« 5月の「犬とゆく」 | トップページ | 「俺、つしま」 ミニ色紙めぐり と 吉祥寺散歩 »

2018年6月19日 (火)

等々力不動(2018.06.19)

ここのところ雨の日が多いですが今日は晴れたので、出掛けたくなった。出来れば山歩きをしたい気分ですが、そんなに都合のいい場所はない。

おもいついたのが、等々力不動~等々力渓谷。

早めの昼食をとり、正午過ぎにお不動さんの境内に入る。すぐにでも緑が見たかったので、左の物見台(?)へ。眼下には弁天堂の屋根らしきが見える。うーにーと何度か歩いた場所だ。

2010年に逝ってしまった うーにー。まだまだ思い出いっぱいな感じ。

2018061901 境内から渓谷へと下る階段。急に温度が下がるのを感じましたが、「ヒヤリ」ほどでもなく適度で気持ちよかったです。
この階段は、うーにーには歩かせなかった。他の方への配慮もありますが、大型犬の足腰を考えれば、出来れば避けたほうがいいと思ったから。

階段を下りきればこのお店。なんともお洒落な感じ。

2018061902_2
そして滝がある。
この日は、天気がいいのに人が少ない、また水の出方もよかったので動画を撮りました。

2018061903
小さな橋を渡り、ちょっと脇道に入ってゆくように進むと、こんな景色を見ることができる場所がある。実は、私はうーにーが居なくなってからこの場所を知った。ただ、うーにーを連れて歩くような場所ではないので、知っていても(一緒に来れないのであれば)行かなかったともおう。

鬱蒼とした山の景色を拝める場所のすぐ近くには、こんな綺麗な芝生の場所もある。

2018061905  2018061906

渓谷に戻り、等々力駅方面へと歩く。等々力渓谷も「東京23区内唯一の渓谷」と言われ有名になった。人が少ないとは言え、高齢者を追い越したり、向こうから来る人とすれ違うのに気を遣ったり、遣われたり。

ゴルフ橋を昇り、等々力駅方面へ。
駅近くの催事場はときどき掘り出しものがある。しかし今日は私には関係のないものが売られていた。残念。

2018061907 すぐにゴルフ橋に戻る。右の写真はゴルフ橋の上から渓谷を見下ろして撮ったもの。
昔に比べればとても整備されたとはいえ、所々狭くなっていてすれ違いに苦労する場所もある。「落ちる人、いるのでは?」と思うような所が何箇所かある。

また、対岸を見るとなかなかワイルドな風景を楽しめることもある。

2018061910

 


下左の写真は、上右の写真でギリギリ見えなくなった辺りからゴルフ橋方面を撮ったもの。
下右は、環八下辺りから等々力不動方面を撮ったもの。

  2018061908   2018061909

上右写真の奥に、川の中に石を置いたような橋(?)があり、川の中に入ってもいいような雰囲気になっている。しかし今まで川に下りていた人を見たことがなかった。
今日はいた。抱っこ形のキャリーで犬を連れて(持って)いる人でしたが、キャリーを川辺に置いて人間だけ入り、犬を誘っているようでした。しかし犬は反応しない様子。飼い主さんは楽しめたようで何より。

その姿を見たい気持ちもあり、川の反対側の公園に行きました。公園の存在は知っていたし、一度、川を渡って来たことがあるのですが「ただ広くなっているだけか」とすぐに戻りました。
今日、よくよく見てみると、結構広い。環八方面に続いている。歩いて行ったら環八に出ることが出来ました。その途中で下右の看板を見つけました。

2018061911  2018061912

この看板の所から見えるのは、下左のような景色。「小窓をつけて覗けってことか。そんなんじゃ、見えっこないだろう」と思いながら近づいたら、下右のように。近づくとセンサーが反応して中が照明で照らされた。蓋だと思ったものは透明で、中が見えるのだ!

2018061913  2018061914

その後、お不動さんに戻り、カーンとお参りし、家へと帰りました。
滞在時間約一時間。

手軽でいいですが、やはり本当の山に行きたいものです。

|

« 5月の「犬とゆく」 | トップページ | 「俺、つしま」 ミニ色紙めぐり と 吉祥寺散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月の「犬とゆく」 | トップページ | 「俺、つしま」 ミニ色紙めぐり と 吉祥寺散歩 »