« 1月の「犬とゆく」 | トップページ | 非常食 »

2018年2月23日 (金)

におい展 @池袋パルコ

先にお断り。

私は、多くの人が嫌がる腐敗臭などに嫌悪感を抱くことはない。興味深く感じる。犬の肛門腺の臭いも興味深い。そんな人間である。
さらに、忘れもしない2006年、臭覚が一気に衰えた。細かい臭いが分からなくなった。もしかしたら、どんなに激しい臭いを嗅いでも激しいと感じないかもしれない。

私は、そんな人間がタイトルのイベントに行った時のこと。

https://twitter.com/nioiten
http://nioiten.jp/

今日(2月も終盤に差し掛かった金曜日)、におい展に行ってきました。
早い昼食を済ませ、会場に着いたのは、13時くらいだっただろうか。池袋パルコの7階、レストラン街に特設会場を設けている。

会場前に到着する。「平日のこんな時間、空いてるな」と喜んだら、「只今、30分待ちとなっています」という。そして「あちらにお並びください」と指した先は階段で、最後尾は5階だった。
これは30分以上かかると踏んで、一度池袋の街をぶらぶらする。若い頃、転がり込んでいた友達のマンション辺りに行ってみる。当時と違ってとても上品になっていた。

そして再びチャレンジ。
やはり5階まで並んでいる。最後尾を示す札をもった若い男性に「どれくらいなりますか?」と聞くと「やはり「30分くらいです」と。悩んだが並んた。

40分くらい待って入場。Twitter などを見ると、1時間待ち、2時間待ちもよくあることらしい。40分でもラッキーとおもうべき。

まず、コーヒー豆があった。会場の何箇所に置いてあり、鼻をリフレッシュするためらしい。
その次に花の香りが並んであった。私は花の香りの中に苦手なものが幾つかある。幾つか嗅いで(行列でなかなか進まないこともあり)「もういいや」と。

その先にはカメムシなど少々特殊なものが並んでいる。まずコーヒー豆。そしてカメムシ三種。「う~ん、、、どれも自分の手についたカメムシの臭いと違う」と。三種類とも嫌な臭いではなかった。どちらかと言えばいい臭い(匂い?)だった。

とても臭いが強いものは個室になっている。まずくさやドリアンに行ってみる。どちらも食べたことある。
個室に入る。透明なアクリルの箱にそれらが入っていて、上面に穴があいてある。穴の上には透明のビニールが一枚。それをめくって嗅ぐ。

激しい臭いではない。抑えられている感じ。長時間放置されているからだろうか。
どちらも私の記憶している臭いと違う。くさやは焼いている時の臭いを記憶しているので、違ったのかもしれないが、ドリアンは焼くでもないし、私が食べたものは冷えていたのだろうか。とにかく「それらしいけど、これじゃない」と。
臭豆腐もありましたが、「えっ、こんな程度?」と。

悲しかったのは、加齢臭靴下の臭いがよく分からなかった。臭いがキツイ部類の個室扱いなのですが、「えっ?、どこに臭いが?」。きっと私の体からも加齢臭がして、靴下は臭いのかも。これはどんな悪臭よりもショックでした。

この展示の入場料は、800円。私からすると「ちょっと高いんじゃないの?」と思ったのですが、交通費もかけて行ったのは、シュールストレミングが展示されているというから。

個室に入り、嗅いでみる。会場にあった、くさややドリアンと同じくらいだ。噂に聞くような激しさはない。こんなものでは罰ゲームにならない。
缶詰なのに日本では缶詰扱いされないシュールストレミング。中身が臭い上に、爆発の可能性があるので、取り扱いには注意が必要があるらしい。なので開けた瞬間に汁が吹き出る。その時の臭いがたまらないと聞いていた。機会があれば、是非、それを体験したいと思っていた。
そんな私には、「これは違う」と残念に感じた。
WikiPediaのページでも状態により臭いの程度が違うことが書かれているが、このページのグラフほどのものは感じなかった。

色々な臭いの瓶(花やカメムシの臭いはしっかり閉まる瓶に入っている)や個室があったが、一つだけ妙な形のブースがあり、18禁のマークがあった。フェロモンのブースらしいのですが、いつもカップルが使っていて、それは嗅がなかった。興味はあったが、加齢臭が分からない自分がフェロモンを嗅いで何も感じなかったら更に悲しくなりそうで、中で何やら動いていたカップルを何組か見て、やめようと決断した。(ず~っとカップルを見ていた訳ではなく、「空いたかな」と行ってみると、またカップルが入っている、となっていました。)

そのコーナーと幾つかの花は嗅がなかったのですが、1つのコーナーの臭いだけ嫌悪感を抱いた。それはアロマの臭い。花の中に苦手なものがあるからかも知れませんが、それだけではない「作り物」を感じた。発売されたばかりの時期に飲んだノンアルコール・ビールに似た違和感に似ている。
ちなみに、ほとんどコーナー、個室は次々に嗅がれて待っている人もいましたが、アロマのコーナーに私が嗅ぎに行った時、誰もいませんでした。

私にとって臭い(匂い)とは、命を感じるもの。なので悪臭は精製油系の臭い。動物系脂は大丈夫。そんな私なので、アロマがダメだったのかも。

 

頭の中では満足にほど遠く帰宅。
しかし、帰宅してみると空腹感が。
頭と体は感じることが違うものですね。

|

« 1月の「犬とゆく」 | トップページ | 非常食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月の「犬とゆく」 | トップページ | 非常食 »