« 「犬と暮らす生活」「犬と過ごす時間」 | トップページ | チャイニーズレストラン サニー(世田谷線松原駅近く) と 世田谷線沿線の秋のお祭り »

2018年10月 4日 (木)

野鳥を助けたい

9月30日から10月1日かけて、とても風の強い台風がやってきた。東京では、JRが台風が来る時間にあわせて運行を見合わせることを発表していた。日曜日だったので、大きなイベントも開催を取りやめるほどだった。

そんな9月30日の朝、「店の駐車場に野鳥がうずくまっています。どうしたらいいでしょうか」と電話が架かってきました。場所は東京ではなく、「では、そちらまで参ります」とは言えない距離の場所だった。

もう2年以上前になりますが黒鵜を助けたことがあります。そのときに、犬や猫と違って自分だけではどうにもならなかったし、その他の協力者を得るのが難しかった記憶があります。

 

もし、あなたの家の敷地や隣家との境に野鳥がうずくまって動けない場合、どうしたらいいのか?、そんなとき、お役に立てそうなことをまとめておきます。

 

 

動物病院や町内の掲示板で「巣から落ちてきた野鳥の雛をみつけても、保護しないように」と書かれたポスターなどを見た方もいらっしゃるとおもいます。

東京都の場合、こちらのページに以下のようなことが書かれています。

・近くに巣がある場合は、巣に戻してあげましょう。
・少し離れて遠くから見守りましょう。

危険な状態であれば

・小さな箱などに入れて、近くの木の枝などに移してあげてください。

そしてこんなことも書かれています。

・ なお、産まれた全てのヒナが成鳥になるわけではありません。小さな小鳥を食べて生きている動物もたくさんいます。ヒナの生命が他の生き物へ受け継がれていくことは、自然の生態系の中でとても重要なことなのです。

 

以上は「雛」のことですが、黒鵜も今回の鳥も雛ではありませんでした。ケガをした野鳥を見つけたとき のことは、こちらのページ(前述と同じ)にありました。

・保護して東京都に連絡してください

・動物病院を紹介できる場合がありますが、動物の種類によってはできません。

 

実際に、目の前に動けなくなっている野鳥がいたら、これだけで対応できるでしょうか?
黒鵜のときも、今回も「どうやって捕まえよう?」と悩んだのです。黒鵜のときは公園だったので公園管理事務所の方が来てくださったのですが、今回は私有地なので自分でどうにかしなければなりません。

下手な捕まえ方をして、更にケガをさせてしまうのではないか、また、逃げられて道に出て行ってしまい、車や自転車に轢かれてしまったり、猫に襲われたりしないかと心配になり、捕まえるのに躊躇しました。

もしかしたら回復するかもしれないと考え、食べ物を与えることを思いついたとしても、野鳥の場合、食べるものが限られていることがあります。また、目の前にいつも食べている物を置いても食べないケースもあるそうです。

こんなこともあるので、まずやることは、種類を特定すること
写真を撮り詳しい人に見てもらい、鳥の種類を特定してもらうこと。そこから、捕まえ方など、その後のことを教えてもらうのが良さそうです。
法律上も種類によって扱いが違うことがありますので、種類の特定は重要だとおもいました。

 

今回の場合、ここまでもなかなか進みませんでした。
近づくと移動してしまい道に出てしまったらどうしようと心配で、近くで写真もなかなか撮れませんでした。
また、この日は日曜日でお役所や日本野鳥の会など、どこも連絡がつかなかったのです。あれこれと情報を集めていたら、動物病院ペットショップでいい情報が得られるかも、ということになりました。

今回のケースでは、車で行けそうな範囲で鳥を得意としている動物病院に電話を架けても「こちらでは捕獲できません」だし、相談できそうなペットショップも見当たりませんでした。

 

悩んだ末に素手で捕獲を試みてみようとなりました。その結果、やはり走って逃げてしまい捕まらなかったそうです。そのときに、どうも羽がちょっと折れているようだということが分かりました。

 

その鳥は駐車場から隣家との間の隙間に移動し、あの強風の台風の一夜を過ごしたそうです。

 

台風一過の晴れた月曜日。
現地の人は、お役所や野鳥の愛護団体などに電話を架けまくったそうです。その返答はどこも「こちらでは捕獲しません」。とあるところは「連れてくれば対応します」と。しかし、捕まえ方が分からない。

電話を架けまくった中の愛護団体で、そのような種類の鳥の一般的な捕まえ方を教えていただいたそうです。その通りにやってみたら、実に呆気なく捕まったそうです。

 

やはり、種類を特定し、詳しい人に聞く、これが大事だなとおもいました。

法律で野生動物は勝手に保護してはいけないことになっていますので、必ずお役所に相談することもお忘れなく(だったら日曜日も連絡つくようにしてほしいですけど)。

 

今回の鳥は準絶滅危惧種でした(検索ページはこちら)。「そういうことなら、特別扱いしてあげよう」となるかとおもったのですが、そのようなこともなく野鳥一般として扱われました。
絶滅危惧種や準絶滅危惧種は動物園が対応してくれる可能性があることも教えていただいたのですが、現場周辺にそのような余裕がありそうな動物園は見当たりませんでした。

街中で暮らしている人間は「怪我をしたら治療」とおもってしまうのですが、野生ではそのようなことはせず自然のルールに任せる(前述の文章だと「ヒナの生命が他の生き物へ受け継がれていくことは、自然の生態系の中でとても重要なことなのです」など)のが(法律などでも)基本なんだなと再認識しました。

この辺りに違和感を抱きましたが、このような決まりごとの下、お役所は対応していることを頭に入れて行動すると、効率よく動けるだろうと感じました。

 

私も知識がなく色々調べたり、詳しい人、似たような経験をした人に連絡をしまくり、つくづく犬や猫とは違うな、とおもった二日間でした。
野鳥と比べると、犬や猫は動愛法で守られているし、情報も多々あるし、協力者も見つかり易いです。

 

最後に、この二日間無知な素人のどたばたに真摯にお付き合いいただいた皆様には心から感謝申し上げます。

|

« 「犬と暮らす生活」「犬と過ごす時間」 | トップページ | チャイニーズレストラン サニー(世田谷線松原駅近く) と 世田谷線沿線の秋のお祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「犬と暮らす生活」「犬と過ごす時間」 | トップページ | チャイニーズレストラン サニー(世田谷線松原駅近く) と 世田谷線沿線の秋のお祭り »