« 「ペットショップにいくまえに」展(2) | トップページ | 9月の「犬とゆく」 »

2013年10月 8日 (火)

「ペットショップにいくまえに」展(3)

昨日、終わってしまった「ペットショップにいくまえに」展。その帰り道のこと。
経堂の商店街で亀を見て、そして世田谷八幡へ。裏から入る。

20131008a多くの絵本作家の絵を見た後、狛犬を見ると、いつも以上に興味深く見えたりする。子供を抱えている(踏んでいる?)姿が良かったりする。

八幡様の掲示板には、飼われていた魚を池に放さないで、というようなお願いが。そして池へ行けば多くのミドリガメがいる。
問題になっているペットは、犬や猫だけではない。魚も亀もだ。世田谷区の南の方では鳥も昔から問題になっている。この辺りでも、緑色で首輪をしたようなインコを見ることがある。

20131008b    20131008c

このような問題は、日本人の「感覚」によるものだろう。読んでいるあなたの感覚では、こんなことをしないと思う。しかし、確実にやる人がいる。そしてそのような人でも、人前では「ペットは家族」と言ったりする。
「仕方ない」と言い、センターに持ち込んだり、家に帰ってこないように遠くで放したり、池に放したりする人もいる。確実にいる。
こんなことで、殺処分数ゼロと言っても無理だろう。このような人たちは、確実にいるのだから。このような現状を考えると、誰かが不特定多数の人に対して啓発活動をしなければならない。そのような機会を作らなければならない。
その意味で、「ペットショップにいくまえに」や「ネコの種類のおはなし」が、フリーでダウンロード出来、配布出来ることは、とてもとても有り難いことだ。

(おわり)

|

« 「ペットショップにいくまえに」展(2) | トップページ | 9月の「犬とゆく」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ペットショップにいくまえに」展(2) | トップページ | 9月の「犬とゆく」 »