎というか枝も使いますよね。ここのは使わないので、お茶の色が茶色ではありません。
ちなみに、この枝で何を作るのかを聞くのを忘れました。もしかしたら、クロモジにするのかな。

おもいっきり満足の山菜定食だったのですが、ここに来たらケーキも食べたい。これが20年近く続いたパターンだ。コーヒーカップも色々で、それも楽しみ。
2018051416  2018051417

この日、女房は小さなうーにー人形を持ってきた。うーにーの毛で作っていただいたものだ。2010年に逝ってしまったので、もう8年近く経つことになる。毛糸が少しずつ切れてもわもわになってきている。

女房はたぶん4年ぶりとのことで、昔話に花が咲く。ゆっくりしたいが、おばまのインスリンのこともあり時間は限られている。話もそこそこに失礼することにした。

尾白川渓谷の駐車場が混んでいる理由だけは訊きました。
日向山の駐車場が使えないという。「台数も限られているし、整備が行き届かないのかなぁ」と思ったら、問題なのは駐車場ではなく、そこまでの道。途中で通行止めになっているとか。そのため、日向山登山の人たちが尾白川渓谷の駐車場から登るのだそうです。
それでも多いなと思ったのですが、次の日(5月13日)に何かイベントがあるとのこと。仮設トイレが設置されたり、地面に矢印が書かれているのはそのためだとか。

 

テラスを出て裏の道へ。うーにーとよく歩いた道。以前は、昔ながらの砂利道で横に用水路がむき出しになっていた。落ちる人も飛び込む犬もいるだろうな、という感じでしたが、今は簡易舗装的な砂利道で、用水路には蓋がついていた。
上流に向かって歩いて行くと、途中から昔の道になった。うーにーとよくここを歩いた。それだけで幸せだった。人と犬ってなんなんでしょうね。

昔なら(反射的に?)写真を撮ったものですが、今は意識しないと撮らなくなった。画面の中にうーにーがいない写真なんて、敢えて撮ることもないだろう。

 

車まで戻り、白州の道の駅へ。野菜などを買う。先日、気に入った青大豆もあったので買った。
ここでいきなり、うーにーのブリーダーさん宅に電話をかけてみる。
「30分後くらいに行こうと思うんですけど」といきなり言うと、「何処にいるの?」と訊かれたので、「白州の道の駅」と答える。「分かった。待っている」となる。

自宅分も含めて、金精軒でお菓子を買う。お土産は生信玄餅、自宅用はあんどうふピュール。
金精軒の二階では、写真の展示をやっていた。ネットでさがしたらこちらでした。

 

ブリーダー宅に到着すると保護犬が元気に挨拶してくれる。ブリーダーがすぐに出てきてくれて、家の中へ。目が白濁している中型純血種が家の中で相手をしてくれる。他のブリーダーの犬を引き取ったようです。この子がなかなか性格がよく、「犬との時間ってこうだったよなぁ」と思い出す。

広いランにちょこんと超大型犬が三頭。ブリーダー曰く、「この犬たちがいなくなったらこのラン、どうしよう」と。使っていない幾つかのラン以外には鶏がいるだけ。思い出したように「そうだ、卵、持って帰ってよ」と10個ばかりいただいた。

「あの人はどうしている?」「あの犬は?」などと話は尽きませんでしたが、夕方の渋滞前に帰宅しなければならず、話を切り上げるように東京へと向かうことに。

 

帰りの中央道は所々渋滞はありましたが、ほぼ順調に帰宅。おばまの注射の時間に間に合いました。

そして、おばまはちょっと不満気に思いっきり女房に甘えていました。
おばまは土日が分かります。病院に連れて行かれるかもと警戒するのですが、この日は警戒する前に、私たちが外出してしまい、途方に暮れたこととおもいます。

おばまも一緒にお出かけ出来るようになるといいのですが、家の中の移動だけでも体調を崩すくらいななので(大袈裟ではなく)命がけになってしまうかもしれないので、無理だろうなとおもっています。

| | コメント (2)

2018年5月 7日 (月)

2018 ゴールデン・ウィーク前後の食べ物他

タブレットの中にあった食べ物写真やメモからゴールデンウィークを思い出すdelicious
(個人の記録です)

4月28日(土)
おばまのインスリンをもらいに動物病院へ。その後、経堂の商店街へ。悩んだ末にフォローミーのランチ。食後の飲み物がつくかどうか確認するのを忘れて、結局付けなかった。
お店を出て、外にあるランチの案内を見て「つければよかった」と後悔。前回も同じ後悔をしたような気がする。
趣のある店内だし、流れている音楽はジャズだったりクラシックだったり。
写真はありません。

4月29日(日)
メガネの関係で三軒茶屋へ。久しぶりにキャロットタワーの展望台に昇ったりした。
さて昼食。第一候補のル・マンが休み。結構あちこち歩きましたが「これだ!」という店が見つからず。なんとなく栄通りのお肉系のお店(二階にある)で食べた。店名が思い出せない。こちらも写真はありません。

4月30日(月)
20180507430a犬関係で知り合った富山の方からホタルイカとシロエビが届く。毎年、楽しみにしている。
シロエビは普通にから揚げ。
ホタルイカは今まで色々と試したのですが、念のため寄生虫対策もあり、ちょっと勿体ないような以下の食べ方をしました。これが美味い。使い勝手がいい。(見た目はよくありません。)
レンジOKの容器(写真はカフェオレ・ボウル)に全部入れて、ラップをかけてさらに蓋をして、レンジで適当に(量や入れ方によって時間は違います)。そこそこ加熱できたとおもった頃に引き上げる。容器の中はぐちゃぐちゃ。汁気たっぷり。20180507430b
ほとんど姿はありませんcoldsweats01。でも、これが美味しいし、色々使える。結構な量になる。(写真はレンジ前。)
そのまま食べても美味しいし、ご飯にかけても美味しい。今回はパスタにも使いました。汁の中から身を引き上げて、ポン酢などでもいけます。
本当は綺麗な姿で食べたいのですが、不器用なのでこんな感じになっています。

5月1日(火)
食べ物ネタなし。
近所を歩いていたら急に話しかけられて、何かとおもったら「5歳の猫を去勢手術したら、急に腎臓が悪くなって死んでしまった」という。随分と遠くから来ていたようで、その方の地元が 3日からの福島関係の展示場所に近かったので、その話を少ししたら、話が終わらせて立ち去ってしまいました。
動物愛護的な話をする人間が嫌いになってしまったのかな、と想像したりしました。

20180507502a5月2日(水)
こんなお菓子をいただきました。
桔梗信玄餅かとおもったら信玄棒でした。
我が家は金精堂派。桔梗屋さんは貴重品。

5月3日(木)
代官山の春花祭で色々見ていたら昼食を食べそこなった。晩御飯も何を食べたか覚えていない。
春花祭は、福島のことを思い出すいい機会。東京で電気を使っている限り、福島の発電所のお世話になっているのですから。
動物の情報は多々ありましたが、(動物以外の)福島の現状も聞くことができて、「このような所に来ないと、福島の話を聞く機会がほとんどないな」と気付いたりした。
原発の周りの町では、現在でも出続けている放射線量により、扱いが随分と違うようです。また、国が戻ってきてもいいとした地域でも、元の地域そのものが戻ることもない。地元の人は悔しいこととおおいます。

