« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月23日 (日)

いい記事だとおもったら

最近、マスメディアの記事が酷いと感じることがある。ペット関連のものだけではない。Twitter の書込みを持ってきて、それを記事にしたり、構成の要にするのには「手抜きじゃないの?」と感じてしまう。その発言について、裏付けを示せばいいのですが「こんな書き込みがあったから、私の考えは正しい」と言わんばかりの使い方には、呆れるばかり。

個人のブログなどで表現の自由の範囲で書込むことと(このブログのようにね)、プロが責任をもって(お金もらって)書いている記事との境目が分かり難くなっている。また、キュレーション(まとめ文書)とプロの方の記事の境目も分かり難い。

読み手として、プロ記者の記事は信頼して読みたいです。その信頼を裏切らないようにしていただきたいものです。
 

ペット関連にしても、「上っ面だけの情報を集めて、思い込みで構成している」と感じるものが多々ある。その原因は(取材する相手の)プロとか先生と呼ばれる人たちが現場から離れていってしまっているからだろう。表現を変えれば、多様性を認める現在、身近な動物との関わりというパーソナルな部分の多くを、プロであっても網羅することは困難になってきている。
また技術の進歩の速さもある。新しい技術を知らない先生、知っていても活用の仕方を理解していない先生をよく見受ける。

そんな中、以下の記事は、「いい記事だな」と頷けながら読めた。

マンションでペットをめぐるトラブルが絶えない理由
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170721-00135885-diamond-bus_all&p=1

「へぇ~、どんな記者の人が書いているんだろう。こういう人の記事を読みたい」と思ったら、不動産管理などをやっている会社の社長さんだった。現場のことをよくご存じな訳ですね。

マンションに限らず共同住宅は、入ってしまってから、「えぇ~~~、こんなことがあるの?」「こんな人が入居しているの?」、という話は多々聞く。逆に「規約には厳しいこと書いてあるけど、実はこんな感じで過ごし易いよ」ということも。

この記事の締めくくりが「ペット問題は 元を正せば人間関係の問題」となっていますが、共同住宅内は、プライバシーが守られていると言っても、やはり地域共同体とならざるを得ませんから、人間関係、つまりコミュニケーションは必須といえるでしょう。

ペットを飼って人間関係から距離を置きたいと考える方が少なくないようですが、私はペットを通じて人間関係を広めていってほしいと願っているし、そうしないと、この記事のような問題が起こり続けるのではないでしょうか。

 

余談(この記事とは関係ないこと)。

私は、ペットという言葉があまり好きではありません。出来ればコンパニオンアニマル(なので、ペットを通じて人間関係を、と考えます)と言いたい。
しかし、現実としてペットとして付き合っている人は多い。

同様のことで、この記事中に「ブリーダー」という単語が出てきますが。日に当たることが出来る運動場を持たない人をそう呼ぶのは如何なものかと思っていますが、現在、日本における認識としては、この記事を書いている社長さんの感覚が圧倒的多数だと思うので、記事としてはいいと思います。
しかし、プロとか先生と呼ばれる人たちには、ブリーダーはただ衛生管理や健康管理をしっかりして繁殖するだけではないことぐらい知っていてほしい。

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

6月の「犬とゆく」

6月の中旬くらいから暑い日が増えてきて、7月に入ったら暑い日ばかり。7月なので当然といえば当然ですが、雨の降り方が異常ですね。

豪雨で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く、以前の生活に近づき、そして戻ることを心より祈っております。

 

避難所に犬や猫を入れるか、入れたとしてどのような扱いにするのか、熊本地震のときも議論があったようですが、私個人の考えは、入れていいエリアとそうでないエリアを区切ればいいと思います。「一緒にいていいよ」という人は無視できないくらいいると思います。たぶん都市部では特に「一緒にいたい!」という人の数は結構いるとおもいます。

ただし、それが許されるのは、それは飼い主が常識的な人で、犬も人間社会のマナーを理解している場合。
コマンドで人の指示に従う犬ではなく、マナーが身についている犬。人間社会に入っても迷惑をかけない振る舞いができる犬です。
そうでない犬は、やはり、人間の居住区域とは別の場所に置くのが、犬のためにもなると思います。(その場合、クレート・トレーニングが必要になりますが。)

