« (読書感想文)ネコロジー ノラ猫トイとその仲間たちの物語 | トップページ | 「動物愛護法」は本当に動物を守れている? 現行法が抱える問題点とは »

2018年1月 7日 (日)

12月の「犬とゆく」

昨年もご利用&投稿ありがとうございました。
ブログやSNSの普及で「犬とゆく」を利用してくださる人が年々減っておりますが、まだまだ続けるつもりでいます。

犬に限らずペット行ける情報サイトも多々あり、情報量や利便性が強力なものが幾つかありますが、「犬とゆく」は「行ける場所や施設の紹介」だけではなく、「行く時に気を付けること」や「どのように楽しむか」、「そのために日常生活をどうするか」などを考えていただくサイトです。

幅広い施設を利用していない人たちが情報発信してる現在、まだまだ「犬と一緒に何処までも行ける社会」はやって来ないだろうなと感じております。それがやってきそうな風潮を感じた時にはこのサイトの更新を停止しようと考えております。
その後は、犬連れお出かけの歴史として利用していただければ嬉しいです。

 

さて、昨年12月の「犬とゆく」
月間公開数は4件、年間通算は55件
週一ペース(53件)を守ることが出来ましたcoldsweats01

塔のへつり
南会津にある景勝地。大内宿から行くのが定番のようです。
へつり(岪)とは方言で断崖・絶壁・急斜面・川岸などの険しい道のこと。
へつりガーデンでは、犬と一緒に食事が出来そうです。

三川温泉 新かい荘
新潟県の新津から会津・裏磐梯方面に向かうとある温泉地、三川。
犬連れ「も」OKの宿です。オフシーズンはお客さんも少なく、ゆっくり出来そうです。周囲は田園風景、遠くに山々。のんびりお散歩には良さそうです。
基本的に「館内抱っこ」のようですが、宿の状況により歩かせることをOKしてくれることもあるようです。犬連れ「も」OKの宿の方とコミュニケーションとれる方には、お勧めの宿となることでしょう。

湯原温泉公園内のドッグラン
みなかみ温泉のだいこく館さんからほど近いドッグラン。温泉街に隣接した河原近くのドッグラン。宿から近いので、寝起きや就寝前の散歩にも便利かも。
ドッグランは、管理してくださる方々がいて維持・運営出来るものです。基本的なマナーや周囲への配慮を忘れずに利用していただければと願います。

ペットと泊まれる温泉宿 水上温泉 だいこく館
老舗であり、犬連れOKを前面に出している旅館としては最も有名な宿の一つ。
上記の「湯原温泉公園内のドッグラン」や「ペットお休み処よりみち」など、館外にも犬に優しい施設がある。館内にはプレイルームも。犬連れに対する気持ちがしっかり伝わってくる。
宿泊料も一般的なペット連れOK宿と変わらない。利用しない理由を見つけるのが難しいくらいの宿。

清流公園内のドッグラン(道の駅「水紀行館」近く)
先に紹介した湯原温泉公園内のドッグランペットと泊まれる温泉宿 水上温泉 だいこく館からもほど近いドッグラン。湯原温泉公園は温泉街に隣接していますが、こちらは自然豊かな河原にあります。
河原のお散歩もなかなか良いです。思いっきりリラックスさせてあげたいときに良さそう。
道の駅に寄ったついでに利用するのもいいかも。

|

« (読書感想文)ネコロジー ノラ猫トイとその仲間たちの物語 | トップページ | 「動物愛護法」は本当に動物を守れている? 現行法が抱える問題点とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (読書感想文)ネコロジー ノラ猫トイとその仲間たちの物語 | トップページ | 「動物愛護法」は本当に動物を守れている? 現行法が抱える問題点とは »