5月4日(金)
春花祭が終わった夕方、福島から足を運んで下さった方たちも一緒に食事。
20180507504a  20180507504b
まずは集合場所的に使わせていただいた L.C.d.B. 。ガレットやさんですが、特別に軽食も出していただきました。地元関係だから貸切りにしてもらえたのかもしれませんが、数名で利用するにはいいお店です。お店にはボーダーのサブちゃんがいます。
20180507504c  20180507504d
さてさて晩御飯。
みんなで駅近くのカフェ・クラッセに移動。お洒落なお店で高いだろうとおもう店構えですが、そんなことはないし、お店の人たちもみんないい人です。私は写真(下左)の定食を食べましたが、お時間ある方はこれが幾らか調べてみてください。ついでに場所とお店構えもね。きっとビックリしますよ。こんなことからも代官山って素敵な町だとおもいます。
20180507504e  20180507504f
そうそう、福島から来ていただいた方からエキソンパイもいただきました(恐縮です)。

5月5日(土)
梅が丘の串揚げ屋さん、かくれん坊
前々から行きたいとおもっていたのですが、なかなか機会がなかった。ここのランチはとってもお得だとおもいます。写真はありません。
晩御飯は、近所のラーメン屋さん、一心。久しぶりにここのつけ麺&餃子を食べる。女房はふくいしラーメン。こちらも写真なし。

5月6日(日)
犬関係の方から突然の電話。とても久しぶり。
我が家もよく行った信州のとある場所に行ってきたので、お土産を買ってきてくださったという。この季節に、その日だからこそのお土産といえば「山菜」。色々いただきました。
折角なのでランチをご一緒に、と祖師谷大蔵キッチンマカベへ。人気のお店ですが、ぎりぎりセーフという感じで利用することができました。こちらも写真なし m(_~_)m
犬との暮らしに対する考え方は色々なので、同じような考えを持っている人との話は楽しいし、とてもプラスになる情報があります。こんな付き合いが続けていられるのって幸せだなと。
20180507506a  20180507506b
20180507506cで、夜は山菜と冷蔵庫にあった野菜でこんな感じ。料理は女房。青大豆福島の犬猫に関わっている方からいただきました。初めて使いましたが結構いいですね。上の長芋は冷蔵庫にあったもの。

 

ゴールデン・ウィークは何気なく終わってしまったような気がしましたが、これを書いてみて、いろいろあったんだなと気が付きました。
春花祭でもいろいろありましたが、それは Twitter やら FaceBook に書いたので、それでいいかな。自分は福島にお世話になっているとおもっているけど、それは人それぞれだし。
犬や猫との暮らし方も人それぞれ。それでいいとおもっています。

それにしても写真が下手になった。自分が使っているタブレットは暗いところに弱いです。

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

サンシャイン水族館(2018.3.9)

これはブログ、日記です。(2018年)3月9日にサンシャイン水族館に行きました。そのことを書いておくだけhappy01
何故、一ヶ月以上前のことをアップするかと云えば、ネガティブな内容が含まれるので、展示終了を待っていました。しかし、後半の「ざんねんないきもの展」が期間延長になったので、もうアップしちゃいます(当日のチラシをみたら延長の表示がありましたcoldsweats01)。

池袋のサンシャイン水族館で、3月11日まで、深海生物を特集していた。それが見たくて女房と行った。
特に見たかったのは「メンダコ」。その昔、わざわざビデオを買って動くメンダコを見たことがありますが、深海生物であるメンダコの実物を見たことがなかった。
HPやパンフレットにメンダコが展示されている(ように見える?)写真が載っている。そして、もうすぐ展示が終わってしまうので行きました。

ついでに、これも見たかった「ざんねんないきもの展」も見てきました。こちらの話は後半(ブログアップ時、まだやっています)。

 

深海生物2018 のパンフレットはこんな感じでいた。

 2018040401  2018040402

2018040403で、メンダコはこんな表示(右)。
レア度MAX!、期待しますよね。

下の展示は見ましたが、どうもこれだけのようでした。何処かにきっと生体が展示されているはずと館内を何周もしましたが見つかりませんでした。
週末になったら混むだろうからと、頑張って平日に行ったのに、、、残念。

 2018040404  2018040405

2018040406メンダコだけでなく、深海生物の展示はイマイチに感じてしまいましたが、他の展示は普通に楽しめました。

大きな水槽には、珊瑚も配置され多くの魚が泳いでいました。ちょうどダイビングスーツを着たお姉さんが水槽の中から話を聴かせてくれるコーナーがありましたが、トラフザメに抱きついたりして楽しそうでした(お姉さんの写真はありません)。

その近くには、マンボウの水槽もある。小さめの水槽なので間近で見ることが出来た。動きがゆっくりなので待っていればシャッターチャンスが来ます!

 2018040407  2018040408

アザラシも小さめ水槽だったのですが、ビュンビュン泳ぐので上手く撮れませんでした。

2018040409  2018040410

ヤドクガエルやカメ、爬虫類なども見易い展示だった。ハコフグはサービス精神があるのか撮りやすかったです。タブレットのカメラで撮っていますが暗い展示もそれなりに撮れました。考慮されているのかも。(おまけ的に深海生物のダイオウグソクムシも入れておきます。)

 2018040411  2018040412

 2018040413  2018040414

この水族館に前回来たのはいつだろう。うーにーが来る前のはずだし、その前も行った記憶がない。ただ、オープンしてすぐぐらいに一回か二回行ったような記憶があり、そのときは「結構広いな」と思ったような気がするのですが、今回は「もうここで終わり?」とお土産物売り場に到着してしまい、不思議な感じでした。

2018040416aお土産物売り場から外に出ると、こちら(屋上)にも展示がありました。それを見る前に、カフェに行く。狙いはメンダコケーキだ!、冒頭に載せたパンフレットにもあるし、ネットでも話題になっていた。共に話題になっていたグソクムシケーキも気になっていた。現物は冒頭パンフレットや現地にあった広告(右)の写真よりもよく出来ていて、とても興味が湧いたのですが、ちょっと食べる気になれないのでパスした(少々お高めだったし)。

 2018040415  2018040416

可愛いものは食べちゃいたいと思うけど、グロ可愛いと手が遠のくのは何故でしょう。

 

さて、外の展示。この日はあいにくの雨。
まず、全体をウロウロしようとしたが、とにかく雨。屋根がある場所ばかり見る。
雨が弱くなったときに、屋根のないアシカの前に行くと「撮って!」と言っているかのように、近づいてきてカメラ目線をくれる。写真を撮って間もなく、何故か狭い池のようなところで、凄い勢いでぐるぐる回り始める。「何なんだ、この行動は?」と思ったら、排泄をした。「犬や猫と同じなのね」と思ったものでした。

 2018040417  2018040418

少し離れた屋根がある場所に人が集まり始めた。ペンギンのショーが始まるらしい。私たちもそこへ。頭上と正面にペンギンたちが泳いでいる。

 2018040419  2018040420

分かり易く云えば、餌やりショーだ。
よく分かったことは、口の中には獲物を逃さないように、内側に向いた針のようなものが無数にあり、鱗や鰓がある魚をしっかり喉の奥へ奥へと流し、食べるらしい。