 

おっと、予断が長くなりました。
今回も、ほとんど犬連れ「も」OKの施設ばかりです。

6月は4件。通算、26件。ぎりぎり週一ペースです。

 

ローズファーム  
中央道・一宮御坂I.C.からR137を(河口湖方面に)少し南下した所にある、ばらとコーヒーのお店。
ドッグ・ランもありますが、全体としては、犬連れ「も」OKであり、専用のお店ではない。
メニューは、ピザやパスタ、カレーやオムライスなどのご飯ものがある。

Creperie et Cafe L.C.d.B.(クレープリーカフェ エル・セー・ド・ベー)
代官山の駅からは近いはずなのですが、駅からなかなか行けないお店。私は、だいたいの店の位置を教えていただき、一人で行こうとして行けなかったことがあります。犬なしでも一息つくのにいいかも。ただし、お店には、ボーダー・コリーのサブちゃんがいますので、犬が苦手な人は行かない方がいいかも。

TheCAFE L.D.K
中央道・甲府昭和 I.C.を出て左折(韮崎方面)しR20を進んだ所から住宅街に入ったところにあるカフェ。犬連れはテラスのみ。
たぶん、地元の人をターゲットに考えたカフェだと思います。
ベーコンの大きさにビックリ!

Jマート 八田店
「犬とゆく」では常連的になってきている、Jマート。今回は、南アルプス市の八田店。
もう説明の必要もないと思いますが、ドッグランがあって、店内へはペット用カートに乗って入店します。

 

暑さで熱中症などにならぬよう、お気を付けください。
また豪雨が降るかもしれません。いつも天気予報には注目しておきたいものです。

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

壁掛け時計落下事件(その2)

ちょうど一ヶ月前、こんなことがあった。
7月5日の夕方、16:40頃、今度は作業部屋の壁掛け時計が落ちた。地震はなかったようだ。

ここのところ暑い日が続いているので、100均で買った粘着式の金具が弱って落ちたのだろう。でも、落ちるのであれば暑さが激しい正午頃でもいいような気がする。そして、私がいない時に落ちてもいいような気がする。

約一ヶ月半前の、同じ水曜日のこの時間、私は友達の病室にいた。私と話をしている最中に、「薬、飲むの忘れた」と痛みどめを飲み、うつらうつらしはじめたので、話を切り上げはじめた頃だった。

その三日後の朝、予定外の急逝となってしまった。

 

言いたいことは分かっている。

時間を大切にしろ

そう言いたいのだろう。

 

皆よりも短い持ち時間の中で、皆のために頑張った。
楽しませてもらった。勉強させてもらった。仕事をもらったことも何度か。

いいヤツだった。
そういう人間は早死にしてしまうのだ、と改めておもった。

 

今度の土曜日が四十九日。

また楽しませてもらうだけになるかも。

逝ってしまった人間に言うのは不謹慎かもしれなが、言いたい言葉は「ありがとう」。

照れて視線を逸らす素振りが目に浮かぶ。

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

都議選の日となりましたが

昔は選挙の度に似たようなことを書いていたような気がする。ここのところ書いていないけど、たまには書いちゃいます。

ニュースでは政治に関わることを連日流しています。まるで国民全体が政治に興味があるかのように。それはネットも同じ。

与党のやっていることはおかしい!、政策がおかしい!、、、、などなど。

マスコミやネットでは、そのようなことが流れる。まるで多くの人が興味をもっているように。若い頃は、大きく盛り上がる度に期待したものです。

しかし、日常生活ではどうだろう。学校で、会社で、友達同士で、家族で、話をすることはどれくらいあるだろうか。

今回も都政には色々問題がありますが、投票率はどれくらいになるのだろうか。40%台にはのってほしい。良くても50%くらいだろうか。過半数に満たない人の投票で決まってしまうことに疑問をもっているのは私だけだろうか。
数字はともかく、投票率が上がらない限り、世の中は変わらないだろう。

