« 松任谷家が犬を迎えたときの話 | トップページ | 淡々とやっていられない時代(その2:JavaScript と HTML) »

2019年3月17日 (日)

淡々とやっていられない時代(その1:実は20年以上続いている「犬とゆく」)

ホームページ運営の技術的な話です。
html、JavaScript、php なんてことの話です。
そして、運営上の言い訳です

 

今、「犬とゆく」の基本的なメンテナンスをしている。約2000のhtmlファイルを見ながら、ちまちま直している。
今やっている具体的な作業は、ページの上に右向きの赤い三角マークを付けること。
「犬とゆく」には、二つの表示方法がある。運営側としては「シンプルページ・モード」と「フルページ・モード」と呼んでいる。

昔はパソコンの画面は小さかった。表示できるドット数が限られていた。
640×480からはじまり、800×600、くらいまでは、一枚の紙のような表示でないとキツかった。
それ以上の表示が当たり前になった頃から、周りを付けることを考えて「フルページ・モード」を作ることにした。

ここで、トップページを例に、二つのモードを紹介しておきます。
こちらがシンプルページ・モード、こちらがフルページ・モード
現在やっている作業は、シンプル・モードの時に、全てのページに右向き赤三角が表示できるようにすること。

フルページ → シンプル は、画面右側に「シンプルページ」というボタンを用意したのですが、シンプル → フルページ は各ページからできなかった。なので、右向き赤三角を(気が付いたものだけ)付けていた。

遠い昔に作られたページも多々ある。
公表では、2000年からやっていることになっていますが、その二年くらい前から別の名前(サイト名)で運営していました。
あるとき、その名前を付けた商品が発売されて、「他の人が付けようとしない名前にしよう」と考え「犬とゆく」にしたのが、2000年でした。

2000年以前に作られたページもあるので、それらにぶつかると驚くし、ため息も出る。「こんなので動くんだ」とブラウザの懐の深さに感謝。

 

作業していて、途中まで何の違和感なかった自分が怖いというか情けないというか。
ソースを基本に考える時代ではないけど、これだけ古い(古典?、泥臭い?)ものでも動くんだなと、驚いた記録です(爆)

次回は、今も動く昔仕様のソースコード(html、JavaScript、phpなど)について。

                     次のページへ

|

« 松任谷家が犬を迎えたときの話 | トップページ | 淡々とやっていられない時代(その2:JavaScript と HTML) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松任谷家が犬を迎えたときの話 | トップページ | 淡々とやっていられない時代(その2:JavaScript と HTML) »