ペンギンは、水に浮かんだ餌を食べるとき(人間から直接もらうときも)丸ごと食べる。しかし何かの間違えで魚が千切れてしまうことがある。骨が出てしまったりする。ペンギンたちは、そのような魚を口にはするが食べることはなかった。
鱗のように一方向に並んだものではない形になってしまうと、つかえて(引っかかって?)しまうようです。

参考になりそうなページとして、こんなページがありあした。これに似た写真を見せてもらいました。

 

次はアシカのショー。でも20分くらい時間があった。雨だしどうしようかと悩む。屋根のある観覧席もあるので、三月上旬の寒い雨の中、そこで待つことにした。
時間が近づいてくると、小学校低学年か、その手前の年齢の団体が幾つも集まってきた。小雨ではあったければ、屋根のない場所で見ることになった子達もいた。後で風邪をひかなければいいんだけど。

ショーが始まる。何処から出てくるのかと思ったら、私が居た所のすぐ横の花道のような通路から。間近でみるアシカは躍動感満点。
ショーの内容はアシカの能力が分かるようになっている。前後のヒレ(四肢)と首の能力は凄いなと思った。顎の力も強そう。

 2018040421  2018040422

ショーが終わると花道のような通路を帰っていった。いい場所で見ることが出来ました。

20180404232018040424

 
 

水族館のチケットを買うときにセット券が販売されていたのが、ざんねんないきもの展。話題になっていたし、面白そうと思っていたのでこちらも見た(安かったし)。

 20180404a  20180404b

    20180404c       20180404d

写真を色々と載せてしまいますが、やはり実物(生体)を見てほしいです。興味を持った人で池袋に行く用事がある人は是非足を運んでほしい。
ここだけの入場料は600円のようですが、水族館の入場券と一緒に買うと+400円です。

会場に入るとまず、デンキウナギ。これは知っていた。体のほとんどが発電するための器官であるため、生きるための必要な器官は頭の近くに寄せて(?)ある。なので肛門も顎の下くらいにある。

 20180404e  20180404f

次に迫力のある、リュウグウノツカイ。おもわず「そうなの?、でも食べられて泳いでいる映像見たことない」と疑ったりしました。

 20180404g  20180404h

 20180404i  20180404j

検索したらこんなページが見つかりました。
体が半分ない固体が泳いでいます。私はてっきり齧られても(齧られた歯形になくなっても)大丈夫なのだと思ったら、自分で切り離すことができる(トカゲと同じならそうですね)という意味なんですね。

ちょっと気になったのがシマリスの展示。残念な理由は知りませんでしたが、展示されている個体の内一匹の尻尾がこんな感じ。切れてはいないし、何故こんな状態になったのか。また、それを展示しているのか不思議におもった。

 20180404k  20180404l

20180404m女房と「これこれ、これだよね」と顔を見合わせたのは、カエルアンコウ。この魚、そう遠くない昔、名前が違いました。放送では不適切とされる単語が長い間使われていました。当時から「いいのかなぁ」と思っていましたが、10年くらい前(もっと前かな)に改名(?)されました。

「一匹だけか」と思ったら、もう一匹いました。逃げ足は遅いでしょうから見つからないようにしているのでしょうね。

 20180404n  20180404o

舌が青いトカゲ(アオジタトカゲ)は、サービス精神なのか、それとも別の理由があるからなのか、時々舌をだしてくれる。しかし私はタブレットで撮っているので素早く撮れない。なのでとにかく何枚も撮った。偶然舌を出している写真が撮れることを祈って。
舌の写真は撮れませんでしたが、いい表情が撮れたので載せておきますhappy01

 20180404p  20180404q

動物の名前が酷いかどうかは感覚的なものがある。
スッポンモドキ、別にいいとおもう。ブタバナってダメですか?(顔の写真が撮れなくて残念)、ブタさんの立場はどうなるのでしょうか。名前よりも人間の乱獲が酷いとおもう。

 20180404r  20180404s

次も名前ネタ。これは、私も「カニの名前じゃないんだ」と納得。ならば「アカホシヤドナシヤドカリ」とかすれば?(写真が下手でゴメンナサイ)

 20180404t  20180404u

20180404x写真を撮ったものの最後。展示でも出口近くに居ました。
これも名前ネタですね。酷い説明がされていますが、写真の通り綺麗です。飾っておきたいくらいですが、生き物を飾るのは好きではありません(花も)。
格好を気にして生きていられるのは人間くらいではないでしょうか。(求愛のため目立つ色や格好をしている動物もいますが、それは次の命へ繋ぐためであって自分個人の満足のためではないです。)

 20180404v  20180404w

大きな展示会場ではありませんが、これらが全てではありません。これらにしても現物(生体)を見ることをお勧めします。

家族で行くのもいいし、友達やデートでもいいとおもいます。ちょっと時間が空いたときに一人で行くのもいいとおもう。バラエティーに富んだ展示なので、一つは好きになれるヤツがいるとおもいます。

生き物好き、デザイン好き、コピー好き、ネタ好き、そんな方は是非!
特設HPはこちら

(2018年)5月6日(ゴールデン・ウィークの終わり)まで

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

失見当(識) ~避難所に身を寄せるようなときに気をつけたいこと~

単語の備忘録。

大規模災害の発災直後、見当がつかなくなる人が多くなるという。ほとんどの人が程度の差はあれ、この状態になってしまうらしい。
非日常な状況を突然強いられれば、平常心ではいられないだろうと想像は出来る。しかし、どの程度のものなのか、よく分からないというのが本音だった。

それを分かり易く語ってくださったセミナーが昨年(2017年)11月にあった。話を聴いたときに「うんうん、そうだよな、そういえばそういう話を聞くし辻褄が合う」という感じでした。

最近の私は、このような話を聞いても、とりあえず放置する。時間を経て本当に大事なこととして広く伝えなければならないことなのかよく考える。
この4ヶ月間、「あ、あの単語、なんて言ったっけ」と思ったことが何度かあったので、「この単語は覚えなくちゃ」という気持ちで、この書き込みをすることにしました。

 

以降、失見当識という言葉の説明をします(識をなくして「失見当」ということもあるらしい)。昨年拝聴したセミナーの内容が主ですが、その後私なりに調べたり、自分の経験などからの考えを書くものであって、先生のお話そのままではないし、裏づけが不充分な部分もあるでしょうから教科書的に読まないでください。個人の備忘録です。

ネットで調べたらコトバンクの次のページがヒットした。
https://kotobank.jp/word/%E5%A4%B1%E8%A6%8B%E5%BD%93%E8%AD%98-283454

一般的には(私の理解では)、意識障害や記憶障害により、周りの状況の認知が不完全なのか、認知は出来ても判断が健全に行われないのか、結果として異常に見える行動をとってしまう状態と言えばいいだろうか。俗な言葉でいえば、「上の空」とか「別の世界にいってしまっている」と、私は理解した。
上記ページで書かれていることは、医療現場で診断に用いるときの説明であり、災害時のことは「そのような状態」と理解するべきで、このページの通り解釈すべきではないとおもいます。

 

この言葉が出てきたのは、「ほとんどの人は、大規模災害の発災直後はまともな判断が出来ないと心得ておかなければならない」という話からでした。

「なるほど、みんなそうなっていると思って(自分はしっかりまともだと自覚して)冷静に行動しましょうってことだよね」と思ったら、ちょっと違う。「たぶん誰もがなる、私もなる、あなたもなる、と自覚して欲しい」、とのことです。

そこで、幾つかの実例が出されました。私も似たような話を幾つも聞いていたので納得。

この20数年間の大規模災害直後、現場で被災しながらも懸命に救護活動などにあたった方々の何人かから「あの1~2日の記憶が全くない」とか、「あそこでこんなことしたじゃないですか」と話をしても、「私、あそこに行きましたっけ。行ったことないとおもいますけど」などと返事が返ってきたとか。そのときの記憶が全てない人もいれば、所々ない人もいるそうです。

問題は、記憶のあるなしではなく(理屈はともかく)異常な行動してしまうこと。

明らかにおかしな行動を起こす人もいるでしょう。動けなくなってしまう人もいるでしょう。イライラしていつもやらないようなことをしてしまう人もいるでしょう。
そのように分かり易いケースよりも、特定の知識・意識が抜け落ちてしまっているケースが危ういことになりそうです。「この人に任せておけば大丈夫」と思ったら、いつもと違う行動をして任せておけない人になってしまうこともありそうです。

発災直後には、そのような人たちが避難所など安全とおもわれる場所に集まります。そのことを心得ておくこと。

自分も含め誰もが、そのような状態になることを認識しておくこと。

 

発災直後に、少しでもその状態(の自分)を和らげる方法をセミナーでは紹介していました。これも私の勝手な解釈をつけてしまいますので、先生のお話そのものではありません。

1.まず「どうしよう」と途方に暮れている自分に気がつくこと。正常だとか、冷静にならなくては!、など考えたところでなれないこと(失見当識になっていること)を自覚すること。

2.周囲の状況からの判断を誤って認識してしまったり、認識さえ出来なくなってしまうようですが、情報は必要です。そのために、スマホなどを手にとる。地震災害であれば地震速報が鳴るはずなので、その気になると思います。
そのことを想定して、(例えば)「まずスマホを手に取ろう!」と声に出す、と予め決めておき、実行することだそうです。
声を出すことにも意味があると思いますが、平時に決めたルールを守れているか、の確認にもなります。発災直後の状況からだけで判断するのではなく、平時に考えたこと(声に出す)を実践できるかを確認することも大事なのだろう、と思いました。

3.スマホなどから、ある程度の情報収集や行動の方向性を考えることが出来始めたら(情報収集したら、たぶん尚更焦るでしょうから)、深呼吸やストレッチで体も心もほぐす

4.3.までは個人の考え・行動ですが、次は、他の人とコミュニケーションをとることについて。まず連帯感を意識する。「不安ですよね!」「一緒にやりましょう!」という感じで。
やってはいけないことは、安易な安心情報を出すこと。「大したことないです」「あそこ(避難所など)に行けば絶対に大丈夫だから」など。
大規模災害時は何が起こるか分かりません。大丈夫と言われたことがそうでなかったら、とても混乱したり悲観的に感じる人も出てくるとおもいます。また、連帯感を持たねばならないときに、不信感を抱くことになるでしょう。

 

私の現状の理解は、こんな感じです。

 

ところで、今更このことを書こうとおもった動機を書いておきます。

前の書き込みで、「ファースト・ミッション・ボックス」について書きました。避難所を立ち上げるときに利用するものです。名前はどうでもいいのですが、このようなようなものが普及してくれないと、避難所運営の(平時からの)準備も進まないだろうなと考えています。

避難所を立ち上げるのは発災直後です。ほとんどの人が失見当識状態になっていると考えるべきです。

平時に避難所運営を論じるときは、「こんなケースは?」「もし、このような問題が発生したら?」など多視的に考えることでしょう。当然それらの議論や準備は必要です。しかし、発災直後、それを論じていた人たちの頭の中に、それがあるとは限らないし、認識能力・予測能力は著しく低下していると考えるべきなのでしょう。

ファースト・ミッション・ボックスは、今まで一度も訓練に参加したことがない人でも実行できるように書かれている、と言われていますが(どれだけ訓練に参加したかではなく)、失見当識の人でも動けるように書くべきなのだ、と気がつきました。

 

失見当識なる言葉で、発災直後の混乱を少し整理できました。
もし大規模災害に直面したら、他人のこと、世の中のことも大事ですが、自分は正常ではいられないと心得ることが、最も大事なことかもしれません。
正常ではない自分のために、出来る限りの備えをした方がいいと思う反面、しすぎても使う余裕がないかもと思ったり。

災害時という(自分の心も)混乱しているときに、どう動けばいいのか、どう使えばいいのか、分かり易い、忘れてしまっても直感で分かりそうな、モノや方法を準備しておくべきなのだと理解できました。

| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

非常食

3月11日が近くなったから書く訳ではなくタイミング的には偶然です。

数日前、ばたばたしていて昼食をとりそこなってしまった。午後三時を過ぎて何を食べようかと考えた。ふと棚を開けると、昨年の秋に同行避難訓練のお手伝いをしたときにいただいたと思われる非常食があった。簡単に出来るみたいだし、これにすることにした。

二袋あった。味がついているものと、おかゆ(おもゆ?)のような味のついていないもの。

 

まずは、味のついているほうから。
非常食というと、勝手に地味なイメージをもっていましたが、お洒落なパッケージ。避難所に身を寄せて地味なデザインを見ながら食事をしたら、たぶんとても落ち込むとおもうので、これでいいとおもいます。

20180307a1 20180307a2

20180307a3作り方は、熱湯は20分、水なら60分。

水で試したい気持ちもありましたが、寒い日であったこともあり、熱湯コースにしました。

当然のことながら、アレルギーの表示もしっかりある。

作り方は分かったので、やってみる。

袋を開ける。立たせる。スプーンが目に入ったので取り出す。そして、熱湯をいれる。

内側に「ここまで入れてください」の「注水線」なるものが描いてある。それを超えないよう熱湯をいれる。入れてゆくと、袋が横に広がり注水線が逃げてゆくような感じになる。よく見て熱湯をいれた。

20180307a4 20180307a5

20180307a6そしてチャックを閉めようとしたとき、「脱酸素剤を取り除いてください」の文字が目に入った。急いで熱湯に浸かった小さな四角い袋を取り除いた。空腹だったので、焦っていたようです。
私は健康を害することはありませんでしたが、本来であれば食べるべきではないのかもしれません。私と同じ過ちを犯さないように、気をつけましょう。

こうやって写真を見ると、何箇所にも注意書きがありますね。ちょっと忙しかっただけの私でさえ、これに気がつかなかったのですから、被災された方々の中には、全く気がつかない人もいるかも。

20180307a720分待って開けてみるとこんな感じ。味はしっかりついていた。気分が落ち込んでいても食べることができそうです。


このブログを書いていて気がついたことがもう一つ。「アルファ米」ではなく「アルファ米」。
WikiPedia で調べてみたら、やはり、アルファ化したお米を乾燥させたものでした。
アルファ化については、ペット・フードの勉強をすると出てきます。
お米と炊いたご飯は、如何にも別ものですよね。分子構造が違うんです。お米をアルファ化したのがご飯です。日本語で糊化とも言います。