SNS 上で特定の話題が盛り上がることはありますが、日本全体からみれば小さなコミュニティー。内輪の話。
同じ考えの人が集まって話合うことだけを続ける限り、大きな変化は見られないでしょう。
一人一人が個人として、「私はこう考えています」と口に出来て、それを聞いた隣の人が「あなたはそうですか、私はこう考えます」と会話が出来る世の中にならない限り、大事なことほど見えない所で決まるような世の中は続くのだろう。

 

身近な動物のことも同様のことを感じる。
多くの人が頑張って、一歩一歩前進して来た。それは私の予想を超えて凄いスピードで進んできている。
しかし、少し距離を置いて見てみると(日本全体からすれば)限られた人たちの活動であり、同じ感がを持った人たちが少し仲間を増やしだけの意識改革にも見える。
「日本全体」としての進歩を望むなら(動物に関係ない人も)一人一人が問題について認識し、ここまで進んできた法律などを知る必要があると感じている。

 

さて、今日の天気はどうだろう。そして、投票率はどれくらいだろう。
ちなみに、私は期日前投票を済ませています。期日前投票というお手軽な方法があるのだからもっと投票率が上がってもいいとおもうのですが。

残念です。

| | コメント (2)

2017年7月 1日 (土)

不要なパソコンの処分に困ったら

宣伝的な内容ですが、私的には備忘録。

何年か前から、不要なパソコンが増えてきたら以下の業者に頼んでいた。
ここを利用し始めたのは友達が働いているから。話を聞いたら、HDDの消去はしっかりやってくれるとのことなので、そこがポイント高かった。
利用してみて有難いと思ったのは「梱包不要」。会社のワンボックスが取りに来てくれるのだ。

パソコン回収.com   http://www.pc-kaishu.com/

 

以前は、お客さんからパソコン処分を頼まれることも多々あった。その度にHDDの内容をしっかり消去していた。今もお客さんから頼まれればそうするだろう。
自分のHDDも新しいのに変えたりすると、古いのが溜まってくる。こちらの消去は時間のあるときにやったり、消去以前に動かなくなったり。
動かなくなっても消去するべきなのですが、自分のものはそこまではやらない。でも、こちらにお願いすれば安心みたいなので、肩の荷が下りた感じです。
HDDはともかく、パソコンやプリンター自体の処分は結構面倒だったり、廃棄するまでスペース取ったり。
 

そんなときに友達が勤めているこの会社のことを知った。信用できる友達だからということもあるけど、その後何度かテレビで取材されたのを知ったり、ラジオ番組を持っていたりもしているので、使ってみることにした。

はじめの内はよく分からないので、その友達経由でお願いしていた。
わざわざ取りに来てくれるのですから、他の友達やお客さんに声をかけて廃棄パソコンを集める。それを家の中に置いておくと邪魔になる。早く取りに来てくれると嬉しいのですが、友達経由でお願いしていたら、1週間から最もかかったときで2週間くらいしてから取りにきた(わざわざ友達本人が来たこともあったけど)。

これはどうにかならんかなと思っていた。

先日、知り合いたちに声を掛けたら家の中に置いておくには「邪魔だなぁ」と感じるくらいの量になった。
今回は友達を通さず、普通に会社のHPに載っている電話番号に架けてみた。

http://www.pc-kaishu.com/visit.html

受付けの人に電話番号を伝えたら、登録されていて話はすんなり進んだ。
いつ取りにきてくれるかなとドキドキしていたら、なんど2日後!!
で、実際、二日後に取りに来てくれました。
ただし、その日の何時頃になるかは当日にならないと分からないとのこと。

回収していただいたものは、以下のもの。

デスクトップPC 4台
(内2台はフルタワー)
ノートPC 7台
プリンタ(A3横長) 1台
内蔵HDD 51台

HDDを捨てられなくてため込む人は多いようです。
集まったHDDを一つの箱に入れて持ち上げようとしたら持ち上がらない。HDDってこんなに重いんだ、とビックリ。取りに来てくれて有難い。

 

私としては、2日後に取りに来てくれたことの備忘録
たぶん、いつもこんなにタイミングよく回収してくれないとは思うけど。
最近、自社回収を強化したのかも。

次回、電話してから何日で回収に来てくれるか。そのときのための備忘録です。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »