« 三茶de大道芸(2019.Sat.) | トップページ | 同行避難(追記) »

2019年10月22日 (火)

同行避難とか同伴避難とか

先の台風15号や19号は来る前から大きいと報道もあり、実際大きな被害がありました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々の生活が、一日も早く以前の生活に戻れることを陰ながら祈っております。

そのような大きな災害が来る度に、ペットを連れて避難したいが受け入れてくれる避難所がない、という話が出てきます。
2011年の東日本大震災の時は、避難所に入れないことが当然のような風潮がありました。しかし国は阪神淡路大震災(1995年)以降、同行避難を示していましたが、世の中はほとんど反応しませんでした。「あんな大きな地震は当分来ない」と多くの人が思っていたからでしょうか。
2004年中越地震の時、孤立した村から犬もヘリコプターで救助されて話題になりました。この時の映像が大きな反響を呼び、その後はペットも一緒に救助することを後押しする声が多くなっていきましたた。(担当者が当時のやり取りについて語っているのをYouTubeで見たことがありますがやはり基本的にNGだったようです。しかし現場の誰もが助けるべきだと考えていたようです。)
そのようなこともあり、中越地震後、市区町村の中には、改めて同行避難の普及をはたらきかけた所も出てきました。
それでも、先に書いたように東日本大震災の時は(特に原発災害による避難命令を受けた地域では)多くの(ほとんどの?)人が家に犬や猫を置いて避難した。そのように指示されたと云う人もいれば、避難所には当然連れていけないと思っていた人がほとんどだったとおもいます。また、同行避難という言葉を知らない人も多かったとおもいます。

東日本大震災後、また改めて同行避難の普及を試みた市区町村も少なからずあったようですが、なかなか各避難所は(人間に対応することを考えるだけで)手いっぱいでペット連れの対応まで手がまわらないのが実情のようでした。

まだ記憶に残っている方も多いであだろう 2016年の熊本地震の時でさえ、ペットと避難所に行くこと(同行避難)がなかなか難しい状況でした(今もですが)。そのような状況の中、龍之介動物病院が同行避難を望む人たちに病院を開放したことが話題になりました。

 

さて「同行避難」とは何だろうか。
現在は「ペットと共に避難する行動を指す」ことになっている。あくまでも「避難する行動」のことである。
以前は少々違った。ここまでしっかりと定義されていなかった。なんとなく「避難所に一緒に行きましょう」的なニュアンスで、それ以上のことを読み取ることは出来なかった。
「同行避難」という言葉は随分と前から役所が出している文章にありました。それに対して「同伴避難」は、同行避難が知られてくるようになり、避難所までは一緒に行くが、避難所で同じ空間で過ごせないことがほとんどであることが知られるようになってから、広まった言葉です。

ちなみに、何故ペットと共に避難することを推奨しているのか、これをご存知ない方は、一度調べてみていただければとおもいます。法律で(直接的な表現ではありませんが)書かれているから、と云うのが分かり易い答えがありますが、法律で書くほど大事な理由は何だろう、と考えていただきたい。これはネットで調べれば見つけることが出来るはずです。
少々意地悪に感じるかもしれませんが、調べてみると色々なことが分かってきて、驚いたり、過去の出来事に胸が痛くなったり、多少は疑問をもったり。人と身近な動物との生活について、より深く・柔軟に考えることが出来るようになりますし、今後、身近な動物との社会問題を考える時に、現実的に考えることが出来るようになります。
日本人は(動物関係は特に)「欧米を手本に」と考えている人が少なからずいるようですが、アメリカのカトリーナ後に整備された法律のことや、その後の避難所のことも調べてみていただきたい。

理由や背景、現実はともかく、国は同行避難をしましょうと言っています。しかし(この2019年の大きな台風の時も)「同行避難とか言っているけど、受入れてくれる避難所ほとんどないじゃん!」の声を幾つもネットで目にしました。

 

やっと本題です。

このようなことにならないように、私は東日本大震災後から同じことを繰り返して書いたり発言してきました。しかしこの2~3年はトーンダウンしました。一つは、防災について語られる機会が減ってきたことがある。もう一つは、私が書いたり発言したことを「やってみた?」と聞くと9割以上の人が「未だ」と答えが返ってきたから(虚しくなって諦めた)。
つまり、私の考えを大きな団体や先生と呼ばれる人たちは、言わなかったのです。
私一人が言っている状況なので、皆さん「意味あるの?」と思ったことなのでしょう。しかし、今回の台風がきたら、やるしかなかったのです。それを平時にやっておきましょう、それだけです。

その話の前に基本的なこと。
各市区町村は予め何処を避難所にするか決めています。多くの場合、学校であることが多いようです。
そこには備蓄品など「物」も準備されていますが、災害発生時に避難所が開設されたときに運営する人たち(団体)が準備されています。もちろんどのように運営するかも話し合うように(国からトップダウンで、直接には市区町村から)指示が出ています。なので各避難所毎に運営マニュアルを作ることになっています。

という言うことは、ペットを受け入れるのであれば、そのマニュアルにそのことが書かれているはずです。
先にも書いたように、運営マニュアルは各避難所毎に作るものであり、内容を役所から押し付けられることはありません。
運営団体の人たちはボランティアです。行政の人たちが運営するのではなく、地域の人たちの善意で運営されるのです。
大規模災害が起こった時、行政の人たちが各避難所に駆け付けることが出来ないであろうことは、阪神淡路大震災や東日本大震災を体験した人ならご理解いただけるとおもいます。現実的に考えて、地域の人がやるしかないのです。
その地域の人たちが「この避難所はこのように運営しましょうね」とマニュアルを作るのです。

とは言っても、ゼロから作るのは大変です。なので国が作った雛形を都道府県がアレンジし、さらに市区町村がアレンジしたものを「これを基本的な形にして作ってみてください」としています。
その中に同行避難(してきた人やペットの受入れ)について書かれています。国が同行避難を推奨していますので「この避難所は受入れません!」とキッパリと決めている所は少ないとおもいます。多くの避難所は「検討中」や「準備中」のようです。
しかし受入れないと決めた避難所はあります。各避難所の事情から仕方なくそのような結論に至ることがあるようです。

ところで、あなたは、ご自分が避難すべき避難所が何処で、その避難所で同行避難がどのように決まっているのか・いないのか、ご存知ですか?

 

やっと、私がやってほしいこと(だけど、ほとんど方がやってくださらなかったこと)。

まずお住いの(市区町村の)役所に電話を架けて「私は〇〇町の〇丁目に住んでいますが、災害時に利用すべき避難所は何処になりますか?」と確認し、避難所を教えていただいたら、「その避難所ではペットの扱いはどうなっていますか?」と訊いてください。訊くことに意味があります。答えが分かっていたとしても訊いてください。多くの人が問い合わせたことは役所内で検討事項になるからです。
答えはだいたいこんな感じです。「ペットの扱いは各避難所で決めることなので避難所にお問い合わせください」。
その答えをいただいたら「連絡先を教えてください」とお願いします。または「避難所の連絡先は(区市町村の)HPに出ていますか?」と訊いてください。
そして、避難所に連絡し「ペットの受入れはどのように決まっているでしょうか」と尋ねてみてください。こちらでも多くの人から問い合わせがあれば、積極的に検討してくれることになるとおもいます。

 

避難を余儀なくされたとき、役所や避難所に確認のために連絡した人も少なからずいらっしゃったとおもいます。
それを平時にやっておきましょう、とそれだけです。

長々と書きましたが、たったそれだけのことが言いたかっただけでした🐶🐱

 

(余計なこと)
「避難所はボランティアでやってくれているのか。何もしない自分が同行避難をお願いするのも気が引けるな」と感じることもあるでしょう。たしかに現状、やる人・やらない人、が分かれてしまう運営方法になっています。
今の世の中、物だけではなくシステム(ルール)も新しいやり方が考えられる時代です。皆さんが声をあげ「出来ることがあれば協力するよ」と一言いえば、避難所運営のルールも今までは考えられなかったような方法が出て来るかもしれません。
素晴らしいアプリが出来て、皆で少しずつ協力し合って避難所が運営出来るようになるかもしれません。
そうなるように、もう一歩前に前進出来たらと何年も前から願っています。

こんなに長い長い文章を読んでくださり、ありがとうございます。
あなたは、より良いペットと暮らす社会を心から願っている方だとおもいます。
であるなら、もう少しお付き合いください。

日本にはまだまだ、犬や猫、その他の動物を粗末に扱うことは許されることとおもっている人がいるようです。
また、不特定多数の人が集まる場所に、犬や猫などを連れてゆくことをタブー視しているこ社会であることも感じます。それを考えれば、同行避難が広まらないことも仕方ない、となってしまいます。

避難所には、アレルギーの人もいるでしょう、本人も理由など分からず「とにかく犬や猫は嫌い」という人もいます。そのような人たちへの配慮は必要です。
ここまで考えると、面倒になってきますね。それらの問題をクリアするのは無理そうだから、やはり無理か、諦めたくなります。だからタイトルを「余計なこと」としました。

でも、私たちは進まなければなりません。このままではいつまでも同じです。そして発災時に不安になります。

前に進むために、どんな形であれ、避難所で受けれていただけるようにする。そして訓練を重ねる、経験を積む。問題点を洗い出す。
実際の災害時は特に、予想と実際は違うものです。 訓練もやってみたら「こんなはずではなかった」となることもありあす。特に動物関係は。(実際の災害は来ないで欲しいので来ないこと祈り)訓練でも数多く経験することで、先に進めるようになります。自信が付いてきます。

 

そのような状況を作るために、先に進むために、一人でも多くの方に「自分が避難する避難所が何処か」「その避難所ではペットの扱いがどのように決まっているのか・いないのか」を確認していただくことを心から祈っています。

|

« 三茶de大道芸(2019.Sat.) | トップページ | 同行避難(追記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三茶de大道芸(2019.Sat.) | トップページ | 同行避難(追記) »