つまりアルファ化米とは、炊いたご飯を乾燥させたもの。お米に水や熱湯を入れても炊けない(ご飯にならない)ことくらいは私でも分かります。でも、ご飯を日々食べる日本人が(カップヌードルを開発してから)このようなものを開発するまで時間がかかったのか不思議です。自分が知らなかっただけであったのかな。

続いて、こちら。「白がゆ」と書いてあります。

20180307b1 20180307b2

こちらは、熱湯5分、水40~50分とありますが、やはり熱湯で。
もちろん、脱酸素剤は出しました。袋の形が同じなので、熱湯を入れてゆくと、「そろそろ止めなければ」とおもうと袋が膨らんで「まだまだ」となる。

20180307b3    20180307b4
出来上がり写真を撮り忘れましたが、真っ白なお粥。お米を砕いているのか粒が小さいので、ふわふわというかさらさらというか。するすると入ります。
味は全くついていません。醤油や塩をかけたくなりましたが、よく味わって食べました。
体調を崩して食欲がないときなど、無理してでも食べるときに良さそうな感じでした。

 

2~3年前、賞味期限がとっくに切れていた乾パンの缶詰が出てきた。乾パンと氷砂糖の塊が入っていた。「非常食ってこういうものだよな」と思って食べた。その時、そのことをネットに書いたら、「今はもっとよくなっていますよ」とお言葉をいただいた。
今回食べたようなものがあるのは知っていましたが実際食べたことがありませんでした。

こんなに良くなっているとはビックリです。

ニーズがあれば確実にいいものが出来るんだな、と当たり前のことを思ったりしました。

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

「動物愛護法」は本当に動物を守れている? 現行法が抱える問題点とは

https://petokoto.com/1433

上記、なかなか参考になる記事だと思ったので、自分の備忘録。そして、私の活動を理解してくださっている方々にも読んで、ご意見いただけたらと願います。

現在の法運用の限界のようなものを具体的にみることができる内容もあるし、将来についての方策が見えてくる内容もあります。

 

司会:細川先生

 

1 法律を運用する「現場」が抱える課題
 大熊伸悟さん(高崎市動物愛護センター職員)

不幸な犬や猫を減らしたいと考える人には、是非読んでいただきたい。
今までセンターがなかった場所にセンターが出来ること、そこに熱意ある方が就かれ、改革を進めてゆく。行政という大きな組織の中で、今までやっていなかったことを行うことがどれだけ大変であり、また、そこまでしなくても良いという選択肢がある中、茨の道を進むが如くの日々を選んでいます。

「あなたたちなんかは動物のことちっともわからないでしょ」と言われたりと悔しいおもいを抱き、さらに勉強も重ね、実情にあった指導が実ることになったのでしょう。

====
例えば飼い主から電話で「うちの馬鹿犬は私の手を噛むんだ、散歩もしてあげてる、餌もあげてるのに噛むんだ、けしからん」といった話をされたときには、・・・・
====
と書かれた前後を読むと並々ならぬ熱意を感じます。このレベルのことを、どこのセンターでもやっていただきたいものです。

今までも熱意ある職員さんが、保健所やセンターを変え、その地域を変えた例が幾つかあります。このような方が活躍できることを心から願っています。

記事の順序とは前後逆になりますが、業者を刑事告訴するまでのプロセスについて、ここまでネット上に書いてくださったことにも感謝しています。
法律があるのだから裁判にかけられるはず、と考える人が多いようですが、現場はこんな感じだし、地域によって絡み合う諸事情があることもあります。

これは、後述の「4 動物取扱業、登録制から許可制へ……?」も併せて読んでいただきたい。
都道府県(センターや保健所)の権限を強くしていただくことと、動愛法に何回か出てくる「環境省令で定める基準」を現場で物差しとして使えるものにしていただくことを願うばかりです。

 

2 劣悪なペットショップ 東京都の法律運用は?
 川崎亜希子さん(公益社団法人「日本動物福祉協会」栃木支部長)
 太田匡彦さん(朝日新聞記者)

====
2年ほど前に東京都昭島市のペットショップで一つ事例があったので・・・・
====
と、この事件についてのお話です。

この事件については、公ではお話し出来ない内容があるのではと思っています。
以前、この件についてのシンポジウムが近所で行われたので拝聴させていただいたことがありますが、そのときに公では話せないことがあることを感じさせる内容を目にしました。私が以前から抱いていた疑問に対する答えを見つけることができましたが、それば逆に大きな問題があることを突き付けられたような気持になり、正直なところショックでした。

そのことについてはここでは書けませんが、とても難しい問題であり、それをどうにかしない限り(業者の問題だけでなく、動愛法の運用全体が)大きな前進は難しいのではないかと危惧しています。

 

3 「8週齢」を条例で 札幌市の事例
 藤野真紀子さん(元衆議院議員)
 太田匡彦さん(朝日新聞記者)

業者に対して既に8週齢の規制をしておいて、飼い主を対象にしようとしたら「科学的知見はあるのか」との考えから、ちょっと待ったをかけようとした、ということですが、逆に環境省に、8週齢の規制を業者だけに行う「科学的知見はあるのか」と問いたくもなる。
これについては、以前議連の先生が「決めの問題である」と発言していたのを記憶していますが、環境省が客観的な「科学的知見」に拘るのか、「決め」を作り、悪質な(思慮深くない?)繁殖者(業者、飼い主、その他繁殖する者全て)に対して、繁殖行為について意識を高めてもらう方向で進めるのか、今後を見定めたいとおもいます。

業者でない人が(繁殖する必要も意思もなく)安易に繁殖することは倫理上も問題があるとおもうし、一般飼い主が繁殖するのであっても、せめて8週くらいまでは親元に置いてあげてほしいものです。

 

4 動物取扱業、登録制から許可制へ……?
 大熊伸悟さん(高崎市動物愛護センター職員)
 太田匡彦さん(朝日新聞記者)

冒頭の、1 法律を運用する「現場」が抱える課題 の解決策的内容。
法改正により、登録制から許可制にしたい、とありますが、その通りだとおもいます。以下、現場ではそのような場面に遭遇することがあるかとおもいます。
====
現状の法律では、それを運用する地方自治体の職員は布の服にこん棒みたいな状態で現場に行かなくてはいけないので・・・
====
現場職員の方々の熱意が報われる法律にしていただきたいです。

最後の方にある
====
繁殖用の犬猫を畜産動物にするということです
====
には、ギョっとしましたが、そのようなことが進んでいるという現状は記憶しておく必要がありそうです。そこまでして繁殖するメリットがまだまだあるということですから。

(参考)
http://www.ray-office.jp/authorization/%E8%A8%B1%E5%8F%AF%E5%88%B6%E3%80%81%E7%99%BB%E9%8C%B2%E5%88%B6%E3%80%81%E5%85%8D%E8%A8%B1%E5%88%B6%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E9%81%95%E3%81%86%E3%81%AE%EF%BC%9F/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%8A%E5%87%BA%E5%88%B6

 
 
5 動物を守りたい――アニマルポリスの実現可能性は?
 大熊伸悟さん(高崎市動物愛護センター職員)
 川崎亜希子さん(公益社団法人「日本動物福祉協会」栃木支部長)

現場で起こっている問題が、公の場でここまでしっかり議論されるようになった現在、アニマルポリスの必要性は明らかだと感じています。
名称や組織の構成手法はこれから議論してゆくとして、まず、動愛法をしっかり守る必要性を国民に理解していただくことが必要だと考えています。広く理解されれば、職員の権限を強くするのは当然であり、職員の数も増え、しっかり監視・指導できるようになれば世の中、変わってくるとおもいます。また、センター内部に置くのではなく、指導・取り締まり等を仕事としてきた人を中心にした別組織になってもいいのではないでしょうか。

どのような形であれ、動愛法が理解され、人と身近な動物とが心穏やかに暮らすことが当たり前の世の中になることを祈っています。その世の中は、きっと人間同士も心穏やかに暮らすことができる世の中だと信じています。

 

※オマケ――虐待について

記事を読んでいて、この説明も必要なのでは?、と思ったことを書いておきます。
一言で「虐待」と言っても種類(?)があります。とても大まかな分け方を書いておきますので、考えていただけたらと願います。
また将来的に、法律やそれに付属する基準などで記載されることを願っています。

・ 積極的虐待と消極的虐待
「積極的虐待」は、猫を対象にしたものが多いです。惨いことをする。さらにその死体等を人目のつくところに遺棄したり、その行為をネットにアップしたりするので、他者への影響もあります。
「消極的虐待」は(時間的理由、経済的理由等で)手が回らない。つまり、ケージや部屋が劣悪な環境になったり、その他、健康面の最低限の配慮が出来なくなってしまう状況が続いてしまうことです。

・ 虐待を行うのが、「業者」なのか「個人」なのか
今回の記事でも8週齢規制を業者だけでなく飼い主にも、との内容がありましたが、(虐待に限らず)業者が行う場合と飼い主が行う場合では、違ってきます。
「業者」は消極的虐待になることが多いと思いますが、行政は業者を登録制にしていますから、把握、指導できる関係にあるはずです(それがしっかり出来ないのが現状で、このような議論がある訳ですが)。
「個人」は積極的虐待も飼育崩壊などの消極的虐待もありますが、行政は把握することも難しいです。そして現在の法律の運用では指導も(やることは出来ても従っていただくことは)難しいのが現状です。

現在、大括りに「虐待」と云いますが、最低限上記の分類を国民が意識できるような取り組みが必要なのではと感じています。

 

以上、自分の備忘録と私の活動に理解ある方々へのメッセージでした。
一年後には、どれだけ前進できるのか。来年の年明けに、これを読み返したいと考えています。

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

(読書感想文)ネコロジー ノラ猫トイとその仲間たちの物語

「やさしいねこ」を読んでいたら、女房から「これもどう?」と薦められた本。ブックカバーで表紙は見えない。著者は、THE ALFEE の坂崎幸之助さん。
ページをめくると「2001年に書かれた」ものらしい。「だからなんなの?、とりあえす書いたのだろう」と思っていました。

読み始めていきなり、「ちょっと、、、」と言いたくなった。これはまずいんじゃないの?、と。

まず、外を自由に出歩く猫たちのお世話について書かれている。日々の餌やり、健康管理、そしてTNR。
TNRについては、最近書いた「(読書感想文)やさしいねこ」の真ん中辺りに書きましたので、そちらをご覧ください。簡単にいえば、そのような猫たちに避妊去勢手術をすることですが、その必要性・重要性を理解していただきたいので、そちらを読んでいただけると有難いです。

とてもいい活動だと思うのですが、あくまでも個人の活動が噛み合っているという感じ。情報共有も作業分担もしっかり出来ていると書かれていますが心配になってしまう。坂崎さんは、その人たちの目的意思の高さからか、その人たち(おばさんたち)を秘密結社と呼んでいる。それだけのしっかりした繋がりがあるのだろう。
しかし、例えば一人が病気などで活動できなくなったらどうなるんだろうという危うさを感じた。一人ならどうにかなりそうですが運悪く二人重なったら、などと揚げ足を取るようなことを考えて心配になってしまった。

何が言いたいかと云うと、これを地域猫活動と思われたら怖いなと。今(2017年)、お役所などから言われている地域猫活動の感覚とはかけ離れていて、この本の通りの活動をされてしまうと(地域猫活動が始まった、または始めようとしている地域では)トラブルになる可能性がありそうだと心配になってしまった。
しかし、「(読書感想文)やさしいねこ」の中でも以下のように書きました。このような意味で、多くの人に読んでいただけたらと思います。
======================
残念にも感じますが、完璧な理論展開をする必要もないとおもいます。私のブログのように(苦)、しっかり説明してしまうと読み手は疲れてしまい、踏み出すことを躊躇してしまう。
この本を読み、町中に暮らす猫がどういうものなのか、彼らに対して何をしてあげられるのか。そのようなことを考える入口になってくれる本だとおもう。さらにその先、行動に移すときは、他にも情報を集めてくれることでしょう。
======================

(読書感想文)やさしいねこ」の中でも書きましたが、この本にも糞尿対策のことが書かれていない。公園や緑道近くなど、場所によっては必要がないのかもしれない。それでも、「こういうことも必要です」と書いてもらえたらとおもったものでした。

 

少々解説を加えさせていただきます。
動物の愛護及び管理に関する法律というものが、1999年に大改正が行われ2000年に施行され、そこから日本の動物愛護は現在の方向に向かってきました。まだその動きが鈍かった2001年の著書とのことで、その時代背景が分かっている人には、「あぁ、あの頃ね」と分かるとおもいます。
この本の内容が現在のこと誤解し、この本以外に情報収集せずに動いてしまう人がいたら怖いな、と思った次第です。

冒頭に地域猫活動を誤解する人がいるのでは?、と感じた内容が書かれていたので驚きましたが、その後の内容はとてもいいです。
ちょっと難しいけど猫を飼うなら知っておいてほしいことを軽妙に解説してくれている有難い本です。気を付けなければならない病気のことをはじめ健康のこと、猫同士の関係、個体差などなど。

「やさしいねこ」が交響曲だとしたら、こちらはポップスの15曲入りアルバムという感じ。全体の流れはあるものの、一つ一つのテーマが独立している。一つ一つを聴き入る。気が付くと、あんな曲やこんな曲があったな、と。

これだけの内容を教科書的に書いた解説本があったとしても、多くの一般飼い主さんに読まれることはないでしょう。彼のネームバリューとこの軽快さで、幅の広い知識を身に着けてくれる人が多々いるとおもうと嬉しくなります。思わず「上手い、ざぶとん三枚!」と言いたくなりました。

 

私がこの本の一番好きな(共感した)ところは、本編とあとがきの最後のくだり。

本編の最後
======================

もし、うちに転がり込んでくる猫が1匹もいなくなったら、本当に楽になるだろうなあと思う。きっと寂しいだろうなあ、とも思う。でも、そうなることが、最終的な僕の夢だ。
そして、世の中にノラ猫が1匹もいなくなったときには、今度は自分で好きな猫を1匹だけ選んで、ちゃんとペットとして愛してみたいと思うのだ。
======================

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネコロジー ノラ猫トイとその仲間たちの物語 [ 坂崎幸之助 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/12/27時点)



あとがきの最後
======================
もちろんこういった一個人の考えには反発も同感もあるとは思います。でも、こんなこともあるし、こんなバカな人たちもいるんだなって……、それだけで、まっいいか。

偽善者ついでにもうひとつ、この本の印税は全てノラたちの避妊、去勢、エサ代にあてさせていただきます。ご了承ください。もちろん秘密結社へのカンパも !!

21世紀初めての夏、歴史的猛暑

THE ALFEE 坂崎幸之助
======================

どこにどう共感したかは書きません。単純に「そうそう」と思った、それだけです。

私にとって坂崎さんは、音楽活動でも注目しています。THE ALFEE の活動も素敵ですが、ラジオやYouTubeなどで、日本のポップスの解説をする姿をみて、有難いとおもうし、ほっとするものを感じます。

私も微力ながら、色々な人の犬猫関係の活動を紹介・説明してゆけたらと考えています。

 

この本とは関係ないことですが、TNRや地域猫活動についての説明を一つの記事にして、「詳しくはこちら」とした方がいいなと思うようになってきました。

次の記事はそれだな。時間、かかりそう (-_-;)

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

もうひとつの ずいずいずっころばし

「やさしいねこ」の感想文を書いたら、その後に祖師谷のギャラリーであった写真展「もうひとつの ずいずいずっころばし」について、書いておきたくなった。
当日、写真を撮らなかったので、ギャラリーのブログをみていただければ、少しは分かると思います。こちらこちらこちら
大阪ニコンサロンでは終わったばかりのようです。)

2017年11月12日に行ってきました。

原啓義さんという写真家が街中のネズミを撮った写真を展示。
この写真展の話を聞き、お知らせに載せられた写真を見たとき、頭の中に「?」が幾つも浮かんだ。
何故、街中のネズミなの?」「狙いは何?」「どうやったらこんなに綺麗に街中のネズミが撮れるの?、望遠?、自動シャッター?」などなど。

ギャラリーに着くと、原先生もいらした。
私はまず写真を見て回る。写真と並んで、童謡「ずいずいずっころばし」の説明もあった。「へ~、そういう意味だったの!」と今更ながら知る。同様の内容が、Wikipediaにあります。お茶壺道中なんて知らなかったし、斬捨て御免の時代が故の内容ともしらなかった。とにかく、その時代も今の時代も、人間の近くにネズミは暮らしている。

一通りみて、自分の疑問を解決すべく、更に写真をよく見る。見ればみるほど、疑問は解けない。
写真は綺麗だし、ネズミが何か台詞を言っているような感じのものがあったり、イメージ写真のようなものがあったり、まるで状況を作って撮ったような写真ばかり。

怪しげに写真を凝視していたら、原さんが声をかけてくださった。これはラッキー!、と色々疑問をぶつけてみた。

 

何故、街中のネズミなのか?
街中の猫を撮っていたら、ネズミを見るようになった。意識して見るようになってくると、たぶんこの辺りにいるだろうなと分かるようになり、写真を撮るようになった。

狙いは何?
コンセプトとか訴えたいものとか考えずに目の前のネズミを撮り続けたら、いいものが撮れた。自分でも趣味的なものだったので、写真展を行うようなことは考えていなかった。

どうやったらこんなに綺麗に街中のネズミが撮れるの?、望遠?、自動シャッター?
望遠もほとんど使わなかったそうです。裏路地のような所が多いので、遠く離れた所から撮ることは出来ない。普通の商店街や飲み屋街のような所なので、自動シャッターのカメラを設置するのは難しい(了承とるのも大変だと思うけど、酔った人に何されるか分からないと思うし)。
なので、「この穴から出てきそうだな」と思ったら、通っていい写真が撮れそうになるまえ待つ」そうです。相手はネズミ。意思の疎通が出来ないだけでなく、ほとんど人が嫌う存在。そのような動物の撮影に何かと苦労があったとか。

 

難しいことを考えずに、現場で嫌われ者のネズミを撮り続けた写真が世の中に認められるようになった。
ギャラリーで写真を見る人間は、部外者だからこそ、その写真が「絵本の中のよう」に見えるのかも知れない。

現場では嫌われ者、写真展では物語の中の存在。そのギャップや葛藤が面白い写真展だと、私は感じた。

 

私のパソコンでは表示がおかしくなってしまいますが、原さんがネズミ写真に対する気持ちをお書きになったページがありました。こちらです。

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

(読書感想文)やさしいねこ

20171205a2017年10月30日、この本を扱った写真展に行ってきた。場所は祖師ヶ谷大蔵。活気のある商店街が羨ましい。美味しそうな飲食店も多い。駅近くにあるドーナツ屋さんは時々利用している。

その写真展でこの本を購入。著者は、太田康介さんという人。カメラマンである。カメラマンが自分の猫を撮り、文章も書いている。

ここを読みに来る人の中には、太田さんを知らない人もいるだろうから、簡単に説明しておく。
元は戦場カメラマンらしい。東日本大震災以後は、福島に残された動物たちを撮ったり、その動物たちに関わる活動をしている。

イベントなどで何度がお会いしたことがあるですが、そのようなときはファン(?)のような方々に囲まれて近寄り難い雰囲気。ご本人の雰囲気がではなく、人だかりが苦手な私は、人がワラワラいるの所には近寄り難い。

私の印象は、まず「体が大きい」「力ありそう」「喧嘩強そう」。そして「優しそう」。他人からの伝え聞きからは「いつもお金なさそう」。

 

20171205b何故、こんなことを書くのか。
猫の写真集であれば、写真家の人柄など関係なく写真の感想を書けばいい。しかし、この本には文章がついている。それもそこそこの量があり、その内容が、猫(個体だったり猫全般だったり)についての説明だったり、野良猫に向けての気持ちだったり説明だったり、時には感情だったり。

カメラマンの写真なのに、「どうだ!」と言わんばかりのものがない。淡々としているという感じ。そこに文章がついている。実は、写真のための文章ではなく、文章のための写真なのだ。
それに気付いたとき驚いた。カメラマンが写真を見せるのではなく、自分の飼い猫になった「ぽー」さんを知ってほしい、そして、野良猫のことを知ってほしいという気持ちからこの本を出している。

読んだ感想は一言では言えない。一言で言えというなら「複雑」。
私は、自分の考えを発表するような著書が大嫌いだ。そのような本のほとんどが「それではダメでしょう。そんなことやっていたらいたら、いつか猫が可哀相な目に遭う。そのとき、あなたは解決できないのでは?」と感じてしまう内容が含まれているから。
しかし、太田さんが書いているとそう感じないのだ(たぶん、太田さんだけではなく太田ご夫妻だからだとおもいます)。この人ならきっと解決できるおもう。解決できなくても、出来る限りのことを行い、それは誰もが理解できることだろうとおもってしまう。

ちなみに、帯は糸井重里さんが書いている(上の写真)。
「ぽーという猫がいた。/それだけで、うれしくなる」となっている。

ぽーさんも興味深い猫ですが、太田さんの感じ方や行動も興味深いし、この本を読んで行動を起こす人もいるのではないかと思います。

外を自由に歩いている飼い主のいない猫についての理解を深めたい人は、是非読んでみていただきたい。
また、自分は猫が嫌いで、猫好きな人のことを理解できない人にも読んでほしい。猫に対してここまでの気持ちと行動力がある人がいることを知ってほしい。太田さんほど行動している人は少ないかもしれませんが、猫に対してこのような感じ方、考え方をしている人が少なからず存在することを知っておいてほしい。

 

ただ、いいのかな?、と感じた内容もあった。
個人的なTNRの内容があり、それを勧めているように読む人もいるかもしれない。

TNRとは、捕獲機(Trap)で安全に捕まえて、避妊去勢手術をして(Neuter)、元の場所に戻す(Retuern)こと。
野良猫を捕まえて・避妊去勢手術をし・元居た場所に戻す。つまり、野良猫に避妊去勢手術をするだけ。

何故、こんなことをするのか。もちろん、猫を増やさないため。

猫は繁殖力旺盛で自然に任せておけば(病気や事故で死ななければ)、猫1カップルが二年で80匹以上になる計算になります。
増えてハッピーならいいのですが、猫が嫌いな人もいれば、何かしらの被害を受ける人もいる。なので、「とにかく猫がいなくなればいい!」という人もいるのです。

猫を殺す訳にはいかないし、前述の数の野良猫全てを飼い猫にするのも非現実的なので、現実的な対策の一つとして、このTNRがある。

しかし、TNRをしただけでは迷惑行為対策にはなりません。
対策として、猫を管理し、食べ物や排泄のお世話もし、健康管理や環境衛生も考慮して、周囲に迷惑をかけないようにしてゆこうというのが「地域猫活動」です。

個人的なTNR活動は、地域猫活動によからぬ影響を及ぼすことがあります。地域猫活動は、地域の人たちで行う活動なのでコミュニケーションがとれていないとなりません。個人でTNRをやっている人の中には、地域の人たちとのコミュニケーションをとらず、他の人からの助言や注意に全く耳を傾むけない人もいるそうです。このような人たちの中に、猫がいることによる迷惑行為を助長させている人もいると聞きます。
この本では、そのような説明がない。また、最も猫が嫌われる原因の一つである糞尿対策のことも書かれていない。

残念にも感じますが、完璧な理論展開をする必要もないとおもいます。私のブログのように(苦)、しっかり説明してしまうと読み手は疲れてしまい、踏み出すことを躊躇してしまう。
この本を読み、町中に暮らす猫がどういうものなのか、彼らに対して何をしてあげられるのか。そのようなことを考える入口になってくれる本だとおもう。さらにその先、行動に移すときは、他にも情報を集めてくれることでしょう。

 

20171205c一般人が入れない福島の特殊な地域に通って活動するくらいのプロカメラマンが、町中の猫をことを伝えるために選んだ写真を使って、町中の猫のことをちょっと考えてほしいと作った本だと、私は感じました(もちろん、親ばか部分も多々ありますが)。
(右のポストカードは、写真展会場で本を購入した人の特典。天使になったぽーさんの幸せそうな雰囲気が印象的。ちょっと不幸そうなおばまの顔が対照的。)

誰でも入ることが出来る入口つくりは簡単なようで簡単ではありません。多様な考え方を認める現在において、とても難しいことだとおもいます。それにチャレンジした一冊だとおもいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やさしいねこ [ 太田 康介 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/12/8時点)


ぽーさんは、猫神様から、「人間たちに猫のことをもっと理解させるように」との使命を受けてやってきたのかも、とおもったりもしました。そして太田さんは、「俺はやるから」とぽーさんを通して猫神様に約束したのだと想像しています。

とても個人的なことですが、ぽーさんはどことなくおばまに似ているような気がします。
他の猫と上手くやっていけないところ。でも、弱い猫、弱っている猫には優しいところ。ごはんを持ってゆくと「しゃー」と言ってみたいするところ。体格も似た感じ。あ、尻尾の先がたぬきっぽいところも。

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

猫ドアをつけてみて

前回は猫ドアを付ける作業について書きました。
今回は、取り付けに際して、高さや裏表など悩んだこと、そして、使ってくれるのだろうかと悩みながら猫ドアをつけてみて、感じたことを書いておきます。

 

高さ

前回書いたように、背線よりも少し高い位置をドア部の上辺の高さにして正解だったと思いました。
くぼみが片側にだけ来る構造なので、くぼんでいる側から入ろうとすると、穴に頭を突っ込むような感じになります。そのような時に、猫は頭を高いままにしないと思うので、この高さで良かったと思っています。

 

裏表(くぼみをどちらにするか)

これにより外気(冬なら冷気)が出来るだけ入って来ないようにと考えましたが、これはあまり関係ないようです。

くぼみをどちら側にするかは、猫がより行きたい方向にくぼみがない面を設置し、猫ドアに慣れてもらうのが良さそうです。
我が家の場合、くぼみは部屋側、廊下側は(人間の)ドアと猫ドアに段差がないように取り付けました。部屋から出るのが怖くて、すぐに戻りたいおばまの場合、これが良かったみたいです。

おばまのように何事にも慎重な猫は、狭い所に頭を入れることをしたがりません。なので部屋から出る方向では、なかなか使ってくれませんでした。
逆側(廊下側)からは、10日もかかりましたが使ってくれました。理由はくぼみがなかったことと、「とにかく部屋に戻りたい」という気持ちからだとおもいます。
それから数日で、部屋から出るときも使ってくれるようになりましたが、恐々という感じで、あまり出てこないし、出てきてもすぐに戻ろうとしてしまいます。

使ってくれるようになるまで、女房は日々苦労していました。まず、手でドアを手前に開けて抑え、こちら側に美味しいお刺身を置く、などしてどうにか通ってもらうようにしました。それを繰り返した後、(ドアは手で開けずに)ドアの向こうにお刺身を置き、それが見えれば(たぶん匂いが届けば)、どうにか出て来てくれるようになりました。

 

大きさ

私は今でも「シャー」と言われてしまうので、トレーニングに参加しませんでした。
やっとおばまが自力で出入りする姿もあまり見る機会はありません。私を見ると部屋から出てこないし、廊下にいればすぐに帰ろうとするから。

なので、出てくるところを見たのは2~3回だけですが、印象は「おばまには小さかったかも」。でも使ってくれているので結果オーライです。
ドア部分(開閉部)は、約15センチ四方

大き目、太目、慎重な猫の場合、ちょっと狭いかなと思います。
しかし、大きさを理由に使わなかった猫はほとんどいないようです。

 

まとめ

ドアに穴を開けるのは一大決心が必要です。梁のようなものがどのようなものか分からないと不安も大きいです。我が家の場合、処理が簡単なものだったので、全体的に難しいことはなく出来ました。


商品を手にしたら、設置する高さ くぼみ(表裏)をどちらにするか、悩むかもしれませんが、私なりの結論は上記です。

猫に気持ちよく使ってもらうには、大きさも考慮する必要があるかもしれませんが、大きいと外気が入ってくるのでは、と気になったこともありました。

我が家の場合、「使ってくれるか」が一番の問題でしたが、どうにかクリアしてくれました。
猫ドアを使ってくれるようになってから、部屋からあまり出て来なくなり、出て来てもすぐに部屋に戻ってしまいます。
それまでは、おばまが外に出る時間帯は、(人間の)ドアを開け放していました(廊下が寒い家なので部屋が冷えてしまいます)。
ドアを開け放してあげた方が安心するみたいで、今でもドアを開け放すと、以前のように出てきます。

色々と悩むことはありましたが、「使ってくれないかも」と考えると、価格の安いものになり、この商品になりました。この商品で機能的に問題と感じる個所は全くありませんので、これで充分だとおもいます。

とにかく、使ってくれるようになって何よりです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